news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

春風のように


今日の暖かい日差しの中 颯爽と春風のように自転車に乗ってスイスイと職員の加藤君 皆の視線を尻目に完璧な操縦です 公道だけは少し注意して自転車から降りて走行を指示 立北児童館への通いもきっと楽になるでしょう





散歩の後は さー本日のメインプログラムの「おやつ作り」ホットケーキが待ってます 金田先生指導の下 役割分担も皆仲良く協力して ケーキ作りに挑戦しました 三角巾を頭にマスクもきちんと どこかのお料理教室さながらです 今日も楽しく賑々しい<地活>のひとコマです







2009年1月28日 posted by yumenbo


Sさん親子、明日から


二~三日前の新聞に『不況の波は障害者にも』と言う記事が大きく掲載されていた。

企業側も雇用の責任はあるものの今の現状では、助成金を返還してでも雇用を断たなければならない。というのが実際のところだという。

確かにジョブに入るとどの企業も不況を訴え、表情が暗い。『〇〇君どうでしょうか?』と仕事ぶりを伺うより先に社長さんや担当者さんから『いゃぁほんとになんともなりませんわ!』と大変な現状を訴えてくる。しょんぼり

現状が分かるだけに『今後とも何とかよろしくお願いします!』と辞めさせられないだけでもありがたいと思い返す毎日。


現実に勤務時間や勤務日数を調整せざるをえない現実が障害者のみならず、一緒に働く職員にも降りかかっている。

こんな不況の折、アパレル関係企業の子会社で流通関係の仕事に実習に入っているS親子さんが、明日からパート採用で雇用されることになった。拍手

『期待と不安でいっぱいですが、頑張ります。私の働く背中を息子に見せたい。』とSお父さんは話します。

非常にポジティブな考えの持ち主で車椅子であることを感じさせない行動力で、フットワークが軽い。そして『息子に社会の厳しさを知ってもらいたい』とも言う。!

息子は『この経験をしっかり自分にプラスにして、自信につなげたい。』と話してくれた。!

面接に立ち会った時、社長さんから『私は、雇用した以上、障害者だということで差別はしません。身体的な面での障害は助け合うことが当然だと思っています。それ以外は、健常の方と一緒だという考えです。』と。
さあ!私たちセンター職員も明日に向かって前向きに頑張りましょ!




2009年1月27日 posted by yumenbo


軽作業


プログラムのひとつ ご利用者全員で取り組む軽作業 「バリトリ」作業は初めは慣れない手つきで取り組んだ作業だが 今や自信をもって堂々と納品できるまでになりました 現在3種類の製品の「バリトリ」作業 経験とゴムの硬さスピード感 適正さに応じての班別など 就労に向けての判断基準にも役立っています 不況の影響もあり 仕事の数量も以前よりやや減りましたが 今日も真剣に作業に励みました





最近新たに取り組み始めた「ストラップ」作りも 皆で楽しく作業に励み 当初予想したよりも数も製品の出来栄えもまずまずのものが出来上がっております ご利用者様の取り組む姿に意外な一面も発見でき、うれしい限りです



作業の合間 休憩時にのむ 美味しいコーヒーを入れるSマスターの真剣な顔 腕も益々上がり みなの安らぎとなっています





2009年1月27日 posted by yumenbo


アルミ缶リサイクル☆


第2夢んぼ中高生の部では、アルミ缶の回収をしています見る


昨年から回収を呼びかけ、だんだん溜まってきたアルミ缶楽しいグッド

置き場の事務所も支配され始め、ついにその時がきました星




これはお仕事です!!しっかりできる人にだけお仕事をお願いしますよつばのクローバー


いつもふざけるのが大好きな子ども達もこんなときは真剣な顔男女



まずは軽く洗った缶を足で踏んでペチャンコにつぶしますブーツ


ちゃ~んと見本を見て、丁寧にできました拍手



なかなかうまくできなかった子も何度かやるうちにコツがつかめた様子です花


次は、全部で何個潰せたかを数えますきのこレッド


数を数えることも、これからの生活や就職してから大切になってきます青い旗


「10、20、30、、、、、、100、110、117!!


