news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >

ポストにぽとん♪


 第2わかば園で~す

9月に入り、ますます子どもたちはパワーアップですよ。
いつも元気な声が部屋中絶えません。
ちょっと前までは季節の変わり目で風邪を引いてしまった子もいましたが、
今は元気に回復していつものメンバーがそろいました。

今日は子どもたちがそろったところで特別プログラム。

おじいちゃん、おばあちゃんへいつもお世話になっている感謝の気持ちを
はがきに書いて送ってみましょう!
・・・の企画です。

さっそく、はがきを目の前にして書き始めました。


お顔がかけるかな?それとも、ステキなもようかな?
子どもたちはちゅうちょすることなくサインペンを動かしています。
もういいかな?・・・っていうぐらい力を込めて・・・
いや、いや、気持ちを込めて書いてくれましたよ
ステキなとっても心温まるはがきがジャーン!できあがり。
ステキ ステキ
きっとおじいちゃん、おばあちゃんは喜んでくれるでしょう。
ママたちも、はがきの下にコメントを書いていましたよ。




 さぁ~、大切なはがきをポストに入れに行こう!


今日はとっても暑い日になりましたが、子どもたちはママに手を引いてもらい
一生懸命に歩きました。
見えてきた、見えてきた、赤いポスト!

道路を横断するときも、しっかりママと手つなぎ
はぁ~い。つきました。
自分の手で袋からはがきを取り出し、順番にポストに入れます。
ポストは高いから、ママに抱っこしてもらい、せぇ~ので入れます。



『ぽとん』って、音がすることに大発見!
みんな、自分で実際にやってみて、とってもいい笑顔です
体験するって体から覚えられるよね。



ちょっと休憩してお茶を飲み、わかばに帰りました。
「おばあちゃん、お手紙」って、今日書いたことを思い出し、
あそんでいても時々思い出し、話してくれます。
よほど、よかったんですね

そう そう・・・

帰り道「これなぁ~に?」っていいながらコスモスの花やつゆ草を見つけたお友達がいました。
そっーと手を伸ばし摘んで持ち帰りました。
小さな手がコスモスやつゆ草で更にかわいらしくみえましたよ。

わかばの部屋に そっとかざっておきましょうね。



おじいちゃん、おばあちゃん、お手紙楽しみにしていてね。

 


 



2011年9月14日 posted by yumenbo


親子パワー全開


 
夏休みの間も沢山の親子さんが遊びに来てくれていましたが、9月に入って最初の教室もさらにパワーupした、子ども達でとても賑やかな雰囲気でスタートを切りました

  
 
      9月の誕生日会からスタートした「ぽにょ」では、4月から約半月の成長を感じられる時期での誕生日会だったので、職員みんなで子どもの成長をしみじみと感じながらお祝いをしました。


        
 
        
秋といえば「実りの秋」なので、さっそく ぶどう 作りを行いました、柔らかい肌触りの“おはながみ”をクルクル丸めて・・・
 
       
 かわいいぶどう園 のできあがり


「くすくす」 では、体操教室に12組の親子さんが参加して楽しく体を動かしていました。
 
最初から鉄棒に触れるのではなく、マットの上をあるいて鉄棒の下を
くぐって準備運動を兼ねて周りの道具の周知に 繋げる佐藤先生の指導は素敵ですよ
  


       

この季節の変わり目は、体調を崩しやすいので皆さん体調管理に配慮して、沢山遊びに来てくださいね



2011年9月10日 posted by yumenbo


敬老のプレゼント★


もうすぐ敬老の日

今日はいつもお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ちを込めてプレゼント

作りをしました モザイクチップで枠作りをした写真たてです

はじめはモザイクチップって何?というところからはじまりましたがタイルと言ったらイメージがわいた

ようです            14色のチップから好きな色をバイキング形式で選んでいきます。

   気分はまるで素敵な奥様 

                            

小さいチップだけどピンセットでやれば簡単今日は指を使ってマスの中にあてはめていきます。

外枠を作るということで幾何学模様でマスをうめていきます。

  はじめは『ん~じれったい』      『ピンセット使いたいなあ。』

              

