news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 >

ただいまハマってます!!!!!!!


 
  立北っ子の今のブームは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ダブルダッチ です。

  大縄跳びでは、縄は1本ですが、ダブルダッチは 2本 !!


 2本の縄は、色違いなので跳ぶ際には色違いの縄の動きを
 見ながら縄の中に入って、駆け足で跳びます

 最初は苦戦していた子ども達ですが、数十分練習すると・・・
 (動体視力が鍛えられますよぉ)

   軽々と跳ぶではありませんか

なんと吸収の早い子ども達なんでしょう

 職員も負けじと一緒に練習するものの・・・ 重力に勝てず、軽やかに
 跳べない・・・・   これが現実

 しかし、子ども達と約束しました。
 
「出来なくても、あきらめない
 子どもたちの頑張って練習している姿に励まされながら、職員も
 がんばって跳んでいます。
 

最高記録  77 回(2年生 女の子)

  


2011年2月25日 posted by yumenbo


チョコづくしーー!!


今週は子ども達にとってチョコがたくさん食べれた幸せな一週間でした

9日児童クラブでもバレンタインに向け、職員からいつも元気な顔を見せてくれる子ども達へ感謝の

気持ちを込めてチョコフォンヂュのプレゼントをしました

チョコをつけるものはビスケット、バナナ、マシュマロですスティックはないので串でさします

      

板チョコを30秒レンジでチンするだけで出来ると聞いた子ども達はビックリ 早く家に帰ってもう一

回やりたいとの声が出ました杉崎先生と食べるグループはチョコフォンヂュがより美味しく感じた

そうです

       



そして今日はチョコホットケーキを作りました  

はじめはホットケーキミックスとココアを混ぜて水を入れます。これをトロトロになるまで混ぜたら

生地は出来上がり     

     

プツプツ穴が出てきたらひっくり返すと伝えると。。。みんな瞬きするのを忘れるほどジーーーっと見

ていました

両面焼けたら次は型抜きですやっぱり女の子にはハートの型が人気でした

今回は幼児の子と一緒にお母さんが二人参加し、たくさん助けて下さいました

    

型抜きの次はお楽しみのデコレーション  今では好きな人だけではなく、友達にあげる友チョコ、

頑張った自分にご褒美するマイチョコ、男の子から女の子にあげる逆チョコとブームですよね

どれも感謝の気持ちを込めて渡す日とお話しすると。。。4年生の女の子は好きな子に渡したいと

隅っこにかくれてメッセージを書いていました

                                 

 
こちらは友達にあげると張り切っていました→    

ケガで入院しているお母さんに「入院頑張ってね」と書く男の子もいました

他にもおじいちゃんやおばあちゃんにあげる子、お父さんには家で別に作るからと先生にくれる子も

いました どの子もみんな素敵なメッセージで心温まる時間でした

先週作ったボックスにメッセージカードとケーキを入れたら出来上がり

  


児童クラブの子は帰りお母さんに照れながら渡していましたよ

             兄                              弟
     

こちらはお母さんが照れています →


           みんな素敵なバレンタインを過ごしてね



2011年2月12日 posted by yumenbo


おいしいおやつ作り


 2月12日の 土曜日 イベント は
    おじいちゃん・おばあちゃんと『おはぎ作り』をしました。

 おじいちゃん・おばあちゃんと参加するイベントは始めての試みで  
 したが、3名の祖父母の方が参加してくれました。

       
  まずは、おはぎの形作り   
  今回は、もち米 を使わず、普通の米にお餅を入れて炊いた
  『もち米もどき』 で作ってみました。

  サランラップにご飯を包んで、コネコネして粘り気をだして
  形を整えて、小判型にしました。
 

続きましてぇ~
 
 あんこを巻いていきます
      
 

  ここでもサランラップが大活躍 サランラップの中であんこ
 を押し広げまして、ご飯を優しく包み込みます                  

すると、手にはあんこがついてしますので、彼のように 
 味見が出来るわけです
        あんこの他にも、「うぐいすきな粉」
「きな粉」も用意して3色のおはぎを作れました。 
子ども達には、意外とあんこが人気で、おじいちゃん・おばあちゃん
には、うぐいすきな粉が好評でした。
  
