news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

般若心経


今日の<地活> 利用者が少なく雨だった事もあり プログラムの変更 変更で初めての試み 「写経」をやりました 最初みなに抵抗があるかと思ってましたが なんのなんの あのうるさいN(よびすてが似合う)にいたっては 写経どころか読経までできるとは たまたま私が僧侶の知客職という資格を持っていて(自慢げに…) 金田先生が般若心経を空で読めるということもあり 急遽プログラムに取り入れました 最後Sさん(几帳面の極みの様な人)が書き終わるまで 約1時間 本当に頗る充実した時間が流れました
このプログラムがみんなの心を一にして 平穏な時と安心立命を迎事できるよう 大事に育てたいと思います

画像は真剣に「写経」に取り組む ご利用者さんと指導にあたる金田先生 またその作品 







2008年7月8日 posted by yumenbo


七夕の会


7月5日、第2夢んぼで「七夕の会」を行いました。メインは涼しいおやつ作り!!となんと云っても外せないのが、恒例となった?職員の小劇で「織姫と彦星」のお話でしたよ拍手
季節を感じるおやつは昔懐かしい?(ところ天)と(ババロア)です。午前中に作りお昼から(ところ天付き)・・今の時代には貴重な体験ですよね。子供たちは職員の見本を見るなり「ワァ~っ!!」と一気に歓声と笑顔が花咲きました。実は職員にとっても天草からのところ天作りに不安も感じてました・・
でもそんな苦労も何のその!?子供達の花咲き笑顔で周りがばら色へと変色しました。
今回の行事は、何時もにも増して、子供達のみならず、職員も(天草からのところ天という不安も大きかったので)十分に楽しめたのでは!?


2008年7月8日 posted by yumenbo


笹やかでタノシイ



「今日まで親に心配をかけてきてすいませんこれからはお母さんと努力してやっていきたいです」
「彼女が早くできますように 出会いますように」
「毎日楽しく笑ってすごせますように 」
「自分の居場所が安定しますように」
「早く働けるようになる 就職をがんばる」
「健康でいられますように子どもも元気でいられますように」
「ないとうまき先生がだいすきです ビチン」
「見えない将来に良き出会いを」
「センターの皆さんが全員自分に合った仕事が見つかります様に」
「七夕の灯に板の間の西瓜かな」
「星に願いを少しでも早く仕事をみつけたい恋とかもしてみたいです友達も作りたい」
「きくちきくちょうがだいすきです」
  などなど みんなの願いがいっぱいいっぱい書かれた短冊 センターから 遠い遠い天の川の空に 流れていくのがみえました…


素麺作りにはげむ NとA 金田先生指導のもと 協力してネギをきざみました 素麺も二人が茹でました 本当においしかった


ボール二杯目をかたづける 加藤君とSさん 食べるはたべるはふたりで3束以上 それだけおいしかったんでしょう、、、

ほんの短い ささやかな 楽しい時間はあっというまに すぎていきました
短冊に書かれた 本当だったら 何もむずかしくない 明日にでも全てがすぐ叶うこと… きっときっと願いは あの星に届くでしょう…

私の故郷 仙台七夕より綺麗な七夕飾りの下で願い、そして祈りました


2008年7月8日 posted by yumenbo


七夕会にて、Aさんの活躍ぶり


七夕当日、地域活動支援センターでは、そうめんを茹でて、昼食時に皆さんでいただきました。


普段は、すごくマイペースなおっとり型のAさんですが、器用な包丁さばき
で、浅葱を刻み、職員を驚かせたようです。そして、普段から多弁で落ち着きの無い、Nさんは、年下の彼女に仕切られていたようです。冷や汗

やがて、金田先生の指導の下、美味しいそうめんが茹であがりましたOK


相談員Bが、ジョブコーチから戻ると、すでに食堂のテーブルにどんぶりいっぱいのそうめんが、並べられていました。ゴチになりまーす拍手
本日実習に行っている二人の分までいただきました。すいません楽しい


皆の願いをこめた、七夕の笹飾りの下で、美味しいそうめんをいただくことができました。ラーメン



食事の後片付け、食器洗いもAさんが最後までやってくれました。本当にご苦労様。自慢げな横顔を見せてくれました。グッド

毎日毎日、色々なプログラムの中から、隠れていた適性が見えてきます。われわれは、それをしっかり見つけていくことが必要ですね。OK

本日の活動写真は相談員Aさんにお任せします。ラブラブ




2008年7月8日 posted by yumenbo


見てもらいました



子ども達の願いをこめた短冊が 笹竹を飾り 全ての熱気と雰囲気の風
に ユラユラと揺れている中 海津市からお見えになった福祉関係に携わる方 20数名のお客様が 「夢んぼ」を訪れました



有りのままの姿をみてもらえばいいという 局長の考え通り 何の演出もなく 普段通りの職員の動きと利用者に対する行動は きっと見学者の方達に好印象を持ってもらったと思います 



事業内容を事細かに説明する局長に対して 鋭いそして「夢んぼ」のやりかたを素直にうけいれようとする質問が ところどころから挙がった
人的配置の大切さ 人員確保の重要さ 人材登用の大事さなど さいごは人と繋がり関係が全てを支配することを 再認するとともに 「夢んぼ」の存在の大きさをあらためて自覚した



