news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >

熱中しました&白熱しました


  
            気温が高くなり、過ごしやすい日になってきましたね。

     今年は例年ほど花粉症に悩まされていない私ですが、これからがひどくなるのかしらと

   不安を抱きながら、外遊びをしています。

            それでは、イベントの報告を。

    2月20日(土)、講師の滝藤先生にクラフトパンチ工作パート②をしていただきました。

   思い出の写真を2枚持参してもらい、コーナーパンチを使って、写真を縁取りしました。

    まぁ、写真が栄え、みんなのやる気度アップしました。

                

    色々あるパンチの型の中、○と花の2種類で、基本的な飾りを作りました。

   思いつきの早い1年生、1つの花にこだわる3年生、思いもつかない発想の男の子、

  あえての少ない材料の中、個性的な、可愛らしい作品が出来、満足していただきました。


     

           

    
     27日(土)、恒例となりました、工作おじさんと遊ぼう=コマ回しを行いました。

   無地のコマに油性ペンで、模様書きをしました。児童館用のコマづくりと聞くと、手に緊張が

 はしってしまったようで、塗りだしにためらっている様子。     

            でも、やっぱり、これまた、こだわって作品を描いてくれました。                       
            

         回すコツは、手の引き方!

  回せたのが、全員でした!とはいきませんでしたが、おじさんのアドバイスのおかげで、

  多くのみんなが、1回は自分で回せました。

          

       26(金)に、ついに大型カルタ大会を児童クラブで、行いました。

  「はい!」と、カルタを取る中、
   

       
  



      ついつい、友達の作品を眺め、考え深く・・・なる子もいました。

      子ども達が自分達でルールを決め、和やかに終えました。

   しかし、体力勝負のカルタに、1回戦を終えたら、かなり体力を消耗したのか、2回戦は、

   次回にします。と言う事になりました。

           最近は、暖かい日が続いているので、外で、元気よく遊んでいます。

       今日は、来館の6年生の男子が、お兄さんらしいリードで、ケイドロや、ドッジボールなど

         児童クラブの子達と遊んでくれました。

         なんか、いいなぁ~とうれしく思いました。
                                   

              
                           

 


2010年2月27日 posted by yumenbo


ひな祭り


こんにちは。第2わかば園です

一昨日、お母さんと一緒に『おひなさま』を作りました。
ゆらゆら揺れる吊りさげタイプのおひな様に挑戦しました。
まだまだハサミの使い方ものりの扱い方も危なっかしい手つきでしたが、
み~んな頑張ったよ ...特にお母さんがね
途中で「もういやだ!!お・し・ま・い」と言い出す子どもを横に
何度も励ましながら最後まで頑張っていましたねっ。
今日はお母さんの制作になってしまったようだけど...
みんなは折り紙を折るところはとっても上手にやっていたね。
きちんとできてすごいと思ったよ

出来上がったおひなさまをユ~ラユ~ラさせて上機嫌
お部屋に飾っておこうね。
そうしたら春の風がそ~っとおひなさまを揺らしてくれるかな?




2010年2月25日 posted by yumenbo


違う一面


金曜日、私は久しぶりに弥富近辺の送迎に出かけることが決まっていました 
しかし、このコースは以前に一度か二度、ドライバーさんが運転して下さっている時に同行して以来行っていませんでした
なので、とーーーっても不安になり水曜日にこのコースに同行して道を覚えることに
しかし、夜で真っ暗それに加えあまり方向感覚がよくないので途中で道が分からなくなったりしながらもなんとか全員のお家を頭に入れることにしました



と・・・ここまでは私の事だったのでここからは子どもたちの事を



ドライバーさんが運転して下さっている間、「先生、運転してみんなのお家に行けるか心配になっちゃった」と冗談交じりで話していると、次の日、他の職員に真剣な顔で相談している子の姿・・・

