news
news
news
求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング



○夢んぼ本部
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-25-5913
 Fax:0567-25-5913

○第2夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-28-1070
 Fax:0567-28-1070

○ソーシャルセンター夢んぼ
 〒490-1304
 住所:稲沢市平和町法立十一丁31番地4
 Tel:0567-69-5586
 Fax:0567-69-5587

○ワークステーション夢んぼ
 第2ワークステーション夢んぼ

 〒496-8014
 住所:愛西市町方町松川70番地1
 Tel:0567-55-7456
 Fax:0567-55-7458

○ライフステーション夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田62番1
 Tel:0567-31-7811
 Fax:0567-31-9171

○癒しのわ いなべ
 〒511-0431
 住所:三重県いなべ市北勢町別名203-2
 Tel :0594-37-2239
 Fax:0594-37-2239

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 >

工作おじさんと遊ぼう!


 

                              


                   10月31日 (月)  2歳児 親子すこやか教室の

                                            ハロウィン会を実施しました。



                   「トリート~」と魔法の杖を使い、2箇所に隠れている職員に

                   呪文をしっかりとした口調で言えました。


                  子どもの後ろで、お母さんにそっと、「ありがとう」と促してもらう

                   そんなしつけにも立派な親子クラスだと感じた1日でした。



             11月5日(土) 10時30分から


            地域の方  工作おじさんが助手のDちゃんを引き連れて

            紙飛行機を教えてくれました。

                 1年生対象の作り方と2年生以上対象の作り方、

                  2つを伝授して頂きました。

                   
                     

              子ども達は「紙飛行機作りが大好きです」

              そして、広告紙や廃材で手軽に出来る所が良いですね。


                    


            どちらも1回目は、先生の話しを良く聞いて覚えます。


           1機出来たら、2機目から、思い出して自分でまずやってみる。

           友達と教え合う!目標は1人で作れるようにする。繰り返して、

           技は自分の物にするように心掛けています。


                     

           今日のキラリ  輝いた作品は
    
                                 Y君のミサイルを積んだ
 
                                    飛行機の絵でした。

           「お~すげえ~」と真似したい子が、出るくらいです。

         
                    

                          

            どれもカッコイイ作品が出来たので、 いざ、飛ばしてみましょう!



                         


           飛ばし方をしっかり聞いて、


          実際に飛ばすと、


                      
           

           「飛んでく飛行機」を見て、スカッとした気分になり、すっかり

          夢中です。


                     


         児童館祭りの中に、今日のイベントも再現して、

         競技「アーチェリー」を行います。


         当日は穴あけ的にむかい競技をするので、お楽しみにしていて下さい。


         11月1日から 児童館祭りチケットを販売しています。

         限定100枚のところ 残り30枚をきりました。

         お早目のお求めをよろしくお願いします。

                                                                 


2011年11月5日 posted by yumenbo


幻想的でしょう?


 
 立田北部小学校で、午後から来年度に向けた就学児検診が行われた27日(木)、センターではお楽しみイベントを行いました。

 今回は、完成するととっても幻想的な「灯り」を見せてくれるランプシェードと卵型のかわいいキャンドル作りに挑戦しました。

                                             
 
 実は、実は・・・ここだけの話なのですが、キャンドル作りはとても準備が大変で、職員のひとりは「腰が痛~い、腕が痛~い」と身体の痛みが出るほどの作業だったのです。
 何しろ、白い蝋燭を細かく削って芯を上手に取り出しておく準備作業は思っていた以上の体力勝負で、参加人数20人分の量を作るのに四苦八苦してしまいました。

 蝋燭にクレヨンの色を溶かし綺麗な色に染めて、自宅から持ってきた卵の殻にそっ~と流し込んで2分程経過したら、蝋燭の芯と別の色を流し込んで冷たくなるのを待ちます。
 蝋の温度はとっても高いので、「火傷をしないように」と説明を聞く子供達も真剣です。

      

 さあ~慎重に開始!!
ふた部屋に分かたキャンドル作りは、三人ずつの少人数で始めます。

     