と言っていた子も『なんだか慣れてきた』   と嬉しそうな顔で黙々と行っていました

子ども達の集中力には関心2色を使って市松模様にしてこだわる子や、全色を使って

可愛くデザインすること様々でした

こんなに可愛く素敵な写真が出来上がりましたよ

                        

裏には愛情がタップリのメッセージが


おばあちゃんは紫色が好きかな  おじいちゃんはいつもお菓子をたくさん買ってくれるなあ。など

二人のことを思い浮かべながら作ることが出来ました


                      

おじいちゃん、おばあちゃんにもきっと愛情が届いてくれることでしょう



そして午後からは、体操教室

今日は跳び箱です

親子参加も多く、お父さんも今日はハッスルとっても賑やかでした 

          


ジャンプ、手をつく場所など細かく教えて頂き、出来ないからやらないのではなく、

やってみようやってみたら楽しかったというきっかけとなれれば嬉しいですね



2011年9月10日 posted by yumenbo


きもだめし~をしたよ!!


 9月29・30日に夏の思い出としてきもだめしをしました

子ども達はこの日のために廃材などを使ってオバケをつくりました

『ねずみ小僧つくるー!!』と言って出来上がったのがこちら前みえないよ~

                            子ども達の大好きな「いったんもめん ↓
    

そして「ドラキュラ伯爵」  ↓             女の子も結構不気味なのを作りました  
  

試行錯誤をかさねながらマイオバケを作っていた子ども達。途中で力が入りすぎて「パチーン」と何度も

風船がわれてしまうトラブルがありましたが、めげずに完成させていましたよ

そして子ども達と職員との超大作「お化け屋敷」が完成しました

部屋の中は子ども達の作ったかわいいお化けや、職員の作ったお墓、そして子ども達が一番怖がっていた

のは・・・・・あき先生が一押しで持ってきて下さった「なまくびー」が沢山飾ってあります

   

いよいよ子ども達の挑戦が始まります・・・

恐怖のあまり男同士ですが肩をくみ合って、いざ突入



入ったとたん生首が「ゴローン」最後には5年生の男の子も大泣きで出てきました

その姿を見て職員全員でガッツポーズ



そうです。職員全員、本気なんです       低学年にはちょっぴりやさしいお化けです



外に出る前には最後の難関、ビックリ箱があります。一つにはクジが。もう一つには木村さんの手が・・・

木村さんもオバケにふんして大活躍でした

『やっと出口だ~』一安心…の一枚  しかし、クジで「はずれ」が出たらもう一度入らなくてはいけな

いんです。これもまた恐怖ですよね

 

涙あり、笑いありの2日間でした。子ども達はグッタリ。。、職員は大満足の良い疲れでした

女の子は「来年もするの??」と不安そうでしたが「もちろんします

男の子は「せんせ~怖い(涙)」と恐怖でおびえていた子も、クリアしちゃえばこっちのものとばかりに「楽しかったー」とクローバーテレビさんにお話していました。(笑)

                  大成功!!!


     



2011年9月5日 posted by yumenbo


9月も早速イベントです。


 

      只今暴風警報中

      児童館には、『子どもがウズウズしているので、行けますか~』と、

      問い合わせの電話を頂いたり、扉の前で愕然として帰られる方と

      とお話しをしたりと、意外と賑やかです。

 
      職員も皆さんもそうでしょうが、早く警報が解除することを待ちましょう。

      今週は夏休み最後の週の出来事と9月1日の活動を報告します。

        

                     

       イベントでは、集団遊び『お札ジャンケン』で、盛り上がりました。

       多い子は31枚『アイスのサーティンワン』と言って喜ぶほど勝ち、

       お金持ち気分になりました。破産した子達も、音楽に合わせて

      応援を楽しんでいました。

     
  
       児童クラブ クッキング 『ヘチマのそぼろあんかけ』を作りました。

       ①ささげをハサミで切る

          ヘチマを包丁で切る


           

  
    児童クラブで育てたささげは、和え物や、カレーに入れたりして、すっかり

   食べることに定着をしています。

   しかし、・・・・・・・・・


    ②へちまの皮をピュラーでむく

                      