 完成した、おはぎはもちろんみんなで美味しく食べました。
 お土産として持ち帰る子もいましたよぉ~                  
                   


 今回、このイベントを開催するに当たってご近所の和菓子屋の「富士屋」
 さんに「うぐいすきな粉」を快く分けていただきました。
   暖かいご協力をありがとうございました。 

  イベント当日に、子ども達と「富士屋」さんにお礼の気持ちとして
  手作りおはぎを持っていきました。 

 こうした、きっかけを機に地域との繋がりへと発展していけるように
 頑張りたいです


2011年2月12日 posted by yumenbo


鬼なんて怖くない!?


 第2わかば園で~す
報告、遅くなりましたが・・・節分の豆まきをわかばもしましたよ!
子ども達にとって楽しみというより
ちょっと怖い体験になるのかなぁ?と思っていましたが、
今年の子ども達はとっても強い子でした

事前に紙芝居で豆まきのお話を聞いたり、
恒例のわかばの鬼さん役のT先生が登場する前に
ちょっぴり豆まきの練習もしたんです。
ダンボール鬼にうまく豆が投げられるかな?
鬼さんにあてて追い払うことができるかな?
いっぱいいっぱい練習しました。



何度も何度もお母さんと一緒に「おにはーそとー!」って
豆を投げていました

練習も終わり、そろ・・・そろ・・・と
とびらの向こう側で何やら騒がしい音と声
あけてけろーー!!
今年は東北に棲む鬼のようです。
オラがおにだーー!!あそんでけろーー!!」って
なまり強い鬼がわかばの部屋に入ってくると、
み~んなシーーンと固まってしまいました。
じわじわ近づく鬼を見てカチンコチン!!
でも泣きませ~ん!!

そこで大好きな先生が鬼に連れられていくと・・・

勇気を出して「おにはーそとー!!」って
練習どおり豆を投げ始めました。
でもでもみんな立ち上がりません。
非常にビビッています。手も震えています
何度も何度も「おにはーそとー!!」って言っていました。
お母さん達はその様子を見て笑うしかありません。



みんなの頑張りでとうとう鬼は
「ごめん!!」と言って帰っていきました。
よかったね。わかばの子はとっても強い子です
ごほうびに食べられるお豆とボーロをもらって帰りました。
みんな頑張ったね!


そうそう、本当は鬼さんと写真を撮りたかったけど・・・



ダンボール鬼と記念写真を撮りました



2011年2月10日 posted by yumenbo


鬼をやっつけるゾー!!


 

   2月3日は節分でしたね

前回の北河田のブログにも載っていますが、2歳児の親子教室で鬼が登場したら皆おお泣き・・・

だったので、0,1歳児は『鬼ボーリング』をしました。  こちらは0歳児さんです

ペットボトルにぬりえした鬼を貼り、新聞紙を丸めた豆を投げて鬼をたおそーう・・・というより

          ぼくたちペットボトルが気になるの         じーっ

                  

 こちらは1歳児さんです ちゃんとピンを並べて・・・豆ボーリング投げまーすえーい

             

      投げる姿も決まっていますよ     見事なフォームです
    

             

        鬼のピンを全部倒して『やったーと飛び跳ねるちびっこ達でした。



     児童クラブも節分ボーリング大会を行いました

ちゃんとスコア表もつけていき、本格的なボーリング大会ということで子ども達も熱が入ります

 ペットボトルには赤鬼と青鬼がついていて、鬼を目指してボールを投げます。

力任せにボールを投げるTくん。すごいスピードですが・・・あれれボールはどこに行くのでしょう

             

            Rくんは狙いを定めます  ストライクの予感

                    

  ボーリングをして体を動かした後は、豆まきをしたいところですが、それはお家へ帰ってからの

  お楽しみ年の数だけ豆をたべました『学校でもたべたよ~』と子ども達。

              