 一方、「ランプシェード」作りの部屋では、ペットボトルを芯にクシュクシュにした白い和紙を土台に糊付けしたら、ミラーテープや色とりどりの和紙を手で千切って、模様をつくる作業が進んでいきました。

      

 キャンドルは、時間内に殻から出すことが出来ませんでしたが、翌日、子供達は、茹で卵のように殻が剥け、中から綺麗なキャンドルが出来ていたのをとても楽しそうに話してくれました。
 また、素敵なランプシェードは「七色」に変化するライトを中に入れて、暗闇で見ると、とっても幻想的ですよ。

    

 お母さん方にも大好評、秋の夜長に役立ちそうなイベントの作品の出来上がりでした。
  








2011年10月30日 posted by yumenbo


私!かわいい~。


 
 立北の親子教室、「親子はぐくみひろば」と「ひよこひろば」でも皆でハロウィンパーティーを楽しみました。
 児童クラブの子供達にペッボトルのかぼちゃのお化けや窓に貼る魔女のシールなどを手伝ってもらいセンターの窓や館内はとっても賑やかに飾り付けることができまた。

    

 そして当日は思い思いの仮装をして可愛いい姿で来館ところが、玄関でいつもと違う職員を目にしてなかなか足が進まず固まってしまう子・・・・そうなんです、私たちも子供達に負けじとお茶目な魔女?に変身してお出迎えしたのですが、残念ながら皆さんにお見せすることは遠慮しておきますね。

       
 
 お母さん方の手作り衣装で登場の子供達もいますよ。

      
 
 『トリックオアトリート』こんな難しい呪文唱えられないけれどお母さんたちのところを順番に回って美味しそうなお菓子をパーティーの前に制作した袋に破れるくらいたくさん入れてもらちゃいました。
 
   
 
 ラッピングに工夫を施したり手作りドーナツを持ってきて下さったり御協力ありがとうございました。職員とのゲームやハロウィンの手遊びなど楽しい時間がアッという間に過ぎたパーティーでした。






 


2011年10月30日 posted by yumenbo


ハロウィンパーティー♪


 児童クラブでは、一ヶ月前から壁面、衣装、小物をコツコツ作り、

24日には、3年生によるハロウィン絵本の読み聞かせ

                                 

25日には、かぼちゃのクッキー作りをしました。

子ども達は、キレイなオレンジ色の生地に感動したようで、やる気満々

目標200個

                

麺棒で生地を伸ばし、型抜きをしていきます

部屋の中はクッキーのいい匂いでいっぱい お迎えに来るお母さん達も第一声が『すごくいい匂い

』です。

                               

最後は可愛くラッピング

                 



気分が高まったところで

                            いよいよハロウィン会当日

児童館に着いたらすぐに変身

                      

約束、挨拶、合言葉『トリック・オア・トリート』の練習をしたら、いざ出発

手作り地図を片手に、エコバッグを持って気合い十分の子ども達です。ワクワクドキドキ

『いってらっしゃ~い』
                      

1グループ2件づつまわっていきましたが、どのグループもリーダーのあとにしっかりついて

一列で向かうことが出来ました。


        


中には地図とにらめっこして立ち止まるグループもグループでサポートしあいながら目的地ま

で向かいます

緊張しながら、、、『ピンポーン

と押す子ども達も、迎えてくれた方の笑顔を見たら、ホッと安心した気持ちになれたようです。

『トリック・オア・トリート

        

順番に並びおやつを一つずつ頂く子ども達。

なんと向こう側からサプライズでこんなに可愛い

首飾りを準備して下さっている方も  

子ども達もまさかのプレゼントに大喜び

              

ありがとうございます


『ただいまーーー

テンションMAXで児童館に帰ってきた子ども達にもう一つ素敵なサプライズが

なんと地域の方が可愛い子ども達の姿を見て、急いでマドレーヌを作って届けて下さったのです
                                 

『また会えたー』と子ども達も大喜び 

                         

今日は、机の上にたくさんのおやつが並び、各グループ報告をしあいながら、とっても幸せな

一日となりました

        

次の日、みんなでハロウィン会のことを振り返りながら、その気持ちを手紙に書き、代表の子で5件の

お宅へ届けに行きました。

                         