       ことには、順番に『やらしてー』とやる気いっぱいなんですが、

       これを食べるの~と、
 
       かなりの抵抗が伺えます。


       しかし、これが、集団でのクッキングの良い所。


       弾けるミンチの音

       香ばしいに肉の匂い

      変化する野菜のしなり具合

      実際に炒める感覚

      味見をして、余計にお昼時間が待ちどおしい

     ふるに五感を刺激します。

     


       『うまそう~』                                      『お願いします』


      活動を通して、みるみる子どもの顔つきが変わっていく姿。

      笑顔になっていく様子が、よくわかりました。


     ヘチマたわし作りは失敗しましたが、まだまだなるヘチマを期待して

    色んな体験や経験をしていきます。


      9月1日のイベントは『クッキング 黒糖ういろ』でした。

    9月の季節行事と言えば、お月見や敬老会、運動会があります。

    手軽に出来て、誰もが好めるもの、

    名古屋といったら、ういろ。

    ということで、イベントをしました。

                 

       黒糖・小麦粉・水を混ぜます。


                 


       ダマをなくしても、こし器でなめらかにします。

       後は、レンジでチン。荒熱をとったら、冷蔵庫で冷まします。


                  

       待っている間にレシピを書いて、食べれる準備万全にしました。

       よっぽど美味しかったのか、足りない、もっと欲しい・・・と、声が聞こえましたが、

       後は、ご家庭で作って下さい。

 
       最近科学のテレビで、ういろ作りを取り上げていました。

      チョコ、バナナ、苺、カフェオレ・・・など色んなバージョンが出来るそうです。

       北河田の子達は、

      でもやっぱり、抹茶ういろが一番作りたいと言う声が上がりましたよ。

      

  


2011年9月3日 posted by yumenbo


夏の思い出


 

夏休みも終わり、今日からまた学校が始まりました

まだ夏休み気分が取れない子もいますが、気持ちを切り替えて頑張ってほしいですね

 

子ども達はそれぞれに思い出を話してくれます

「温泉に言いった~」「映画みた~」「遊園地いった~
などなど

その中に「ごはんたべた~」って…どこに?「泉-せん-」…

思い出にあげてくれるなんて嬉しすぎます

 

実は、夏休み最後の活動で、毎年外食にいこうと決めています。

子ども達は、自立に向けた取り組みを日々積み重ねていますが、
社会を知らずして自立はないという事で、
社会経験のひとつとして外食を行います。

周りの方に迷惑をかけないようや、人に自分の食べたいもの自分意思を伝える事や、挨拶、マナーなど、普段意識して行って来た事をより実践的に学べる機会になっていると思います。

 

今年の夏休みの外食は、夢んぼの目と鼻の先、「泉-せん-」に行きました。

 

子ども達は、初めての場所に緊張しながらも、送迎の時になんとなく見ていたお店と言う子もいて、店内では落ち着いていました。

日頃の積み重ねが活かされてます

 

みなニコニコで、おいしい、おいしいの連発です

      
                            

            
          


     

 

お店の方も「おいしいか~もっとたべてね~」と優しく声をかけてくれました。

 

 

お店の方のご好意で、特別メニューを出してくだり、
こどもも
(職員も)大満足の外食になりました。

 

子ども達が好きそうな物、食べやすい物、席を固めて取っていただいたり、本当に子ども達のために色々考えて頂き、
ありがとうございました。

これからの食べに行きます

 

一番うれしかった事は、お店の方から「かわいい子たちやね、またいつでもおいで、大歓迎やよ」と言ってくださった事です。

夢んぼでは、子ども達が社会に出ても困らないように日々積み重ねています。
子ども達の力を高める事も必要ですが、子ども達を理解してくれる方がいなければ、子ども達の頑張りは、輝く事が出来ません。
子ども達の周りにどれだけの味方をつけるかが大切だと思います。


子ども達の味方になってください。認めてくれる人、理解してくれる人、支えてくれる人が多ければ多いほど、子ども達の未来は明るく大きく広がると思います。

これからも子ども達をよろしくお願いします。

 

