news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

ピーターラビットになっちゃった!!!!!??


12月12日(土)に立田北部子育て支援センターの 児童クラブの親子が 『ピーターラビット体験』に 
11組(33人)参加してくれました。
 土曜日で、皆さんもお休みでのんびりしたい所だと思うのですが、こんなに沢山の方が参加してくれて本当に嬉しく思います。楽しい

にんじん畑は「地域活動支援センター」の井上先生・石井先生からの嬉しいお誘いから始まりましたラッキー そして、『ピーターラビット体験』の名づけは井上先生です。(とても、お茶目な先生なんですよ鳥

さて当日は、立田北部子育て支援センターに集合して、各自家用車でゆっくりと連なって「にんじん畑」まで連なっていきました(市のバスを借りることが出来ず・・・残念冷や汗

現地に到着すると畑には、真っ赤なジャンバーを着た美女が・・・どこの美女かと近づいてみると・・・遠くからでも、近くでも美女に見える『石井先生ラブ』 お手伝いに駆けつけてくださいました。
始める前に、石井先生から親子に注意事項・にんじんを抜く為のワンポイントアドバイスもして頂き、親子は「にんじん堀り」に期待を膨らませていました。


そして、にんじん掘りをスタートすると・・・『にんじんでぇかッ!!』の声が四方八方から聞き耳を立てる


親子は、喜んで次々に抜いて楽しんでいましたおてんきラッキー

クローバーTVのかたも取材に来てくれていて、親子の生き生きとした笑顔をしっかりと捉えてくれていました。

そして、予想外にも沢山のにんじんに親子は大喜び拍手

ビニール袋に沢山の『にんじん』を詰め込んでいました、その姿はまるでウサギの親子のようでした。

いよいよ「ピーターラビット賞」を決めるときがやってまいりました。
自分達の採った中で、一番大きなにんじんを手にして、隣の友だちと大きさを比べっこ見る


ピーターラビット賞に輝いたのは、この子だぁ~拍手downdown


今回はじめての土曜日企画で、天気にも恵まれ沢山の方が参加してくれ、大成功に終わった「ピーターラビット体験」でした。
こうして、無事に終えることが出来たのも沢山の方のご協力、支援があったからこそです。
本当にありがとうございました。


2009年12月14日 posted by yumenbo


発展


カフェでの新しい取り組みホットコーヒー

今までは、職員がお湯をポットで沸かし、コップを並べ、コーヒー等の補充、全て準備万端で子どもたちにバトンタッチパー
子どもたちは、挨拶し、注文を取り、作り、出す。
継続してきたことで、挨拶からの流れは完璧、職員が見守るのみで一人でこなしてしまう子もいます拍手
それだけでも、かなりすごいことだと思う。
しかし、職員は欲張りなもので更なる子ども達の成長を信じているてれちゃう
そのため、新しく、お湯を沸かすところからの流れを子どもたちに全部やってもらうことにしました!

初Yの挑戦

「さぁ準備して!」まずは、考えさせる。
「わからーん」といいながら…「あっお湯!」 (よしよし)
Yポット押すが…「ないー!お湯は!?どこだ!?壊れてる!」( 違う違う)
水を入れて沸かすことを説明すると
「どっからいれんの!?」あれこれ触ってみるがポットのフタがあかない
「こっから開けてこうやって線までいれるんやよ~」と説明した瞬間
Yの目がキラキラ星「すごーいびっくり」「よし!」やる気アップで、テキッパキと準備を進めることが出来たグッド(こんなにテキパキできるなら他でもやって~笑)
最近は、緊張感がなく、慣れすぎて、ドライバーさんへのあいさつはダラダラしてしまっていたしょんぼり
しかし、今日は違う。ドライバーさんが来るとドアの前にピッと立ち、「いらっしゃいませ~全部準備したよ~どうぞ~イヒヒ」などと挨拶もバッチリ立派な笑顔の素敵なカフェの店員さんです。
悩みながら頑張って準備したから早くドライバーさんに見せたかったんやよねラッキー

発展させる、変えることで、今までの積み上げてきた技術が失われるのではないか。失敗して自信がなくなってしまうのではないか。危険なことにはならないかと不安でした。
しかし、このYのやる気、目の輝きを見てやって良かったと思いました。
やらされているのでなく、自分でできるようになりたいと強い思いが感じられました。
失敗や悩むこともよい経験。その経験が大きな壁を自ら越えていける力に変わると信じます。