運命の金曜日
子どもたちを乗せ、出発すると「お願いしまーす」とのあいさつ
元気な声であいさつをしてくれて、気持ちよく出発することができました

このコースは中高生が多いので、仲良く肩を組んで盛り上がっていると思えば、いきなりの泣き声
その後すぐにケロッと立ち直りカラオケ大会なんとも賑やかな車内です

一人目のお家に向かっていると後ろから「ここ曲がる!」との声が
言葉には出していなかったけれど、ちょうどどこで曲がるか迷っていたので私にとってなんとも嬉しい天の声

どうしても数人の子どもを残したまま車を離れなければいけないとき、高校生の男の子に「小学生の子を見ててね」と、頼むと、「任せてください!」と、なんとも頼もしい言葉

「どこ曲がるんだっけ~?」と聞くと、「違う~!過ぎた~!」と、反応の遅いカーナビ
何とかお家に着けてみんなで一安心




普段、夢んぼの教室では見せない違った一面を見ることができたような気がしました









2010年2月22日 posted by yumenbo


素敵な発想力


 今年の干支である寅をみんなで作りました

同じ見本を見せながら作っていきましたがさすが個性豊かな子ども達

眉毛のつながった寅、キバがむき出しの寅など様々な表情の寅が出来上がりました

壁面には寅に加え「○年生になったら・・・

をテーマに4月になると1学年あがるということへの期待を込めて抱負を書きました。友達の真似をす

るのではなく、一人で考え「僕は○○くんより足が速くなりたいなぁ

「私は運動より勉強を頑張りたい」   とそれぞれ目標を持っていることがわかり嬉しかったです

こんな感じで可愛い壁面が出来上がりましたよ

この目標に向かって日々諦めず突き進んでいけるよう前向きに頑張って欲しいです





そして昨日ついに手作りカルタが完成しました

動物をテーマに文章を考え、絵を書く

図鑑を見て本格的な絵を書く子やオリジナリティ満点の自己流で楽しんで書く子と分かれ、どの子も

次々に書いています。




この絵の文章は何だと思いますか










答えは・・・








子ども達の発想の豊かさには職員全員「なるほどーと感心させらてます。

みんなで考え一生懸命作ったカルタ

このカルタで遊ぶ日が待ち遠しいみんなです







 



2010年2月17日 posted by yumenbo


協調性


 

第二夢んぼは、小学1年~6年の学童、中学1年~高校3年の中高生が通っています。

年齢も性格も違う子どもたちが集団で活動しています。

年齢、性格が違えば思うことも違うし、やりたいことも違って当たり前です。

しかし、活動は1つ。年齢にあった活動の仕方を考えるのはもちろんですが、その中で子どもたちが互いに譲り合い、認め合うことで一日の活動は成り立ちます。

集団生活に必要なことはこの互いに譲り合い、認め合うこの協調性だと思います。

 

Hは、周りが座っていようがお構いなしにフラフラ立つ遊ぶときは一人でおもちゃやパズルか職員にべったりです。

 

ある日、Tがボール遊びを始めました職員が間に入り、Hを入れキャッチボールをしたところ、THに投げHが取る。次はHTへ。それが何度か続き、そこへKが入りTが加わりと遊びの輪が広がったのです。初めてHがみんなの輪の中に入り遊べたのです

Tもあまり関わったことのなかったHKに対し楽しそうに「H君いくよ」「K」などと呼ぶ姿の見られ、嬉しかったです

職員全員が次の活動時間が来ているにもかかわらず、この遊びの輪を大切にしようと時間を押してまで遊びを優先しました。

 

集団生活で必要な協調性は、自分と周りの子どもとの関係作りから始まると思います。周りの子どもたちを意識して初めて協調性を養うことが出来ると思います。

 

この日のTHは相手を意識しあうよい機会になったと思います。

相手を意識して、譲り合い、認め合う事で、お互いに成長していけると思います。

 

私たち職員は、子どもたち一人ひとり個別で細かな部分まで見ていくと同時に、集団での人間関係づくりも大切にしていきたいです。

 

今回は遊びの中での取り組みでしたが、活動の中にも創意工夫で、個別の支援と集団の支援を使い分けながら二種類の支援をバランスよく取り組んでいきたいです

 

 



2010年2月16日 posted by yumenbo


も~すぐ寝ると、バレンタイン~♪


 金曜日の立田北部子育て支援センターでは、午前中 親子教室の「ひよこひろば」が開催されています。

そこでは、来る2月14日のバレンタインデーに向けて親子でラヴリーなチョコレート入れを作りました。
大きな封筒の正面にママの愛情の
こもったを作ってもらいました。ハートの折り方の説明書を配布し、『今日は、作り方の説明はありませんっママ達の愛情で折って下さい』と中沢先生の一言にママさん達は大爆笑
和やかな雰囲気の中、ママさん達は・・・こと通り真剣ッ



「旦那様へ愛情を込めて作ってくださいね」との投げかけにママさん達の反応は・・・・「もう忘れたなぁ」との声が


そんなことを言わず・・・気を取り直して

完成は、こ~んなにかわいい袋が出来ました。さてさて、14日はどんなチョコレートがパパに渡されるのでしょうたのしみです





2010年2月13日 posted by yumenbo


児童館での楽しみは


   児童館でのイベント1つ目、1月30日(土)にクラフト工作=人形作りをしました。

 折り紙のくす球折りを知っていますか?今回はそれを大、中、小の大きさ28枚折って完成させるというものです。

 すると、こんな可愛い人形が出来ましたよ

 第一号の完成者は、な、な、なんと3年の男の子!話を聞けば、休み時間に男の友達とボール遊びをするという日が大半だけれど、実は折り紙好きだそうで、彼の違う面が見れました。

 どんなイベントもそうですが、好きな子は、力を発揮して、その後、私達のお手伝いしてもらいます。そうでない子は苦手なところを、少しでも、好きになるきっかけとなれればうれしいなという気持ちで働きかけています。         


   