泉の皆様本当に感謝しております。ありがとうございました。

 

夏休みの活動で、
大林精工職場見学、
地域活移動支援センターあいさい実習・見学、
北河田児童館交流・清掃実習、
立田子育て支援センター交流、

たくさんの方々に協力をして頂きました。

子ども達の世界が広がった記憶に残る夏になったと思います。

 

本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します

 

子ども達と共にたくさんの事を学んでいきたいと思います。

 

これからもどんどん子ども達の頑張る姿を発信していきます



2011年9月1日 posted by yumenbo


残暑の厳しさにもめげず・・・


 29日、月曜日は朝から晴天に恵まれた一日
この恵まれ過ぎた明るい太陽の光、熱中症が心配ですが、
        この日は立北の夏まつり
                     
 
 
 当日、夏祭りのオープンに先立ち、私たち職員は「夏まつり」が手落ち無く進行するように綿密な打ち合わせのため、真剣な表情でミーティング。この時点で、子供たちの来館よりも早く、各職員の意識の内では緊張感も高まり、すでに「夏まつり」の本番モード。
 いつにも増して、「夏まつり」を子供たちが安全、安心に満喫出来るようにしなければいけないところ。
 そうしているうちに、子供たちがやって来ました。
 

 「夏まつり」がスタートするまで、子供たちは自由遊びに夢中、暑さも気にせず元気なもの。
 
 いよいよ、時30分、「夏まつり」のスタートです。

 
 午前のメニューは、遊戯室で行われる「輪投げ」と屋外に用意したプールを使って行う「ヨーヨー釣り」、「スーパーボールすくい」
 2グループずつに分かれて、ゲームを交代します。
「ヨーヨー釣り」はみんな上手に出来ますが、「輪投げ」「スーパーボール」は少々、勝手が違う様子。
 それでも、取れなかった子にもヨーヨー、スーパーボールをもれなくプレゼント。
 子供たちは楽しそうです。
          
 ひと通りゲームで遊んだ後は水分を補給しながらの休憩タイム。 そして、昼食。
 献立は、おなじみの「流しそうめん」
子供たちは暑い屋外でのお昼にもかかわらず、みんな美味しそうに食べること、食べること。
  
 こんな子供たちのお昼の様子を撮影して頂いたクローバーTVのスタッフの方にも「そうめん」をお勧めしたところ、「私もよろしいんですか?」と恐縮しながら召し上がり、ひと言、「美味しい
 子供たちよりも喜んで食べて頂けました。例え、「美味しい」の言葉がお世辞だとしても、私たち職員の方が逆に恐縮し、感謝しなければいけないのかも・・・
 そして、続いて、「スイカ割り」の様子はこの通り。
          
 
 「流しそうめん」やら、「おにぎり」、「デザート」もひと通り食べ終えた子供たちは「スイカ割り」にも大満足
 ところが、朝からの心配は的中、残暑とは思えない暑さには白旗。
さっそく、全員が屋内に避難、各々でお昼は続けられました。

 
 
 午後は、「大道芸」を遊戯室で観覧。
おなじみのバルーンパフォーマンス、皿回しなどに子供も私たち職員も感激し、大喜び。
 中でも、この日、朝はいつもののように掃除を済ませ、あと片づけにも懸命だった加藤君。 休憩を兼ねて、子供たちと一緒に観覧していましたが、ひょっとしたら、子供たちよりも誰よりも「大道芸」にハマっていたのは彼かも・・・
 
 

 
 
      
           しかし、観ている全員を夢中にさせた「大道芸」もッと言う間に終わり、ちょっと寂しい感じ
 大道芸のおねえさん、本当にありがとうございました。
また、立北に来て欲しいなぁ

 こうして、9時半に始まった立北の「夏まつり」のメニューもまもなく終了。
「輪投げ」で子供たちが獲得した点数を発表、順番に景品をもらうときの子供たち一人ひとりの笑顔は職員にも嬉しいもの。
 その後は、みんなでポッキンアイスを頬張り、打ち上げです。

