news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 >

注文の多い料里…




愛知県立佐織養護学校 創立30周年記念「学習発表会」が昨日 好天気に恵まれた中 催されました

「さおりキャッツ~いたずら猫の物語~」中学1年           

いつも気ままで自由な猫たち。色々なルールを守らなかったため 怪獣に捕まってしまいます。さて、いたずら猫たちの運命は?歌と演技で表現してくれました…
Rナ、Nミ、Mナ、Yケ、Yヤ、Kヘイ、Aキ …  …    皆一生懸命演技してくれました

「トーマスとおいものおはなし」 小学1年               
音楽も演技も大きな声で こんなに逞しく…



「注文の多い料里店」高校2年                     
平和な森を遊び半分で荒らすハンターたち 見かねた木や鳥たちは彼らを懲らしめようと一計を案じます…

Mミ、Sタ、Dキ、Yキ
音楽と演技交互に精一杯 舞台ところ狭しと見せ場作りに励みました







2009年2月1日 posted by yumenbo


ちびっ子鬼さん!がんばれッ


立田北部子育て支援センターの「エンジェルひろば」では、節分に向けて豆まきをしました!!

かわいい鬼のお面にみんなで色を塗り塗り楽しい


そして、お面を身につけたら「かわいい鬼の出来上がりラブ


ちびっ子鬼ちゃんがたくさん登場したら・・・大きな鬼を「みんなでやっつけるぞぉ工具」(画用紙とダンボールで作った手作り鬼さんです。子ども達は、戦闘モードに切り替わりッ!ダンボールの鬼に向かって新聞豆を一生懸命に投げつけていました。)



しかし・・・・・・

本物の大きな鬼が出現すると、子ども達は一気に怯んで立ちすくんでしまい・・・冷や汗しょんぼり

中には・・・
おお泣きしてしまう子も悲しい

だけど大丈夫!!中にはたくましいお友達もたくさんいて、新聞豆を必死に投げて鬼をやっつけてくれる子も!!!



これで、今年も子ども達は元気に過ごせそうですね嬉しい



2009年1月30日 posted by yumenbo


アンマになっ…


アンマになったりトナカイになったり鬼になったり あっちこっちからお呼びのかかる Mさん 今日も立北児童館の依頼で節分の鬼役で行ってきました
「鬼だぞう~ 鬼だーーー 」
「鬼だぞう なまはげでないぞうーー こわいぞう」

「キャー きゃー ママー」 
 あっちこっちで引きつった顔 顔 顔

 お面をとったらもっとこわい顔なんですよ…   本当は…

細川館長さんの用意周到な行事への準備により われわれ鬼役本当にやりやすかったです

<地活>に戻った Mさん刺激を受けたのか センターでもやりましょうと言う 提案あり 早速準備委員を招集 2月3日に実行することになりました

皆でいろいろ計画立案して事にあたることは企画や内容がなんであれ 大変重要なことである





alt=”” class=”pict” />

立北に刺激され 自分たちでつくった鬼の面をかぶり 自慢げのM,Gの両君



2009年1月30日 posted by yumenbo


この時期、子供にも実りを感じます。。。


 3回目の「お店や体験」活動でした。 学童部はまだ、風邪はそれ程流行ってはいませんが、、、ここのところ、何かしら淋しさを感じる人数です・・・

 駄菓子屋での買い物では、「好きなおやつを自分で買う」事より、店内探険、お菓子の種類が豊富すぎてなかなか買うまでに辿りつけない、等で、、「買い物」の目的達成が  ?  であった。

 「お店や体験」は回数を重ねる毎に、そして物理的事由からも、個別にゆったりと対応でき、  男  女  の反応も窺がえて効果は得られていると実感してます。

 「どれにしようかな~  ときめき  」 と嬉しい迷いの表情、、、 まだ、色別のお金だけど、「好きなお菓子」と「お金」の交換
をする時の照れくさそうな表情の子も、、、ラッキー


 少しずつステップアップしてこうね ~ ~  (*^_^*)


   



2009年1月29日 posted by yumenbo


3月上旬の…


3月上旬の暖かさに包まれた本日 <地活>のプログラム A班は天王川にて久しぶりのウオーキング 解き放された野獣のように4名のご利用者 手をあげ足をあげ声をあげ 暖かい日差しの中思う存分手足を伸ばし 開放感と充足感を味わいました 全員センターまで雨だろうが風だろうがどんなときでも自転車通所ですが 皆と話しながら歩くことに意味と意義があるのか 本当に楽しそうに明るく笑って プログラムに取り組みました





一方B班は軽作業 午前中から引き続きの作業にもかかわらず こちらも真剣に一生懸命「バリトリ」「ストラップ作り」に取り組みました

職人顔でストラップ作りに挑む男二人 本当にいい顔になつて自信もついてきたように思えます 目標をもって事にあたることがいかに大事で大切かを
身をもって教えてくれています