               今年もまめに暮らせますように 
 



       節分が終わりこよみの上ではもう春ですね

  気候も少し暖かくなり来館で遊びに来てくれる子どもが増えました~

 今日はバレンタイン企画ということで「ギフトボックス作り」をしました。女の子はもちろん。

 男の子も3人参加してくれました もしや自分の為に・・・それともお家の人にあげるのかな


            

           幼児さんの付き添いでパパも参加してくれ一生懸命作ってくれました。
                  
                  ありがとうございます       
            

   厚紙なので切りにくそうでしたが
   『パパにあげるんだー』と最後まで頑張って作りあげました。

     できあがり~
 
                          
 
    

  箱の中身は来週のクッキングで作ったお菓子をいれまーす




















2011年2月5日 posted by yumenbo


鬼は外~!福は内~!


第二夢んぼ日比祐香里です

早いものでもう2月・・・巷ではインフルエンザの流行がピークになっているようです

皆さん体調は崩されていませんか?手洗い・うがいをこまめに行うようにしましょう



さて、昨日2月3日は節分でしたね

第二夢んぼでもみんなで豆まきをしてみました

まずは中高生どうですか?この鬼達


       
    
      
    

    


ん・・・少々迫力に欠ける!?

そんなあことはありませんよ

『鬼怖い』と言っている子がいるぐらいですからね(その子もちゃっかりお面を被っています)

               



               


この鬼は一体どこを向いてる


                             

                            

中高生はお互いに豆をまくのと鬼役を交代で行いました

そして次は学童

節分って何?豆は食べれるの?

と言った感じで豆まきはピンときていないようでしたが、豆をまくと鬼が逃げていく絵が面白くて何度も

豆をまき、楽しんでいる子がいました


   


                                


       
             

まずは豆を投げて、自分で絵をひっくり返す

なんともかわいらしい姿

                               



鬼はどこかへ行ってしまえ~

みんなでそう思いながら豆まきをしました。

今年一年もまめで幸せに過ごせますように






今回は写真をいっぱいにしてみました

様子は伝わりましたか?

これからも第二夢んぼの活動の様子をどんどんお知らせしていきますのでお楽しみに
             
               

               (鬼が増えた・・・・・・・・このあとしっかり退治しておきました



2011年2月4日 posted by yumenbo


和太鼓って楽しいね♪


 こんにちは。第2わかば園で~す

わかば園では、隔月に専門療育を実施しています。
今回は、言語療法です。
言語聴覚士の國島典子先生のもとで、個別言語指導を行なっていただきました。
お母さん・子ども達は緊張です。
今日頑張った子は2組の親子です。



回を重ねるたびに、コミュニケーション能力がアップしていき、とても好評ですよ
子ども達も遊び感覚で言語能力を習得していきますね。

ところで、
実は以前、國島先生のご趣味をお聞きしたところ、『和太鼓を持っており、多くの人に教えています』とのこと!!
いいこと聞いちゃった・・・!!!
ぜひ、子ども達のために和太鼓を見せてもらいたいとお願いしたところ、快く受けていただき、この日、午後からみんなで和太鼓を叩かせていただくことになりました。
(先生、ありがとう・・・感謝感謝

お母さんも子どもも職員も、それからそれからセンターにこられた人も何しているの?・・・って覗きにこられたりして、お祭り状態です。
館内に響き渡る太鼓の音。笛を吹く方にも参加してもらい・・・
和太鼓はドッ迫力満点!!
どーん、どーん、どっーんって感じかと思いきや、リトミック調に始まりました。
太鼓の音にあわせて、動物になりきり、体を動かしたり、走ったり、スキップしたりしてみ~んな夢中です。



次に、いよいよ太鼓を叩かせてもらいます。
初めてにしては全員格好がさまになっており、叩くスタンバイOK。
はちまき、用意すればよかったかな?