『また遊びに来てね』      『大事に飾っておくね』と温かいお言葉を頂きました。

地域の皆様、ご協力ありがとうございました



親子教室でもハロウィンパーティをしました

こちらはおばけのお面とかぼちゃミニバッグを作りました。

                          

新聞を使ってお母さんのオリジナルで、マントや服を作って大変身

                        

変身したら探検スタート

児童館のどこか2つの部屋には魔女に変身した職員がかくれています

発見するとお母さんと一緒に、『ちょうだい』と手を出す子ども達。

     

いつもと違う格好の職員に、ドキッとする子もいましたが、お母さんと力を合わせてみんながお菓子

ゲットすることが出来ました

                          ハロウィンって楽しいな




























              


2011年10月29日 posted by yumenbo


Halloween Party  in kusahira


                
           HAPPY 
     HALLOWEEN
   

親子教室 ぽにょ(0.1歳)では、の帽子つくりをしました。
お母さんたちは、子ども達の為に悪戦苦闘しながらも頑張って作り上げてくれました
     

       ジャン ジャ ジャァ~ン 
  かわいい仮想パーティーが始まりますよ

小さな子ども達の顔のサイズよりも大きな    が
  頭に乗っていますが・・・                    
   
          
           

こちらは、くすくす(2歳)では、来る時から仮想をして遊びに来てくれました

                 

お母さんがこの日のために、かわいいミニ魔女に衣装を作ってくれました。 この日を親子で楽しみにしてくれていた様子です
 かわいいでしょ

                     

今日のメインイベントの「お菓子バック作り」から始めました。

         

あらかじめ、切り取り線 ・ 折り線 ・のりしろ を書き込んである画用紙を配布して、親子で仲良く絵をかいたり、糊付けをして作りあげてもらいました
そのバックを持ち歩き、お友達のお母さんの所へ行きお菓子をもらいにお出かけしました


 

「ありがとう」と嬉しそうにしている子どもたちに、お母さんたちも暖かく対応してくれていました。

            

バックいっぱいに入ったお菓子を見て、テンション MAX
になっていた子ども達です。

かわいくHalloween使用でラッピングしたお菓子を準備してくれたお母さん達の、ご協力があったので楽しいパーティーになりました。

ご協力、ありがとうございました。


2011年10月29日 posted by yumenbo


今日は感謝デイ(食事会)


第2わかば園で~す

本日、わかば園では楽しい食事会をしました。
実は、日ごろよりお母さん方にはお世話になり、
療育時間中をはじめ、自分の子と同じように他の子どもさんのことも
よ~く見ていてもらったり、また、課題の準備を快く手伝っていただいたりと
大助かりです
私たちスタッフは本当に、本当に・・・本当に助かっています
感謝の気持ちをどのようにしたらと思って考えました。
弁当を作ってくる時間を逆に助けてあげられたらと思いつき、
みんなで食べる食事会がいいと思いつきました

そーだ!それも、「バイキング形式で食事会をしよう!」って、考えました。

どうぞ、そのときの様子を見てください

まず、秦統括の本日のあいさつです。
いよいよ、いただきますの合図。
今日は、立って歩いて好きなものをとるんだよ。

迷っている、迷っている
どれにしようかな?
あっ!おにぎりやさんがあります。
かわいい顔のおにぎりが並んでいるよ。


誰が 食べてくれるのかな?

横では、おにぎり体験ができるコーナーがあります。
さっそくご飯を入れて、ふりふり!


振っていると 自然に ま~るくなるんです。

今度はどんな味にするのかな?好きなふりかけのお皿に
ころころおにぎりを入れてコロコロころがします。

やったー!!自分で作ったおにぎり。おっいしーい。
ぼくはゆかりおにぎりがおいしいと思うよ、な~んてしみじみ見つめています

 


あれ?これなぁ~に?ぼくにもちょうだい。はい、どうぞ。
野菜サラダにはこのドレッシングがいいかな?って思わず進めていますよ。
う~ん。ぼく、あれこれあって迷っている最中です。
ぼくは、スパゲティーがもっと食べたいよー。だれかー、もってきてくれないかな?