 一日を無事に終え、子供たちの夏の思い出の1ページを私たちはプレゼント出来たかな、と職員一同、願っています。

  最後に、この日の立北の「夏まつり」、こんな記事にして頂きました。
                                                                                             (中日新聞・30日付の朝刊)  

 

  


2011年8月31日 posted by yumenbo


夏といえば・・・・


  
 夏といえば・・・やっぱり「花火」を見ながら「スイカ」を食べることですよね。
 先日の第2夢んぼとの交流では、「ちぎり絵」をパネルに貼って、「ヒュ~、ドカ~ン」と聞こえてきそうな大輪の花火ととっても大きくて甘そうなスイカをお互いに秘密にして2グループに分かれて制作しました。

 スイカチームは児童クラブ室で、まずは皮の部分から開始、どんどんちぎった黒い紙を貼って、貼って・・・「先生~糊が無くなったよ~」の声が続出・・・それでも、みんなで頑張り何とか完成、もう1つは中の赤い実、黒い種も貼って互いに合わせたら出来上がり~。                      もちろん、みんなで一斉に大喜び。
 もう1つのグループは遊戯室で花火作り、先に花火の形に糊を塗って、カラフルなちぎり紙を大胆にドサッとかぶせて手でペタペタ。
パネルを立てて、いらない紙を落とし、また、同じ作業を繰り返すというおおらかな作り方、でも、完成は見事な出来栄えです。

    

 お互いに出来栄えを見せ合い「おおきい~」の歓声が上がります。

    

 どうですか?
素晴らしい出来栄えでしょう。
 今、スイカは立北に、花火は第2夢んぼにありますので、見に来てくださいね、ぜひ。
 そして、夢んぼの皆さん、また一緒にやりましょうね。

 夏休みも残り僅かとなり、子供達は宿題の追い込みで児童クラブをお休みする子もチラホラ。そんな夏休みに、お母さんたちに好評だったのが毎日の『読書』タイム。持参した本を30分間、静かに読んで過ごすといった、毎日の少しの時間を続け、1人で何冊も読み終えた子もチラホラ。
   
        

 少しでも、本を読む楽しさをわかってもらえたかな?

 また、親子教室の広場にもおじゃまさせてもらい、一緒に触れ合いながら遊んだりもしました。
 0歳児のかわいい赤ちゃんたちと楽しそうな笑顔で遊ぶ子供達を見ているお母さんたちにも優しく微笑んで頂けました。

    

  たくさんの夏の思い出をセンターの児童クラブでも味わえたかしら?

 29日はこの夏休み最後のイベント、『夏まつり』をみんなで楽しもうね。

















2011年8月27日 posted by yumenbo


夏休み☆ラストスパート☆


なが~い夏休みも残り少し

 子ども達からは『宿題終わったからあとは遊ぶだけ』という子もいたり『やばい』と追い込み

している子の声が聞こえてきます。

児童館でも毎日、集団遊びや工作を楽しんでいます。

こちらは新聞ビリビリ対決手先をつかって集中集中一番長くちぎれた子が優

勝です

  

こちらは『タワーを作れ

二人ペアで協力してスポンジを運び、フラフープの中に積み上げていきます

     

タワーの高さで勝負するゲーム★

応援席からは仲間からの『下から二番目がバランス悪いよ』などのアドバイスが飛び交います

  

慎重に積み上げていく子ども達の姿はとても可愛かったです



工作おじさんと遊ぼう『ブンブンごま作り』ではサプライズのクローバーテレビさん

の登場に大興奮の子ども達

牛乳瓶のふたとタコ糸を使ってどんな模様を描いたら回ったときにキレイに見えるかを、考えながら

イラストを描いていきました。

テーマ『耳を澄ます』ということで工作おじさんが用意してくださった缶の音を楽しんだり、友達同

士耳元で音を聞かせあいをして音の違いを楽しんでいきました。

                                

エンジンがかかるまでは難しい子もいましたが、かかり始めたらみんなブンブンごまのとりこになって

いました    出来上がった作品をもってみんなでハイチーズ


                                  