きっかけを与え、継続、そして子どもの成長とともに発展させていく。
子どもたちに指導することだけでなく、子どもたちに考えさせることも必要。その子に合った、その場に合った指導方法・声かけを心がけていきたい。
子ども達の無限の可能性を信じ、子どもたち自ら考え、歩んでいけるようサポートしていきます。


2009年12月13日 posted by yumenbo


わかば交流会


12月3日、第1・2わかば園第3回交流会を行いました。

当日、14組の親子参加があり、佐屋中央公民館大研修室の中は、子ども達の元気な声でいっぱいになりました。
ママ達は胸に名札を付け、初顔合わせで...ちょっぴりドキドキだったかな?てれちゃう
いよいよ開始。体操・トロッコ遊び・ボール遊び・かけっこと順に進みます。次に親ゲーム「おんぶリレー」です。大きなくまのぬいぐるみをおんぶしてひたすら走りバトンタッチ。走っている母の顔はみんなピカピカ笑顔。その母に手をたたいて応援している子ども達もピカピカ笑顔でした。おてんき



そして昼食食事。チームごとに輪になりお弁当を食べました。ママ達の自由トーク時間だったようです。



さて、午後はビデオ「あーんあーん」観賞。
あっという間に時間がたち、今日一日のすべてが終わりました。
お土産を片手に帰る親子を見送りながら『ありがとう。あったかなドラマをいくつも見せていただいて』という思いになり、職員一同感謝でいっぱいでした。ニコニコ
本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。おはな


2009年12月9日 posted by yumenbo


新年早々のお楽しみ♪


立田北部子育て支援センター の児童クラブ では、年賀状作りを子ども達と行っています。鏡もちお年玉凧かどまつ

来年の『寅年』のイラストを子ども達と考えて、貼り絵、ステンシル、版画の3つの技法をそれぞれ選んで作っていきました。


貼り絵では、和紙を使って作っていきました。和紙の柔らかさが、強そうな寅を優しい雰囲気に変えてくれていました。


ステンシルでは、自分で考えた『寅』の絵を厚紙に描いて、カッターナイフを使い、形に添って切り抜いていくのですが1年生はカッターナイフを初めて使うので、慣れない手つきで頑張っていました。その姿を、目の前で見ていた2年生が、優しくアドバイスをしてくれていました。


版画では、厚紙を各自でデザインした『寅』の形に作っていき大型スタンプ台でインクをつけ版画していきました。

子ども達のデザインは、どれもステキでオリジナリティーに溢れていて完成度はとても高いです拍手 そして、作るのも楽しんでくれて2枚目を作ってくれる子が続出中です見る




子ども達の積極性を受け入れ、楽しく思えることをドンドンやってもらっていますおてんき

さて、この年賀状なんですが自分の作ったものが自分の所に来る訳ではないのです・・・ニョロ

今回は、交換お手紙のように『誰の所に、誰の作った年賀状が行くかは分からないイヒヒ』のです。子ども達もそれを承知の上で作っています。
『誰の年賀状が届くのか楽しみぃ~抱擁』と新年の年賀状が届くのを今から楽しみにしている子ども達です。


2009年12月8日 posted by yumenbo


ジングルベル♪


早いもので、今年も残り1ヶ月をきりましたね汗

街は今年も賑やかなイルミネーションでキラキラ星
最近、ますます豪華な飾りの家が増えましたね結晶
子どもたちは帰りの送迎の時にそれを見て、「わぁ~きれいラブ」とニコニコうれしそうです楽しい

12月といえばクリスマスツリー
子どもたちとクリスマス会の準備を始めています嬉しい
学童と中高生でそれぞれ歌を発表します♪
土曜日の午後に、学童で歌の練習のため、日比先生がピアノを弾き始めると・・・
子どもたちは、うれしそうにピアノの周りに集合です赤りんご
楽しそうに手をたたきながらジャンプの子どもを発見拍手
ジングルベルの音楽に、一気にクリスマスムードの第2夢んぼになりましたツリー

ジングルベルが好きで普段から1人でジングルベルを歌っているM君よつばのクローバー
しかも「ジンゴーベル」と外人風の言い方をしてくれるので、職員もそれが大好きで、よく歌ってもらっていますプシュー
なぜか土曜日は気が乗らないのか、なかなか出ない「ジンゴーベル」・・・