わあびっくり拍手


11人で117個潰しましたグー




就労に役立つように、またリサイクルにもなるのでこれからも長く続けていこうと思っています楽しい地球


そして、みんなでかんばってできたお金で何をするか・・・これも子どもたちの楽しみになっています星


不要なアルミ缶がありましたら、ご協力よろしくお願いします嬉しい


2009年1月27日 posted by yumenbo


風邪ひきさん。


特別支援学級部門です猫

近頃の土曜日はチョッピリ活気付いてきており、利用してくれる子が10人ほどいます男女

先週は7人。

すごく寂しく感じましたプシュー

この部門が始まった頃は土曜日、6人利用で多いな~と感じていたのに不思議な感じです。

やはり人数が多いとうれしいですね拍手


しかし、この土曜、風邪ひきさん2人。

平日にも風邪ひきさん続出のため、とっても寂しいですポロリ

みなさん風邪には気をつけましょう!

手洗いうがいを夢んぼでも徹底していきたいですグッド


2009年1月27日 posted by yumenbo


雪の日の土曜日


 24日(土)は雪がパラパラ降りとても冷え込んだ1日となりました雪

そんな朝・・・大きく元気な声と笑顔で「おはようございます」と・・・

寒さを吹き飛ばしてくれるみんなの笑顔嬉しい

雪をほんの少しうれしいと思う瞬間でした!



午後からは・・・稲沢市下水道処理科学館へ行ってきましたバス

科学館に寒さは関係ありません!!!!!

みんなそれぞれ下水の不思議に興味津々ひらめき

職員も「ふんふん!!!」ととっても勉強になります。

公共の場でのルールを学ぶ場としてもとてもいい勉強になりましたきのこグリーン





2009年1月27日 posted by yumenbo


午後のひと時…


軽~い脳トレから始まった 午後のひと時
脳トレ担当責任者のSさん 今日はちょっとだけ頭をひねる「漢字」の脳トレ 訥々だがしっかりと話す彼 センターおける自分の場所が確保できる様
脳トレを通して作ってほしい

「脳トレはテストではありません あくまでも脳の訓練であり脳の体操 まちがってもいい わからなければ学べばいい 今日の日付と自分の名前はしっかりと書く事 それだけ心がけてください… いつの日かの就労の為に…」 脳トレ語録

真剣にそして真面目に脳トレに挑む ご利用者





本当にちょっとした安らぎと仲間作りをもとめゲームに興じる午後のひと時

 


2009年1月22日 posted by yumenbo


美味い!うまい


美味い!うまい 今日のクッキング ちょっとだけ荒っぽさの残る「豚汁」ちょっとだけ生の味が残る「お好み焼き」 でも皆で一生懸命作った料理はあっというまに鍋の底の底までさらって完食 きれいにきれいに見事なまでに…

本日の料理担当責任者 M君(トナカイ) 前日から買出しの材料チェックから料理の下準備の指示まで 事細かな采配を振るってくれました 大成功!

会食の前に皆の労をねぎらい挨拶するM君











2009年1月22日 posted by yumenbo


母子通園・・・


 先週、夢んぼ母子通園ではY君・S君の誕生日会を行いました。

津坂先生の素敵な話術と、みんなでホットケーキを焼いて・・・

フルーツとホイップでケーキらしくデコレーションしました。

その日は「ご飯いる人は持ってきてくださいね」と以前お知らせした通り

持ってこなかった子が1名・・・と津坂せんせい!


ホットケーキが焼けるまで・・・「早く食べたいよ~~~」

と、お腹をペコペコにして待ちました。

なんとも言えないこのい時間・・・笑

まつ事もこんなに辛いことなんだ~~~~と!!

これだけ待った後のホットケーキは格別ですよね~~~~


また1つ・・・食べ物の有難さを改めて感じる出来事でした★

ご飯を残さず食べましょう!!!!



2009年1月21日 posted by yumenbo


現代国際巨匠絵画展


本日第二回の現代国際巨匠絵画展運営委員会が開催されました 絵画展は NPO法人夢んぼ設立5周年記念 「障害があっても自立できる施設建設をめざして」のタイトルテーマのもと 運営委員、実行委員約30名で構成されている「チャリティー絵画展」です 会に先立ち 前回の委員会の報告と確認をニュースVol・1にて実行委員が説明 その後 宣伝材料の原稿案・計画、目標設定、夢んぼ企画の概要、役割分担について等などの事項は 協力を仰いだ「ほるぷA&I」さんに説明をいただき委員の皆様に了承を得ました

夢んぼは平成16年に法人組織となってから、今年5周年を迎えます 障害児のデイサービスからスタートし、現在では障害者の就労や子育て支援とさまざまな支援を行っています。これからも「夢んぼ」は常に地域福祉に真剣に取り組んでいきたいと考えています 「チャリティー絵画展」はパネル展示・バザー・利用者の作品展・音楽会等を通して、夢んぼの活動を地域の方々に知って頂き、支援の輪を広げる良い機会だと思います









2009年1月16日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.