news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >

今日は落ち着いていたよ。


今日のスポットはK君・・・活動はボーリング(今日のピンは、小ペットボトルに子供の顔、動物の顔、野菜の顔を描いて紐で縛ったピンで変化をつけました)。名前を呼ぶと自ら椅子から立ち上がり、ピンをセットしたテーブルにスタンバイ。自ら投球・・・ん、遠いな~と思ったのか自らピンの側までトコトコと・・・ピンとボールが隣合わせに・・・それでもピンは1本も倒れてくれません・・・ついに自らの手でピンを倒しましたラッキー

久しぶりに学童に入られたH先生、(いつもK君の見守りを担当してくれている)KN君も、本日のK君の行動にびつくり!?!?
KN君は「ケー君が一人で出来た!すごいすごい!」の連発でした。

K君・・・「僕、疲れるから昼ねもするけど、いつも皆のする事を観て参加してるんだぞー」


2008年7月17日 posted by yumenbo


夏。


特別支援学級部門です猫


昨日7月16日はかなりレトロな夢んぼの部屋を少しでもかわいらしくしようと、子供たちに協力してもらい、夏っぽい壁面づくりをしました家

折り紙であさがおを作り、紙を葉っぱのかたちに切ってもらいましたチョキ

少し難しく、途中嫌になりそうになっていた子も中にはいましたが、出来上がったときには、

「持って帰っていい?」

ととてもうれしそうにしていましたよつばのクローバー

子どもたちには申し訳ないのですが、持って帰らず、しばらくは飾らせてもらいます星


その後、Iくんのおうちからいただいたスイカでスイカ割りにチャレンジグッド

すんご~くもりあがり、すんご~く団結しました拍手

パカンっと割れたときのみんなの喜びようはすごかったです楽しい

その後、みんなでおいしく頂きましたおてんき

ものすごく甘くてびっくりでした星星星

Iくんのおばあちゃんいつも美味しい野菜をありがとうございますラブ


2008年7月17日 posted by yumenbo


局長ファイト!


今、愛西市の福祉の充実を図るべく施策の検討が、毎日、センターで市福祉課、わかば園、社協等、関係機関の間で行われています。

自立支援協議会の設立に向けて、市を中心とする、関係機関が集まり、各それぞれの部会運営、それをまとめる運営会議、定例会等、どこの機関が、中心となるかを検討しています。

現場の多くのニーズを、関係機関を交えて検討する。利用者本位を重視し、一人の支援を必要とする方の周りに沢山の関係機関がネットワークを作り支援する。最終的に、その人らしい地域での暮らしができるよう、地域を動かすことが、できたらすばらしいことです。

その中心的な役割が、どこに位置づけられるかで愛西市の福祉は決まるでしょうね。

私たちの夢んぼの事業所はどの事業所もこの自立支援協議会の中で、守られていかなければなりません。

夢んぼの事業を愛西市にしっかり根付かせましょう
そして、現場の声を届けていきましょう。



2008年7月16日 posted by yumenbo


学童部から。


 ご対面の時にはすでに両足で箱回しがプロ並みのR君・・・愛用の箱(当時使用のイス)も何時しかボロボロ。何かないか?道具箱があった!と思ったのか、足回しに使い始めた。それを徐々に真似ていったMチャン。何度も何度も代用箱と言葉かけをしていくが、気がつくと道具箱・・雨雨

こちらも負けじと小型ダンボールをR君と共に奇麗に変身させた。相性はどう?何とか受け入れOKさ、次はMちゃんだぁ~ 夏休み前までにプレゼント出来るかな~ぁ

今日の学童部は「フレンチトースト」作り。活動は全てですが、出来る範囲内で、無理なく全員の子にその子の出来る過程を体験させています。言葉かけだけで出来る子はわずかです。殆んどの子は1対1の個別指導です。

♪「いただきま~す」=今やっと皆揃って出来る様になりましたお年玉

 * カメラワンパクざかりの部屋、、、なかなか思いつかないのが現実です。首を長~くしてお待ちくださいね美容室


2008年7月16日 posted by yumenbo


5人の誕生日


 


今日は 手作りケーキ(玉子8ケ入り)で 5人の方々の誕生日会を 慎ましく 心は盛大に<地活>で行いました 女性群6人による オリジナルケーキ あちこちからもれる 味にたいする 感嘆の声 やればできる自信作  


和やかな歓談のあと ひとりひとりに手渡された 心のこもった色紙に書かれたメッセージ 
「会えてよかったです」
「お誕生日おめでとうございます 一日一日ありがとうの気持ちで過ごしてください」
「出会いに感謝しています」
「○○さんの上に幸せが来ます様に お仕事がんばって」


本当に本当に みなさん いい出会いができましたね…
これからもみんなで助け合って がんばっていきましょう、、、

誕生日を迎えてのそれぞれの抱負
加藤 望君 7/16
「ぼくはこれからも一生懸命頑張ります よろしくお願いします」

T子 7/8
T子「これからも皆と仲良くできたらいいです」
職員「仕事も頑張らないといけないネ」
T子「はい!!頑張ります」

M子 7/26
「私もこれから皆と仲良くしたいです」

K子 7/15
「木村たくやさんのようなかっこいい人とめぐり合いたいです」

F田さん 7/2
「仕事で参加できないのですが みなさんによろしく ここにきて本当に良かったです」





2008年7月16日 posted by yumenbo


花舞台



「しゃぼん玉」 あの子とこの子の夢乗せて 風に吹かれてフワフワと====
「Kちゃんもふけたよー もう一回」
めっきり丈夫になった足 昨年の今頃 あの子は「車イス」…
学童のプログラムのひとコマ 「しゃぼん玉」デビューをパチリ