そんな中、日比先生は諦めません(笑)
M君になんとか「ジンゴーベル」と言ってもらいたくて、M君が言うまで「ジンゴーベル」と言い続ける日比先生(笑)


その2人のやり取りがすごくかわいくて、おもしろくて、一生懸命な日比先生を見て、第2の色に馴染んで来たなぁ、日比先生の色も出てきたなぁ~とうれしく感じました赤い旗


さてさて、明日は時計作り壁掛時計
時計が読めない子が多いため、なんとか読めるようになってもらいたいと思い、療育用の時計を作っています。
時計を見て準備や活動ができるように、将来仕事をする際のことを考えて、子どもたちの自立につながるようにしていきたいと思います。
改良版を、写真でお伝えしますので、楽しみにしていてくださいね壁掛時計


2009年12月6日 posted by yumenbo


児童館まつりパート2


ここでは児童館まつりの午後の様子をお伝えしていきたいと思います。

午後の始まりはスコップさんによるミニコンサート拍手

赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで本当にたくさんの方々が足をはこんでくださいましたニコニコ  ありがとうございましたハート

コンサートではお客さんも参加型の出し物や手作りのパネル桜ブラック

シアター、

そしてなんといっても全てがギター演奏星

アニメソングや童謡など盛りだくさんでみんなが「知ってるーチョキ

とリズムにのって手拍子したり踊ったりと大盛り上がりの会となりました
よつばのクローバー


もうお遊戯室の中はみんなの熱気でいっぱいおはな  

会場のみんなが一致団結して音楽に触れて楽しむことが出来ましたニコニコ




そのあとはお楽しみのビンゴ大会!!!!

お客さんの中から盛り上げ隊を任命しタンバリンを渡しましたイヒヒ

一人ビンゴする度に「シャンシャンシャン星」「パフパフパフ星

と大盛り上がりラッキー

次々とビンゴになる度みんなは「まだ賞品あるかなあ。。。」とキョロキョ

汗

盛り上げ隊もヒートアップして立ち上がって盛り上げますひらめき


残念ながらビンゴ出来なかった子もお菓子をたくさんもらって大満足の様子

でしたモグモグ

初めての児童館まつりということでドキドキな一日でしたが皆さんのおかげ

で無事に終えることが出来、楽しい一日となることが出来ましたラブラブ

ありがとうございますニコニコ



2009年12月5日 posted by yumenbo


児童館まつりパート1


 
  10月にこども会議を開きました。4年生を中心に司会、書記、グループ

 に別れ話し合いをしました。意見は、それはたくさん出て、一日では

 やれないくらい・・・

 それを参考にしながら、準備を進めてきた、念願の児童館まつり。拍手嬉しい

 どうにか、こうにか、無事に終えることが出来ました。冷や汗



 今日は、午前中のゲームについて、お話ししたいと思います。


  10時から外で、開会式(挨拶と、内容説明、ルール守ってとにかく

  楽しむ!!以上!!)

  館外には、①ヨーヨーつり(細川先生&ボランティアの1年生男&

  工作おじさん)館内=②缶積み(高林先生&ボランティアの4年生女&

  中学3年生男)③何がでるかな?(杉野先生)④輪投げ(川口先生&

  ボランティアの中学3年生)⑤さいころ(柴田)がありまして

  景品ゲットするため、(残念賞あり)みんな真剣。  関心したのが、順番待ちの列のすばらしいこと。ニコニコ  皆さんのご協力のおかげで、大変盛り上がり、楽しい会と

  なりました。ポッ

  ボランティアの方、職員のみんな、来てくださった方々に

  感謝します。そして、お礼を言いたいです。桜

  9時頃から集まってくれたみんなを時間つなぎにと、中学3年生の

  お兄さんがドッジボールをしてくれ、忙しく段取りをしている

  私たちに代わり見守りながら、一緒に遊んでくれ、

  本当に助かりました。パー

  残念なことは、遊んでいる様子の写真が1枚もないこと・・・たらーっ

  来年は、反省点を活かしてまた、頑張らねば・・・と思っています。グッド



  只今の気分は、燃え尽き症候群とは、こんな感じかなぁ?と

  一瞬ポカンとしてしまいました。びっくり



  次回は、午後のお話・・・児童館まつりパート2をお送り致します。

  担当は、杉野が書きます。お楽しみに・・・イヒヒ

 何が出るかな?