昨日出勤された 特別支援学級 学童 中高生担当の職員と関係者の皆さん
本当にご苦労様でした
 


2008年7月6日 posted by yumenbo


お伊勢さん


定例会議 第7回 お伊勢さん(職員ミーティング)が「夢んぼ」本部で 職員10名 オブザーバー(日本福祉大学学生)1名 計11名出席のもと開催されました 

恒例により 職員、職員家族、夢んぼ関係者各位の無病息災を祈願して
局長の後に続き 全員で神棚(お伊勢さん)に作法通り 二拝二拍手一拝を行った
その後 これも恒例の局長による 「月のはじめにあたり」の話、加藤次長
の「7月の行事予定」の報告をうけた

先月にも増す 各事業所の諸々の行事予定の確認も滞りなくおわり、今会義のメインテーマでもある
「各事業所におけるキャッチコピー 信条・理念の考え方」の発表に移った

各事業所担当者 それぞれの熱い熱い信条 真剣なキャッチフレーズ 理念が語られ 最後に局長のまとめにより 会は終了した



そんな中で <地活>の思い描く 信条(願い)は

  一度しか生きられない人生 勝ち組にならなくてもいい

  人の<>を大事に、大切にし 力強く 堂々と

  前を向いてあるいていける、、、 そんなおおきな大きな

  <>をつくりたい


キャッチフレーズ(気持ち)は

  昨日を 振り返り 過去に学び

  明日を <夢>みて 未来に馳せる

  今日を 力強く  現在を生きる





2008年7月3日 posted by yumenbo


今日を生きました…



午前中 <地活>では石井統括 金田先生指導の元 短冊にそれぞれの願い事
を筆ペンで書き 七夕の笹竹に結びました
「家族が仲良くなれるように…」
「センターに来る 皆に健康と幸せがくる様に」
「漢字がかけるように」
「天の川流れ流れて黄泉の国」
 などなど ヒラヒラ 風にゆられて キラキラ サラサラ

夕方からは 本部にての<地活> 
ここでも一生懸命 裏方にまわって 今日を生きました…
レセプト 銀行支払いの事務処理 書類の処理などなど、、、
「夢んぼ」の裏の顔



「うわーっ! キャーッ!」
ボールを投げてくるは 走りまわるは ころげるは かくれるは
現場前面にたって Iっくんたちを療育し 今日を生きました…
「夢んぼ」の表の顔



「俺の耳 みてくれーーーい 流行のピアッなんとか」(6個で157円)


「私の耳 みてくださーーい 流行のピアス」(高価)


この二人も 今日を生きました…… 一生懸命みんな今日を生きました=====


2008年7月2日 posted by yumenbo


ボランティアさんありがとうございました


本日、立田北部子育て支援センターでは七夕会が開催されました。楽しい

なかよしクラブの元気な子供たちとママさんが大勢参加して下さいました。ありがとうございました拍手

そして、今日は、バルーンアートのボランティアの宇籐さんが七夕会を盛り上げてくださいました。拍手


きらきらの衣装を身にまとった宇籐さんに最初はびっくりしていた子供たちですが、細長ーい風船が次から次に形を変えて出来上がるたびに、かわいい目が、釘付けになりましたよ。ラブラブ

元気な男の子たちは剣を作ってもらい、『エイエイ!』とチャンバラごっこ。

女の子はお花や動物、ハートのかごに入った小鳥、自転車などなど・・・興味津々。見るもの見るもの欲しそうな顔、顔、顔・・・

1時間あまりでしたが、参加してくれたお友達みんなに色々な形の風船を作って下さいました。

楽しい時間を本当にありがとうございました楽しい

次回は、手品も見せていただけるそうですよ!

細川館長さんはじめ、職員の皆さん細かい心配りご苦労様でした。

ママと作った笹飾り素敵でしたよ。


(すいません、デジカメの写真が『うめの顔』ばかりでした。たらーっ






2008年7月1日 posted by yumenbo


突然の贈り物


 第2です!

今日突然電話がなりました時計

「キーボード壊れてますよね?」

「リサイクルショップでは引き取ってもらえまstんでしたが・・・

まだまだ使えるキーボードあります汗

よかったら・・・どうですか?

なんのことだか・・・?さっぱりの私冷や汗

わざわざ第2まだ届けていただきましたスペード

「犬山からきました」

はい??????

ビックリです嬉しい

これも必然の出会いでしょうか・・・



本当にありがとうございましたハート

こうしてみなさんの協力で支えていただいているな~と実感しましたラブラブ


2008年7月1日 posted by yumenbo


今日の日中一時支援






「なにしてるの? はやく着替えろ! 今日お風呂掃除だろ!」
「こっちのほうがいい だってK子が悪いんだもん、、、」
「なにがあったの?どうせS太がさきに手だしたんだろ!」
「どうせまた 泣かされるんだから」
「だってK子がKになんだかんだ…」

毎日毎日くりかえされる 見慣れた光景 こっちでは 何があったか 全く事情が飲み込めない 地獄のような… ただ泣き喚くN(よびすて)の姿



「今日の日直さんとおやつ当番をきめます」
「やりたいひと!!」
「はい」「ハイッ」「は~い」
「じゃんけん—–]
「あっ K子 あとだし だめ!」
「ちっ がが う … … だだし  てな===いい」


こうして 中高生たちは 八開老人福祉センターのお風呂掃除へと 一応仲良くむかっていったのです

職員のみなさん 毎日毎日 ごくろうさまです、、、、




2008年6月30日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.