子どもらしくアンパンマンシリーズの歌を選曲。







叩いてる。叩いてる。たっのし~い。うっれし~い。
なかなかできない体験ができて本当によかったね。
挨拶もきちんと正座して「ありがとうございました」って言えました。

あ~あ、終わっちゃった。とっても残念そうな顔
また機会があったら國島先生、お願いします。
そして大切な太鼓を用意していただき楽しい時間を・・・

ありがとうございました



2011年2月3日 posted by yumenbo


みんなで頭を使った1週間


   
                         う~ん。寒い。

   この辺のお年寄りによると、稲沢市国府宮・はだかりが過ぎる迄は雪も降るし寒いぞ~と言います。

   今年は2月15日(火曜日)ですから、、、暖かくなるまでもう少し待ちましょう。

   そんな寒い中ですが、親子揃って熱い行事がありました。今週木曜日、北河田小学校・マラソン大会です。             その時間帯児童館では、親子教室を開催中で、

  残念なことに、応援は教室が終わり手の空いた職員から窓越しの声援を送らせて頂きました。

   ちょうど中間地点ぐらいが児童館になるのかな?先頭グループは誇らしげな姿が見れました。大半の子たちはスタート地点では親からの熱い声援をもらい元気な走りをしていた事と思います。しかし、この地点となると、疲れも出てくるのでしょう。トボトボ走っている子もいます。そんな姿に「○○君~」と手を振ると、不思議と走りが変わるんですよね。  見られているのは恐ろしい。

   やはり、さりげなく、タイミングよく声をかけ、見守る、、、大事なことですね。


                月曜日2歳児さんは、一足早く節分をしました。

                 
               
        鬼のお面をかぶり、変身よ。個性的な眉毛ボーイ、ガールは決めポーズです。

               
        わーい。と喜んでいるのも今だけよ。右端のMチャンにご注目して下さい。


             
   
       さっきまでニコニコし、中央にいましたが、隣のお母さんも大うけです。何かを感じ、お母さんの後ろに隠れました。

             

        はい、表情は固まりから怯え、我慢ができません大声で泣いてます

     鬼だ~
                        


   安原先生演じる鬼登場に、戦いを挑む、赤い服のMくん

   概ねチャキチャキとお話できる子たちは、ビビリ、号泣してま。、無口の(内弁慶の子)子たちは、

  泣いている友だちにかわり、新聞豆を投げ戦う姿がありました。やはり芯が強いのね。

   心の色々な鬼も退治できたと信じ、最後は鬼から「ごめんね、本当はみんなと一緒に遊びたかったんだよね~脅かしてごめんなさい。一緒に鬼のパンツを踊ろう!」・・・・・

              


  の声に、なんの違和感もなく鬼と手をつないでいるこちらもMちゃん。お母さんは笑っていましたが、お母さんから一言「鬼の方が優しいと感じたな。」。。。。と。そして、ダンス後はみんななんの迷いもなく手を振ってくれました。      チャンチャン   



 児童クラブでは、愛知児童総合センターからの依頼カード作成に協力をしてもらいました。

     児童館アピールなので、児童館はどんなところ?

                    他の児童館との違いはなあに?

     とそれ以外にいくつかの問いかけをしたら、

              




              



    ・ 人が優しい(そこに職員が入っているかはあえて聞いてません。)

    ・ 家族みたい
   
    ・ 友だちが教えてくれる。(宿題、遊び等)

          絵の中では、最近チャレンジしている、剣玉を友達と行う姿があったり、

          相手を拍手する姿や、誉める言葉が書いてありました。

    職員は、「ジーン」と、来たようで、ますます子ども達に愛情を注ぎます。

             



           子ども達のアイデアをいかして児童館カードができました。
    
  水曜日は北河田カップの缶積み競争をしました。制限時間は1分、缶の選択は自分で10個です。 


                 


   後ろ姿はスーパーの奥様方です。「どれにしましょうかしら~」と選別しているので、おもしろい。

   
              


           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


              


                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無言です。


             


                 おめでとうございます。成功者が6名でました。


            