このときの様子はクローバーテレビにて★お楽しみに


こちらは児童クラブの子が博物館に行って買ってきてくれたなんとも不思議な卵

卵を水に浸しみんなで実験中興味津々のこの表情

                       

次の日の朝、なんと卵がひび割れ恐竜が顔をだしていました




恐竜はまだまだ成長中ですどこまで大きくなるのかな



先週と今日は、夏らしいクッキング★『白玉フルーツポンチ』を作りました。

白玉といえば白いものをイメージしますが、今回は紫色と、ピンク色のものを作りました

ヨーグルトのブルーベリーとストロベリーを混ぜ込んだんですよ

         

白玉が沈んでいるところから浮かんでくる様子もしっかり観察しました

子ども達は生地を作っていたときのネチョネチョ感から、湯から引き上げた時にはツルツル感に

変わっていたことが感動だったみたいです

今回はソーダ、ガムシロップを味見をしながら加えていき、グループそれぞれお好みのシロップ

を作っていきました   

                                 

みんな大満足のシロップの味が出来上がったようで喜んでいました


                                   


23,24日には第二夢んぼの中高生が掃除実習に来てくれました。

トイレや玄関、室内の掃除機がけを丁寧にしてくださいました。

働いたあとのみんなで食べるご飯は格別とても美味しくいただけました

                     
  中学生のお姉さんに箸ケースを直してもらっていますありがとう。

最後はカルピスでみんなで乾杯をしました

                  

全員と握手をし、また来てくれることを楽しみにしている子ども達です

第二夢んぼのみなさん、二日間ありがとうございました。







2011年8月27日 posted by yumenbo


☆体験・経験☆


 
      夏休みも後半となりました。

    児童館へ旅行のお土産を持ってくれる皆さんがいます。

       どうもありがとうございます。

     今年の夏もいっぱい思い出が出来たことでしょうね。

     家族や友達での一緒な経験もとても大事です。

    児童館(児童クラブ)での思い出はまた、ここでしか味わえない体験です。

   児童館職員も・・・・・


                    思い出に一枚

                   
                            
                                                             児童クラブ2年生女の子撮影

                作品名  『あれ?ドサクサに紛れて移りこんだな』 


                そしてもう一枚

                           

      
                作品名『 キャラが濃いなぁ』・・・・・

        と、お揃いのポロシャツで夏の目玉イベント『デイキャンプ』を無事に終えた

        空元気と達成感の後ろ姿です。


          子ども達は、

                  


                  


            3年生のリーダーがとても立派で、どこの班も協力し合え、

           チームワークの良さと思いやりのある姿が見られたいい一日が過ごせと思います。

           誰1人とケガもなく無事に終えれたことがなによりです。

         児童クラブ(46名)と講師4名、児童館職員(7名)分を作ったカレーは、あっという間に
 
          なくなりました。『とてもナイスなお味でしたよ』

                   


         振り返りの絵日記では、

                 ・また絶対にやりたい。

                 ・レクレーション(タオル遊び)が楽しかった。

                 ・スイカ割りが1発で割れたのが『すごい』と思った。

                 ・先生また来てね。

                 ・めんどくさかったけど、今度は違う係りをやりたいです。

        など、子ども達から感想の一部です。作品は、

        児童クラブの部屋に飾りますので、また絵と一緒にご覧下さい。



       もう一つの経験
   
      第2夢んぼ(学童)と交流会をしました。

      


       名刺交換をしたら、もう仲良し。私のお気に入りの写真です。

      子どもの壁の薄さを感じます。

     

    4人で協力して障害物リレーをするこのチーム。

    次は私の番よと、スタンバイして待ってます。

   

    


   また来てね~とお互いが名残惜しくて、なかなか帰れなかったこの場面。

  帰った後、『今度はいつ来るの』

               『第1夢んぼはどこ?』

              『第1は、俺らか?』    


  それだけ、子ども達は、楽しい思い出と、お友達が出来たんでしょうね。

 

    交流での課題は、競争心も大事だけど、

   相手のペースに合わせて最後まで協力する心です。



   集団遊びを通して養っていけたらと思います。


2011年8月20日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.