2009年1月29日 posted by yumenbo


T君の企業見学


最近退職をしたT君。本日ハローワークへ失業給付金の手続きをしてきました。

相変わらず溢れんばかりの求職者が失業給付金を受けるための手続きや求人票検索のため、パソコンの前に真剣な顔つきで仕事探しをしている姿が見られました。


T君の退職理由を確認され、自己都合とは言えない企業の対応の現状を理解していただき、考慮していただきました。

その後、センターから就労した方々の企業を見学。皆さんの真剣な仕事ぶりを彼に見てもらいました。

トイレ清掃、スーパーのバックヤード作業、流通関係、どこも楽な仕事はありません。しかし、真剣に取り組んでいました。

就労している方々の仕事ぶりを見、話すことで、彼なりに少しでも社会のきびしさ、仕事に携わることへの責任感や意識が高まったでしょうか。


仕事先で彼が孤立してしまっていたこと。自分の仕事ぶりを皆が評価していなかったこと。相談する仲間や上司がいなかったこと。車の中で彼がトツトツと話してくれました。

障害者の就労支援の難しさを実感する毎日。企業の受け入れ体勢や障害者理解、センターの機能の充実など課題はたくさんあります。




2009年1月29日 posted by yumenbo


春風のように


今日の暖かい日差しの中 颯爽と春風のように自転車に乗ってスイスイと職員の加藤君 皆の視線を尻目に完璧な操縦です 公道だけは少し注意して自転車から降りて走行を指示 立北児童館への通いもきっと楽になるでしょう





散歩の後は さー本日のメインプログラムの「おやつ作り」ホットケーキが待ってます 金田先生指導の下 役割分担も皆仲良く協力して ケーキ作りに挑戦しました 三角巾を頭にマスクもきちんと どこかのお料理教室さながらです 今日も楽しく賑々しい<地活>のひとコマです







2009年1月28日 posted by yumenbo


Sさん親子、明日から


二~三日前の新聞に『不況の波は障害者にも』と言う記事が大きく掲載されていた。

企業側も雇用の責任はあるものの今の現状では、助成金を返還してでも雇用を断たなければならない。というのが実際のところだという。

確かにジョブに入るとどの企業も不況を訴え、表情が暗い。『〇〇君どうでしょうか?』と仕事ぶりを伺うより先に社長さんや担当者さんから『いゃぁほんとになんともなりませんわ!』と大変な現状を訴えてくる。しょんぼり

現状が分かるだけに『今後とも何とかよろしくお願いします!』と辞めさせられないだけでもありがたいと思い返す毎日。


現実に勤務時間や勤務日数を調整せざるをえない現実が障害者のみならず、一緒に働く職員にも降りかかっている。

こんな不況の折、アパレル関係企業の子会社で流通関係の仕事に実習に入っているS親子さんが、明日からパート採用で雇用されることになった。拍手

『期待と不安でいっぱいですが、頑張ります。私の働く背中を息子に見せたい。』とSお父さんは話します。

非常にポジティブな考えの持ち主で車椅子であることを感じさせない行動力で、フットワークが軽い。そして『息子に社会の厳しさを知ってもらいたい』とも言う。!

息子は『この経験をしっかり自分にプラスにして、自信につなげたい。』と話してくれた。!

面接に立ち会った時、社長さんから『私は、雇用した以上、障害者だということで差別はしません。身体的な面での障害は助け合うことが当然だと思っています。それ以外は、健常の方と一緒だという考えです。』と。
さあ!私たちセンター職員も明日に向かって前向きに頑張りましょ!




2009年1月27日 posted by yumenbo


軽作業


プログラムのひとつ ご利用者全員で取り組む軽作業 「バリトリ」作業は初めは慣れない手つきで取り組んだ作業だが 今や自信をもって堂々と納品できるまでになりました 現在3種類の製品の「バリトリ」作業 経験とゴムの硬さスピード感 適正さに応じての班別など 就労に向けての判断基準にも役立っています 不況の影響もあり 仕事の数量も以前よりやや減りましたが 今日も真剣に作業に励みました





最近新たに取り組み始めた「ストラップ」作りも 皆で楽しく作業に励み 当初予想したよりも数も製品の出来栄えもまずまずのものが出来上がっております ご利用者様の取り組む姿に意外な一面も発見でき、うれしい限りです



作業の合間 休憩時にのむ 美味しいコーヒーを入れるSマスターの真剣な顔 腕も益々上がり みなの安らぎとなっています





2009年1月27日 posted by yumenbo


アルミ缶リサイクル☆


第2夢んぼ中高生の部では、アルミ缶の回収をしています見る


昨年から回収を呼びかけ、だんだん溜まってきたアルミ缶楽しいグッド

置き場の事務所も支配され始め、ついにその時がきました星




これはお仕事です!!しっかりできる人にだけお仕事をお願いしますよつばのクローバー


いつもふざけるのが大好きな子ども達もこんなときは真剣な顔男女



まずは軽く洗った缶を足で踏んでペチャンコにつぶしますブーツ


ちゃ~んと見本を見て、丁寧にできました拍手



なかなかうまくできなかった子も何度かやるうちにコツがつかめた様子です花


次は、全部で何個潰せたかを数えますきのこレッド


数を数えることも、これからの生活や就職してから大切になってきます青い旗


「10、20、30、、、、、、100、110、117!!


わあびっくり拍手


11人で117個潰しましたグー




就労に役立つように、またリサイクルにもなるのでこれからも長く続けていこうと思っています楽しい地球


そして、みんなでかんばってできたお金で何をするか・・・これも子どもたちの楽しみになっています星


不要なアルミ缶がありましたら、ご協力よろしくお願いします嬉しい


2009年1月27日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.