news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

協調性


 

第二夢んぼは、小学1年~6年の学童、中学1年~高校3年の中高生が通っています。

年齢も性格も違う子どもたちが集団で活動しています。

年齢、性格が違えば思うことも違うし、やりたいことも違って当たり前です。

しかし、活動は1つ。年齢にあった活動の仕方を考えるのはもちろんですが、その中で子どもたちが互いに譲り合い、認め合うことで一日の活動は成り立ちます。

集団生活に必要なことはこの互いに譲り合い、認め合うこの協調性だと思います。

 

Hは、周りが座っていようがお構いなしにフラフラ立つ遊ぶときは一人でおもちゃやパズルか職員にべったりです。

 

ある日、Tがボール遊びを始めました職員が間に入り、Hを入れキャッチボールをしたところ、THに投げHが取る。次はHTへ。それが何度か続き、そこへKが入りTが加わりと遊びの輪が広がったのです。初めてHがみんなの輪の中に入り遊べたのです

Tもあまり関わったことのなかったHKに対し楽しそうに「H君いくよ」「K」などと呼ぶ姿の見られ、嬉しかったです

職員全員が次の活動時間が来ているにもかかわらず、この遊びの輪を大切にしようと時間を押してまで遊びを優先しました。

 

集団生活で必要な協調性は、自分と周りの子どもとの関係作りから始まると思います。周りの子どもたちを意識して初めて協調性を養うことが出来ると思います。

 

この日のTHは相手を意識しあうよい機会になったと思います。

相手を意識して、譲り合い、認め合う事で、お互いに成長していけると思います。

 

私たち職員は、子どもたち一人ひとり個別で細かな部分まで見ていくと同時に、集団での人間関係づくりも大切にしていきたいです。

 

今回は遊びの中での取り組みでしたが、活動の中にも創意工夫で、個別の支援と集団の支援を使い分けながら二種類の支援をバランスよく取り組んでいきたいです

 

 



2010年2月16日 posted by yumenbo


も~すぐ寝ると、バレンタイン~♪


 金曜日の立田北部子育て支援センターでは、午前中 親子教室の「ひよこひろば」が開催されています。

そこでは、来る2月14日のバレンタインデーに向けて親子でラヴリーなチョコレート入れを作りました。
大きな封筒の正面にママの愛情の
こもったを作ってもらいました。ハートの折り方の説明書を配布し、『今日は、作り方の説明はありませんっママ達の愛情で折って下さい』と中沢先生の一言にママさん達は大爆笑
和やかな雰囲気の中、ママさん達は・・・こと通り真剣ッ



「旦那様へ愛情を込めて作ってくださいね」との投げかけにママさん達の反応は・・・・「もう忘れたなぁ」との声が


そんなことを言わず・・・気を取り直して

完成は、こ~んなにかわいい袋が出来ました。さてさて、14日はどんなチョコレートがパパに渡されるのでしょうたのしみです





2010年2月13日 posted by yumenbo


児童館での楽しみは


   児童館でのイベント1つ目、1月30日(土)にクラフト工作=人形作りをしました。

 折り紙のくす球折りを知っていますか?今回はそれを大、中、小の大きさ28枚折って完成させるというものです。

 すると、こんな可愛い人形が出来ましたよ

 第一号の完成者は、な、な、なんと3年の男の子!話を聞けば、休み時間に男の友達とボール遊びをするという日が大半だけれど、実は折り紙好きだそうで、彼の違う面が見れました。

 どんなイベントもそうですが、好きな子は、力を発揮して、その後、私達のお手伝いしてもらいます。そうでない子は苦手なところを、少しでも、好きになるきっかけとなれればうれしいなという気持ちで働きかけています。         


   

     2つ目は、2月6日(土)にクッキング=ホットケーキ作りをしました。          

 高学年のお姉さん達が、学校の家庭科や、自宅での経験をいかして、1~2年生の子達をうまく
リードしてくれました。       

 初めて、食べたという子は、いなかったけれど、「初めてフライ返しをしたよ~」と体験したことを喜んでいました。        
 
 一人3枚づつぐらい食べたみんなに、最後は、外の洗い場で、食器洗いをして、おしまいとしたかったんですが、大雪が、午前中降り続いていたため、できませんでした。

       もう一つは児童クラブの様子・・・を

      該当者最後の誕生日会を1月27日(水)にしました。

    やっと、祝ってもらえる♪の喜びと照れからか、ひな壇席で、ふざけモード突入に。

 職員から、言葉・・・を、注意・・・が、・・・・・・・・私の気持ち(ごめんなさいね)=こら!!と残念なことに怒られた3人組み、

                                 誕生日会を一瞬シーンとさせてしまいました。

  けれど、その後は♪~魚釣りをペアで競争をして、遊びました。

 北河田釣堀大成功でした。

              サメに、イセエビに、ひよこなど・・・・・(ニコ)