 休憩室




 輪投げ





 缶積み&さいころ






  残念・・・ヨーヨーつりの写真がなかったです。冷や汗


2009年12月2日 posted by yumenbo


子ども達の集中力


第2夢んぼの中高生では、始まりの会の後に毎日必ず、指先の訓練を目的に5分間時計のビーズ通しを行なっています。

ビーズ通しとは、ひもに穴の空いたビーズを通す作業の事です。
当然細かい作業が得意な子、そうでない子がいるので、その子どもにあった、ひもとビーズを用意して行なっています。




先日金曜日、そのビーズ通しを1分間集中してどれだけ多くのビーズを通す事が出来るのか、2回挑戦しました時計


まず1回目時計


準備は良いですか?

良いで~す嬉しい


よーい、始め時計・・・・・・止め!!

はやいよ~怒り

全然通せてない冷や汗


結果、細かい作業が得意な子で約8個、苦手な子で約3個
それでも子ども達は良く集中していたと思います。


続いて


2回目時計


準備は良いですか?

良いです女男

次はもっと通すぞ、と言う子ども達の気持ちが伝わってきます。


よーい、始め時計・・・・・・止め!!

よし楽しい

ふぅ~女


子ども達の顔からは、1回目より手応えありと言う様子が見てわかりました。
実際数えてみると、1回目8個だった子が10個通せてたり、3個だった子が5個通せてたり拍手なかには、5分間で4個の子が1分間で4個通す事が出来ていました。

いつもやっている訓練を少し変えるだけで、こんなに集中力が変わるとは思ってもいませんでした。この子ども達の「集中するぞ」「頑張るぞ」と言う雰囲気が凄く良いと思いました。
これからも色々な活動で、今日の子ども達の目を見る事ができるように職員みんなで中身のある良い活動を作っていきたいです。



2009年11月29日 posted by yumenbo


お兄さんと遊んだよ


div class=”jgm_entry_desc_mark”> 25日(水)と27日(金)の二日間、天王中学校から2年生の三人が職場体験に来てくれました。

 親子ひろばでは、小さい子供たちと触れ合ったり、赤ちゃんをおっかなビックリ抱っこしたりたらーっ 
 一方、子供たちは子供たちでいつもとは違う雰囲気に遊戯室の入り口辺りで動けずにいる子、中学生の三人が近寄って声を掛けるとママの後ろに隠れたり泣いたり、ちょとしたパニック状態。
 それでも、時間が経つにつれて、子供たちの方から近寄って遊んでもらおうとする?姿も見られました。正に、悲喜こもごものひととき。


すっかり仲良くなり、帰る頃には、なごりおしそうに何度も何度も小さい手で「バイバイ」を繰り返して帰る子供たちの姿に中学生も感動を覚えたようでしでした。


 又、児童クラブでも、こちらはわずか1時間程の触れ合いの2日間でしたが、子供達はすっかり仲良くなり、キックベースや鬼ごっこをしたり、思いがけず小学校の餅つきに飛び入り参加させて頂いたりと、とても充実した時間を過ごして貰えたと思います。
 こんな触れ合いがまた出来たらいいですね。


2009年11月28日 posted by yumenbo


素敵な贈り物☆★


11月7日先生を招いてクラフトパンチを利用した工作を行いましたひらめき

クラフトパンチでりんごの形に切り取ったもの赤りんごを使うだけでこーんなにきれいなバラが出来上がるんですよ!


ピンセットを使った細かい作業でみんなの表情は真剣そのものニコニコ

集中して作っていましたよ星


作り始めると子ども達より大人の方がはまってしまうかもイヒヒ


それを全部プレートに飾るとこんなに素敵な作品が出来上がりましたよハート



みんな「お母さんにあげようプレゼント」と言って大喜びでしたラッキー


そして今回はおまけにもうひとつ!!!!!

四つ葉のクローバーの封筒ですよつばのクローバー

ハサミでかたどって組み立てたら出来上がりですポッ

この封筒でもらったらなんだか幸せなことが起こりそうですねラブラブラブ



2009年11月21日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.