 

 


そんなこんなで、楽しい会話や子どもたち、ママたちの様子が1時間半続きました。
楽しんでもらえたかな? 楽しい思い出のひとつにしてください

改めて、ママたちの日ごろのお弁当作り、本当にご苦労様です。
そして、日ごろのわかばへのあたたかい心遣い、本当に感謝しています。

ありがと

 



2011年10月27日 posted by yumenbo


Dream Rainbou Concert


 

1023日(日)佐織公民館で夢んぼのコンサートを開催し、200名以上の方に来ていただきました。初めての大きなホール、初めての音楽コンサートで余裕もなかったと思いますが無事に終わりありがとうございました。翌日から「楽しかった」「生演奏を聴く事が出来てよかった」「子どもが自分から前に出て踊って楽しんでいた」「家族で楽しみました」「気兼ねなく親子で参加できてよかった」・・・・多くの感想を聞き感激しています

 

音楽は人を笑顔にしてくれます

2年くらい前から、親子、家族、友達や一人でも、障害があって行きづらいと思っている人も気兼ねなく参加でき、一緒に歌って踊って誰もが心から楽しめて笑顔になれるそんなコンサートをいつか夢んぼで提供したい。

今年は絶対コンサートを実現しようと思っていた時、以前より、コンサートの思いを時々熱く話す私のことを覚えていて下さった音楽療法の宮川先生と舘先生からの紹介で今回のトーンハートさんブラボーさんとお会いすることができました
宮川先生、舘先生コンサートにも来ていただきありがとうございました

 

7月にブラボー代表の伊藤さん、第2夢んぼの日比先生と私の3人で初めての打合せをしました。伊藤さんはとってもソフトで優しくおもしろくて(第2夢んぼのW先生がファンになちゃいました
「夢んぼの先生たち歌いましょう!」大学時代日比先生が楽器をしていたと話すと「日比先生演奏しましょう」と、日比先生が演奏するのは当日まで内緒のサプライズでした
日比先生は、休みの日や仕事が終わってからブラボーさんの練習に参加する日もありました。お疲れ様、良かったよ!久しぶりの演奏いかがでしたか

夢んぼスタッフも1カ月を切ってからのお願いにもかかわらず、マルマル・モリモリダンスを覚えてコンサートを盛り上げてくれました

日当のおいしいお弁当で一日お疲れ様でした

多くの方に来場をお願いしていただき素敵なコンサートになりました

 

「またコンサートをして下さい」「来年も来ます」のお言葉をいただき・・・今はただただありがとうございます。トーンハートさんブラボーさんも、子どもたちの笑顔や会場内が柔らかで温かい雰囲気で素敵なコンサートでした
スタッフの笑顔が素敵で癒されました~♪と言っていただき、もー私が皆さんから幸せをもらって涙が出そうです

夢んぼの原点、夢んぼを始めた頃の気持ちがよみがえってきました

また笑顔がお返しできる機会を作りたいですね

 

トーンハートさん ブラボーさん またご一緒できる日を楽しみにしています



2011年10月26日 posted by yumenbo


かざぐるま!


第2わかば園で~す

18日は特別プログラムの日でした。
動くおもちゃ(かざぐるま)を作りました。
初めてかざぐるまを見て『なぁ~に?』って顔
スタッフがふーっと息をかけたり、手を動かしてまわるところを見せると
「つくるぞー!!」の意欲満点。
あまり制作は好きでない子も今日はバッチリ座っています。

今日のがんばりどころは、少し厚めの画用紙を三角に折ります。
みんな慎重に手を動かしています。

続いてのがんばりどころは、はさみで4箇所切るところです
これまた、みんな慎重に取り組んでいます。
ママは手を切らないように見守りつつ、できるだけがんばらせています。

 


見守りってとっても大変です。
ハラハラしたり、ドキドキしたり、口も出そうになったり・・・
でも、子どもって意外と大人の思いをよそにやっていくんですよね。
ほ~ら切れましたよ。
自分でやったときの笑顔、自信につながりますよね

次からは難しいので、ママといっしょに作ります。

あら?もうできた子が自分の頭にちょっと乗せて 似合う?って見せてくれました。
こちらのほうではもう走ってかざぐるまの調子を点検しているのかな?