 

 

 
 


2010年2月10日 posted by yumenbo


2月がやってきました★


最近は雪がちらつくような寒い日が続いていますね。
第2夢んぼのメンバーはそんな寒さにも負けず元気いっぱいです。



みなさんは巻き寿司を作ったことはありますか?
手間もかかるし、スーパーに並んでいるからつい・・・という方も多いのではと思います。
何を隠そう私も夢んぼに来るまでは作ったことがなかったんです。

季節の行事を大切にしよう、楽しもうということでいろいろなことにチャレンジしてきました。
それで2月は「恵方巻き」を作ることに!

そして子どもたちが作ったものをお家の方にも見てもらえたら、食べてもらえたらと思い、お土産として持って帰ることにしました。

お家の方からは「おいしかった」「子どもががんばって作ったんだね」「なかなか巻き寿司を一緒に作れなかった」と反応をいただきました。

お家でこの恵方巻きが話題になったんだなと思うと私たち職員はとってもうれしいです。
あの子は誇らしい顔で見せたのかな。作り方を説明しようとしたかな。食卓に並んだかな。と想像すると、部屋や靴下がお米まるけになったことも許せてしまいます。

次は何をしようかな。
楽しみにしていてくださいネ。
お家の方に見てもらい、よろこんでもらえるような内容、行程、質をいつも以上に考えていきます。



2010年2月7日 posted by yumenbo


豆まきしました!


 こんにちは。第2わかば園です。
昨日は節分の日、わかば園でも豆まきをしました。

赤鬼青鬼が登場し、1人の先生を棒でいじめに来るのです。
そうしたら子ども達も次々棒でいじめられてみんな大慌て!!

そこで豆で鬼たいじ!! 

でもね...でもね...み~んなやさしいから鬼に豆をぶつけられなくて
床に落としている感じ。
ママ達は必死に鬼をめがけるんだけど子ども達は床に座り込んで
豆ひろいをはじめちゃいました。

最後はお福さんにプレゼントをもらい、とっても楽しい豆まきになりました。

かわいい子ども達のところに

春よこ~い しあわせこ~い




2010年2月4日 posted by yumenbo


節分の日



 立田北部子育て支援センターの親子教室と児童クラブで、
オニを作りました。


児童クラブでは、『自分の中の悪い鬼を追い出す』というテーマで、
それぞれ、好きな形に色画用紙を切り自分だけの鬼を作りました。
オ二の体には、子ども達自身が直したい事を書いてあります。
ひよこひろば(1歳児)
    かわいい鬼のお面を作って頭にスッポリ被って、『いざッ鬼退治!!』

しかし、子ども達は大泣き
豆を投げるどころか、逃げ回っていました。

はぐくみひろば(2歳児)










今週から4月の、保育園・幼稚園へ入園に向けてハサミを使う練習を取り入れていきます。
お母さんに、オ二のお面につけるパーツを色画用紙に鉛筆で形を書いてもらい、それを子ども達がハサミで切っていきました。
ジャ~ン!!完成がこちら
実際にも、かなり強くオ二の登場にも動じませんでした
女の子の方が度胸が据わっているのを改めて実感しました
普段は、かなり強気な発言、行動派の男の子が・・・

オ二の登場では、大騒ぎでした






たまごひろば(0歳児)
たまごひろばでは、節分と言っても、鬼を登場させるにはまだ早く・・・

なので、新聞遊びで節分のイメージをして遊びました。
子ども達は大喜びで、普段の近くはしゃいで、『キャッキャッ』
と声を上げて笑っていました。
そして、お母さん達もただ座っているだけじゃなく、立ち上がって子ども達とのかかわりを楽しんでいる姿がとても輝いていました。

たまごちゃん達もかわいいお面をつけて、ダンボール鬼を退治しました。新聞爆弾を投げて遊んでいると、いつの間にかダンボールをトンネルにしてトンネルくぐりで遊びが発展していました。
子ども達の、泣き顔、笑顔など色んな表情が見れた節分となりました。