駄菓子やさんへの買い物ツアーのあと 中高生の部屋
 N(よびすてが似合う)にねだる もとい 甘えられる 花井所長
「あーん これも あれも 」
「いやーー ご れ あべる あーーーん」
幸せの二人を パチリ





「いつも すみません あとかたずけさせて」
「なにを おっしゃる おかめさん(おかみさん?)これしき」
ノコギリ片手に 七夕の竹の始末を算段をする ドライバーさんたち

そのまた あとをきれいに掃除する パートさん 

日中一時支援を支える光景を もうひとつパチリ

表舞台だけが花舞台ではない 裏舞台こそが 本当の花舞台…
そう 強く信じたい、、、 

 


2008年7月16日 posted by yumenbo


たくさんのありがとう


 いつもいつも感ずる・・・感謝の気持ちラブ

ありがとうございます。

子供たち・・・とっておきの笑顔でいつも元気をありがとう。

先生方・・・いつも快い力を頂き、ご協力ありがとうございます。

補佐の突然の訪問に「え???どうして?えええええ~~~~」と

笑顔いっぱいの子供たちです。

ドライバーさん・・・竹を切っていただいて片付けをしていただいていまし

た。ありがとうございます。


ホントにたくさんの力があって成り立つ毎日です。

ありがとうございます☆


2008年7月15日 posted by yumenbo


シャ~ボン玉とんだ~♪ 


学童では、昨日の活動内容を変更した際、今日の活動を確認せず、連日の「シャボン」になりました、、、でも昨日昼寝で参加出来なかった子、前日の疲れを引きずってた子もいたので、また、新鮮なシャボン玉が出来た様。

今日は利用児も少ない分、危険性も低いので初めて戸外で(Pの片隅)挑戦きのこオレンジきのこレッドいつもの窓辺とは、やっぱ違います!!

K君も挑戦です。職員と共にフーっ、ふーっ、ついにフガープシュー
K君自身もビックリくり?そしてにーーつこり。シャボン玉デビューしました祝送迎時に母さんに何気なく聞きました。やはり本日がデビューとの事でした。ヤッターーッですね。おめでとうでした~ケーキ2
   ほんわかニュースでした。


2008年7月15日 posted by yumenbo


学童部屋より


いや~ぁ、今日の暑さは格別でしたね・・皆さん、健康状態は大丈夫ですか?健康面の自己管理もさらに引き締めないと!ですね水泳

今日は熱中症の恐れも考えられたので、活動「公園」行きを「シャボン玉」に変更です。学童部はシャボン玉は大好きOK
U君は性格がらいつも大きいシャボン玉を、それはそれは丁寧に作ります・・・
M君は気分不良が回復し、勢いよくシャボンを楽しんでたんだけど、大きなシャボンが目に止まりました。さ、どうする?冷静はM君、アッという間にクリアです。こちらの本音はもう少し、悩むM君を観察したかったなたらーっ
こちらでは、すっかり体調回復のD君。前回は「上手くプシュー出来ず、見る」だけだったけど、今日は職員の働きかけにOKの姿勢。勢いのあるフガープシュー成功です祝
大きいシャボンを近づけると、愛くるしいお口でプシューチュッと!!

天使の被写体に思わず、H先生ジョギングカメラ
でも、シャッターチャンスは失恋・・・の可能性(大)の様。

子供の行動を(追って)観ると、微笑ましい笑顔をもらえますよね。だからこちらも一生懸命の姿勢で・・・さ、明日も頑張れるなイケテル


2008年7月14日 posted by yumenbo


第4回運営委員会


11日(金)午後3時より立田保健センターにて、運営委員会を開催した。

出席者は佐織養護学校より、安藤先生、佐屋小学校より、早川先生、ハローワークより、宮澤統括、津島保健所より、佐々木主査、愛西市福祉部社会福祉課杉課長、横井係長、社会福祉協議会より、水谷福祉相談支援員そして当事者代表として、夢んぼ、加藤次長。犬飼センターの司会進行により、次第に従い、進められた。
最初に杉課長がの挨拶により、行政と支援センターの協同を強く強調。

委員の選任と自己紹介の後、ハローワーク宮澤統括より、障害者の雇用状況の現状について説明を受けた。19年度、障害者36名登録、18名が就労。300人以上の企業について1.8%の障害者雇用率が定められているが、現状、19年度、全国、1.55%、愛知1.48%、津島管区1.61%と雇用の低さ示しているとの事。

最後に菊池局長より、今年度4月から6月までの事業報告。続いて、事例から就労者の課題として、2事例を上げ、精神障害者の就労支援の難しさ、家族支援の必要性、病気が引き起こす社会生活の危機的状況、繰り返される苦難等などについて紹介。センター支援の内容、経過を説明し、各関係機関の専門職からの意見、連携、支援内容などの意見をいただいた。

定期的に開催される委員会であるが、今回、4回目を迎えた。今年に入り、精神障害者の相談件数が多く、対応に追われているのが現状。また、その方々の受け皿としての地域活動支援センター事業の必要性と位置づけが重要となる。そして、センター事業の継続、発展のためには、今後さらに、連携によるネットワークての支援の必要性が期待される。





2008年7月14日 posted by yumenbo


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.