  みんな頑張ったので、児童クラブのお母さんからの差し入れの苺を試合の後に食べました。      成功出来ず悔しい思いをし、少しすねた子もいましたが、今週の目標・人の嫌なことは言わないが子ども達からでた目標だったからか、最後までお祝いする気持ちを持って拍手が出来た子もいました。


              



              

                    ごめんなさい、お行儀が悪くて。

                    
    土曜日は想像力をフルに使って、工作おじさんと「文字遊び」をして遊びました。

     絵描き歌で数字の1はなあに~♪。工場のエントツ~♪

    てありましたね。今回は平仮名から何に見える~と絵を書いてみました。

             

                             うさぎが出来ました。杉野先生作

             

        
          り               おばけ

          ゆ      →          ねずみ           がかくれんぼ




              
                 

       子どもって頭が柔らかい。固定概念なんてありません。

       すらすらすら~と何枚も書いちゃうからすごいです。

              


       つ、み、ろ、つ、く、      →      かば

       も、し、し、へ、へ、へ、へ、         ねこ


       こ                →        ソファー

               参りました。勉強になります。関心です。
        
             

             

       ゲームも良いけど、簡単な道具で遊べる楽しみをみんなで味わえた一日でした。

     


2011年1月29日 posted by yumenbo


ママ~怖いよ~


    
       
       鬼がやって来たよ~        

  立北の親子ひろばでは、かわいいオ二のお面を作ってひとあし早い節分の豆まきをしました。 ちっちゃなお手で型抜きした色々な形を糊ずけしたり、大きなシールを自分ではがしたりして完成です  
 そして、 頭にかぶるとたくさんの赤鬼青鬼の誕生です。



  いよいよ豆まきの開始です。最初はダンボールで作った鬼に向かっておもちゃのボールで鬼退治・・・・・・・みんな張り切って投げる
投げる、投げる、  あれっ気がつくと誰か知らない人が????

 
 
  なんと 大きな鬼も一緒になって投げていたのに気がつくと遊戯室は大パニック  わぁ~  ぎやぁ~ と叫んではママのところにいちもくさんに散ってしまいました。その後はしがみついて大粒の涙をながしていました(ママ達は大笑い) でも、中には勇敢に鬼にむかってボールを投げている子もいましたよ。



  鬼が退場したら



  みんなでおいしい?節分の豆を(私は豆が苦手なので美味しいのかわかりません)いただきました。こうして親子で季節の行事を存分に楽しめたひろばでした。
  これからも親子で楽しく季節感を充分に感じられる様な工夫を取り入れて行きたいと思っています。










2011年1月29日 posted by yumenbo


意外と苦戦!!!?


   1月22日  土曜日 お楽しみ★イベント
     ~  アイロンビーズ 作り ~

  この日は、久々にどえりゃ暖かい日だったがね

  そんでさぁ~子ども達も元気に遊びに来てくれたがね
   ビックスマイルで挨拶してくれるで
                 まぁ~かわいいでかんがぁ

 さてさて、イベントの中身は・・・ ジィ~

 アイロンビーズのビーズが、どぇりゃ小さかったけど子ども達
 のかわいい手で一生懸命並べて、それぞれ好きなデザインを
 作っとったよ
       

                                 正解は、ダッフィー です。

  アイロンがけも子ども達に挑戦してもらったがね
                  


  どれどれぇ 仕上がりは・・・



   
 
           


   どえりゃ~かわいいがね 子ども達も完成した作品を
  嬉しそうに見せに来てくれたがね

  子ども達の作品と、見本の一部がこれだかね

     
  
                      *名古屋弁バージョンでお送りいたしました。
    

  
   今回のアイロンビースを子ども達をやって、気づいた点がありました。
   配色の楽しさを味わえる。 集中力の向上、指先の使い方、空間認知力、柔軟性か養われるこ   
   とに気づきました。 楽しみながら、こういった事柄が養われていくので今後の活動にも取り入れ 
   ていきたいです。


   


2011年1月24日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.