     2つ目は、2月6日(土)にクッキング=ホットケーキ作りをしました。          

 高学年のお姉さん達が、学校の家庭科や、自宅での経験をいかして、1~2年生の子達をうまく
リードしてくれました。       

 初めて、食べたという子は、いなかったけれど、「初めてフライ返しをしたよ~」と体験したことを喜んでいました。        
 
 一人3枚づつぐらい食べたみんなに、最後は、外の洗い場で、食器洗いをして、おしまいとしたかったんですが、大雪が、午前中降り続いていたため、できませんでした。

       もう一つは児童クラブの様子・・・を

      該当者最後の誕生日会を1月27日(水)にしました。

    やっと、祝ってもらえる♪の喜びと照れからか、ひな壇席で、ふざけモード突入に。

 職員から、言葉・・・を、注意・・・が、・・・・・・・・私の気持ち(ごめんなさいね)=こら!!と残念なことに怒られた3人組み、

                                 誕生日会を一瞬シーンとさせてしまいました。

  けれど、その後は♪~魚釣りをペアで競争をして、遊びました。

 北河田釣堀大成功でした。

              サメに、イセエビに、ひよこなど・・・・・(ニコ)

 

 

 
 


2010年2月10日 posted by yumenbo


2月がやってきました★


最近は雪がちらつくような寒い日が続いていますね。
第2夢んぼのメンバーはそんな寒さにも負けず元気いっぱいです。



みなさんは巻き寿司を作ったことはありますか?
手間もかかるし、スーパーに並んでいるからつい・・・という方も多いのではと思います。
何を隠そう私も夢んぼに来るまでは作ったことがなかったんです。

季節の行事を大切にしよう、楽しもうということでいろいろなことにチャレンジしてきました。
それで2月は「恵方巻き」を作ることに!

そして子どもたちが作ったものをお家の方にも見てもらえたら、食べてもらえたらと思い、お土産として持って帰ることにしました。

お家の方からは「おいしかった」「子どもががんばって作ったんだね」「なかなか巻き寿司を一緒に作れなかった」と反応をいただきました。

お家でこの恵方巻きが話題になったんだなと思うと私たち職員はとってもうれしいです。
あの子は誇らしい顔で見せたのかな。作り方を説明しようとしたかな。食卓に並んだかな。と想像すると、部屋や靴下がお米まるけになったことも許せてしまいます。

次は何をしようかな。
楽しみにしていてくださいネ。
お家の方に見てもらい、よろこんでもらえるような内容、行程、質をいつも以上に考えていきます。



2010年2月7日 posted by yumenbo


豆まきしました!


 こんにちは。第2わかば園です。
昨日は節分の日、わかば園でも豆まきをしました。

赤鬼青鬼が登場し、1人の先生を棒でいじめに来るのです。
そうしたら子ども達も次々棒でいじめられてみんな大慌て!!

そこで豆で鬼たいじ!! 

でもね...でもね...み~んなやさしいから鬼に豆をぶつけられなくて
床に落としている感じ。
ママ達は必死に鬼をめがけるんだけど子ども達は床に座り込んで
豆ひろいをはじめちゃいました。

最後はお福さんにプレゼントをもらい、とっても楽しい豆まきになりました。

かわいい子ども達のところに

春よこ~い しあわせこ~い




2010年2月4日 posted by yumenbo


節分の日



 立田北部子育て支援センターの親子教室と児童クラブで、
オニを作りました。


児童クラブでは、『自分の中の悪い鬼を追い出す』というテーマで、
それぞれ、好きな形に色画用紙を切り自分だけの鬼を作りました。
オ二の体には、子ども達自身が直したい事を書いてあります。
ひよこひろば(1歳児)
    かわいい鬼のお面を作って頭にスッポリ被って、『いざッ鬼退治!!』

しかし、子ども達は大泣き
豆を投げるどころか、逃げ回っていました。

はぐくみひろば(2歳児)










今週から4月の、保育園・幼稚園へ入園に向けてハサミを使う練習を取り入れていきます。
お母さんに、オ二のお面につけるパーツを色画用紙に鉛筆で形を書いてもらい、それを子ども達がハサミで切っていきました。
ジャ~ン!!完成がこちら
実際にも、かなり強くオ二の登場にも動じませんでした
女の子の方が度胸が据わっているのを改めて実感しました
普段は、かなり強気な発言、行動派の男の子が・・・

オ二の登場では、大騒ぎでした






たまごひろば(0歳児)
たまごひろばでは、節分と言っても、鬼を登場させるにはまだ早く・・・

なので、新聞遊びで節分のイメージをして遊びました。
子ども達は大喜びで、普段の近くはしゃいで、『キャッキャッ』
と声を上げて笑っていました。
そして、お母さん達もただ座っているだけじゃなく、立ち上がって子ども達とのかかわりを楽しんでいる姿がとても輝いていました。

たまごちゃん達もかわいいお面をつけて、ダンボール鬼を退治しました。新聞爆弾を投げて遊んでいると、いつの間にかダンボールをトンネルにしてトンネルくぐりで遊びが発展していました。
子ども達の、泣き顔、笑顔など色んな表情が見れた節分となりました。


2010年2月4日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.