2010年2月4日 posted by yumenbo


あいさつの大切さ




 第2夢んぼの中島康裕です。
今年もよろしくお願いします。


先日、久しぶりに一人で送迎に行く機会がありました

3ヶ月ぶりに行くN君家道にも迷わず無事到着できました。


僕がお母さんとお話をしていると、

N君「先生、送迎ありがとうございました」
そこには、ピシっと立って、深々とお辞儀するN君がいました。


その時、僕は凄く気持ちがよかったです


次の日そのコースのドライバーさんに、そのあいさつの話をしてみると、

「そうだね。最近N君に限らず、みんな以前よりあいさつ出来ているよ。」と笑顔でおっしゃって頂きました。


自分たちが言い続けてきた事に、僕たちが見えない場所でも、子ども達は答えてくれていました。


あいさつの大切さを子ども達に改めて教えてもらった1日でした。








2010年1月31日 posted by yumenbo


1月の活動報告(後半戦)


  1月20日(水)に老人会の皆さん(20名参加してくれました)対象のボランティア講習会を兼ねて、講師の江口先生から、遊びの講座&実践をして頂きました。

 児童館に足を運んだことが始めてです。という方が大半で、館内をぐるりと見て頂きました。

 児童館とは、から始まり児童館の場を通して皆さんと未来ある
子ども達を一緒に育てていきましょう。と熱く語ってしまいましたが、

江口先生の話が、とても上手で、老人のみなさんの緊張が解けていくのが分かりました。

   さぁー新しい遊び紹介!の時間になると、また緊張モードに…

          でも不思議と顔が、少年、少女になるんですね。
  青チームと赤チームに分かれたら、勝ちたいし、黄色い声援も
  沸いて純粋に楽しんで頂きました。

   帰り際に、こんな事を話たいと言ってくださる方や、後日、来年
   のイベントの打ち合わせを以前よりもっと親しみやすく話して
   下さったり活動してよかったと思いました。そして、前向きに、      頑張るぞ~と意欲が増したそんなイベントになりました。  

            ニチレクボールを使いペタングという遊びです。
            おはじき遊びに少し似ています。



2010年1月30日 posted by yumenbo


今日は音楽療法です


は~い!!第2わかば園で~す!!
今日は子ども達の大好きな音楽療法日です。
毎月第3木曜日にやっています。
子どもって本当に音楽好きですね。
今日も朝からワクワクモード・・・
お部屋をグルグルわいわいしていたけど、
なんと音楽療法士さんが
部屋に入ってくるのがわかるのかなぁ?
み~んなきちんと座って待っているなんてぇ~
なんていい子達なんでしょうね。
ちょっと感激しちゃいました。
さて、いよいよ始まるとみんなノリノリ
手をつないで”さんぽ”の歌に合わせて歩く姿、
かわゆいです。
ひもを使って汽車ポッポもニッコニコ顔。
タンバリンを叩くところは真顔で取り組んでいたね。
いっぱいに子ども達の笑顔が見られて
今日はスタッフも癒されました~!
ありがとう また来月が楽しみです。



2010年1月29日 posted by yumenbo


餃子だよぉ~!!


 2010年も始まって24日が経ちました

1日1日時が過ぎるのは早いなぁと感じる今日この頃です



ある日の中高生のプログラムで調理実習に餃子作りを行ないました

前日に子どもたちと材料の買出しに出かけているので、子どもたちも「今日は餃子作るよ~」と声をか

けると目を輝かせながらあっという間に着替え完了この早さにはほんと驚き

早速、調味料を量り、お肉を混ぜるチームと具材を切るチームに分かれました

混ぜる時のお肉の柔らかさや感覚は、実際に触って感じるのが一番です

ニラも切っていくうちににおいが出てきて、子どもたちは「くさ~い」と。

そして、皮包み・・・

今回は前日の買出しの間に餃子の皮も手作り

皮が多少大きいので子どもたちは皮から具がはみ出るほどに包みますが・・・何とかヒダもでき、餃

子らしくなりました

食べているみんなの笑顔をみて、こっちまで嬉しくなってきました



調理実習では五感刺激を感じ取れます。

手を使って混ぜる触感。焼く時の「ジュ~ッ」という音からの聴覚。焼いている時の匂いの嗅覚。出

来上がった時の視覚。実際に餃子を口にした時の味覚。

食べた感想を子どもに聞くと「うどんみたい」という声が聞こえてきました

皮は強力粉で作ったのでモチモチとした食感を感じ取ってくれたんだなぁと思いました

ただ、作り、食べて満足し、楽しむだけでなく、いろんな感覚を刺激し、体験することでいろいろなこと

を吸収してもらいたいと思います












2010年1月24日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.