 

あれ?走ってかざぐるまがまわることみんなどうして知っていたのかな?
子どもの不思議さに驚きです

本日のかざぐるま作り、大成功!!
お家でもあそんでくださいね。

また、いろんなものを作ってあそぼうね

 



2011年10月25日 posted by yumenbo


クレイデコレーションって!?


 
土曜日に児童館で初のイベントクレイデコレーション』を行いまいた

クレイデコレーションの『クレイ』とは軽量樹脂粘土のこと、『デコレーション』とは装飾という意味です。

児童館だよりに写真付きで載せると大好評ですぐに予約がいっぱいになりました

職員も初の取り組みだったので前日に練習させてもらいました

今回はかわいいお菓子づくりモンブランのストラップをつくります。

じゃ~ん材料です


本物のタルトの生地のようですね・・・

これも粘土で出来ているんですこれは先生が作ってきてくれました



特殊な器具を使ってモンブランのクリームをしぼり出していきますこれもまた本物のようです



それをタルトに巻きつけていきま~す



先生もとっても丁寧にやさしい口調で教えてくださいました職員も、のめりこんでいます



出来上がり~いただきま~す



子ども達も挑戦しますっ 先生の説明を真剣な表情で聞く子ども達


いよいよ作業開始ですまずは粘土に色付け。これはモンブランのクリームになりま~す



粘土の感触を味わいながらこねていきます子ども達の口からは自然と『きもちいい~』という言

葉が聞こえてきましたこの顔見てください幸せオーラがでています



粘土がきれいに混ざったら緑の機械、名付けて『モンブランメーカー』に入れる為に細く伸ばしていきま

取っ手の部分を回すとクリームのようにでてきました



最後は先生が作ってきてくださっつた「ホワイトチョコレート」と「イチゴ」を飾ります
これもクレイを使って作ったそうです

右の写真は余った粘土で『薔薇』の作り方を教わり、『作れたよ』と見せてくれました。

とっても上手




みんなの作品ですどうですかよだれが出てきそうなくらいおいしそうなモンブランが出来上がり



                     記念写真








2011年10月24日 posted by yumenbo


運動の秋


 
 見上げた10月の空はとても綺麗、そして、運動するにも最適の季節。
 そこで、今回は、親子教室で「身体」を使って頑張った子供達やお母さんの特集です。まず最初は3クラスの運動会の様子から紹介します。

 どのクラスもとっても素晴らしい晴天に恵まれ、かけっこ、玉入れ、そして、親子で仲良く魚運びと、声援の声はどんどん大きくなって・・・

   

 気がつけば、お母さん方が夢中で玉入れの玉を握っていたりと・・・・
 センターの中庭は笑いに包まれてしまいます。

    

 4月の最初の頃は、どのクラスの子供達もなかなかお母さんの側から離れる事ができなかったのが、この様子を見ているとウソのようですね。

        

 次は、『和』の林先生をお迎えしての「親子でストレッチ」の様子の紹介です。
 初めは子供達の股関節のチェックや運動を教わりました。
とても熱心に1人1人丁寧に見てもらい、お母さん方もたくさんの質問をしていました。

          

 そして、日頃、育児で疲れている身体をほぐすストレッチや肩こりなどに効くツボなどをしっかり教わりました。
 中には身体が固くて悲鳴を上げる方(・・・と、他人事のように申し上げる私もその1人)もチラホラ。

    

 その間 子供達はとてもお利口に遊戯室の隅で仲良く遊んで待っていました、すご~い。
        
        
         
 
 西岡先生をお迎えして行った「リトミック」ではリズムに乗って親子で楽しい時間を過ごせました。     
 
     

 そして 最後は こ~んな晴天に外遊びをしなっくちゃね。
ご覧下さい、みんなが砂場に夢中でしょう。

     

 小さいお友達だけじゃなくて、児童クラブの子供達も最高の笑顔を見せてくれた秋の一日でした。

      




























2011年10月22日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.