news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >

土曜日余暇活動☆ws地活☆フラワー・アレンジメント


5/26(土)     今回の土曜日余暇活動は、芸術性を追求してしました。 放課後等デイサービスの職員、森さんを講師に招いて     「フラワー・アレンジメント」をしました。       活け花のケンザンの代わりに、 硬いスポンジを使ったオアシスを花瓶に入れ、 生花を活けていきます。     まず、生花や葉っぱの茎をハサミで、切り口を斜めに切ります。 メインのバラの花周りに、小花や葉っぱを活けていく 1人ひとりの感性やイメージをアレンジしていきます。 始めは、一本目をオアシスに活けることを緊張された様子で、 勇気を出してさせません。       活けていくうちに、個々のイメージが湧いてきて 出来上がった作品はどれも素敵な活け花になりました。                                                   地域活動支援センター ws  中野孝子


2018年6月2日 posted by ワークステーション夢んぼ


ワークステーション就労B【新しい仕事】


ここ最近ワークステーション就労Bの皆さまには、新しい仕事や、やったことない仕事にチャレンジしていただいています。

今回は、その一部を紹介したいと思います。

まずはこの方。

   

これは製品の自動検査の仕事になります。この方はこの仕事を4月頃より本格的に担当し始めました。

製品を検査機にセットすると、検査機が製品寸法を自動で検査してくれます。

     

自動で検査してくれるとても優秀な機械ですが、機械の動きに合わせてリズムよく製品をセットする必要があります。

「一日1,400ヶを目標に頑張ろう!」と目標を掲げて、日々取り組んでいただいています!時に目標達成出来ない日には、悔しい思いをすることもありますが…

 

続いては、この方。

彼はこの仕事を初めてまだ一週間足らずとなります。

   

この仕事は、検査をしながら製品の中のバリを取る仕事になります。

やり始めてまだ日は浅いものの、非常に手際よくこなしていただいています。

 

その他にも、測定具(ノギス)の使い方を新しく覚え始める方や、

   

今月から始まった新製品を新たに担当し始める方等、

 

ワークステーションの工場にはまだまだ紹介しきれないほど多種多様な仕事があります。

仕事の状況や利用者様の状態を見極めて、

「次はこの仕事にチャレンジしてみたらどうかな?」

と声をかけながら、仕事の幅を広げ、日々成長していきます!(^^)!



2018年5月31日 posted by 第2夢んぼ 池田 久生


ワークステーション夢んぼ 放課後等ディ ティッシュケース作り


身だしなみチェックが日課になり、 ポケットティッシュも鞄に入っているのを見かけます。 マナーとして、持ち歩きすぐに使えるようにしたい そんな想いからポケットティッシュケース作りに挑戦しました 「ボックスティッシュ持ち歩く?」の問いに 「大きくて持ち歩きにくいです」 「服のポケットに入りません」 そうなんです!ポケットティッシュってありがたいですね 携帯できるティッシュケースを自分で 皆さん作る気満々です まず柄の違う生地選びから 中表に合わせクリップで留めます 糸は二本取りで玉結びをします うっ!結構これが大変です 今回は丈夫に使いたいため、 半返し縫いで行いました 点線に沿って針を布地上側から入れ、 下側から出し半分戻ってまた入れる、、を 繰り返していきます。 生地の端までいったら玉留めをしますが、 これも大変 「痛っ」という声がちらほら 折り返す部分をアイロンで折り目をつけ 表裏をひっくり返します ティッシュの取り出し口を合わせ その両サイドをまた半返し縫いしていきます    アイロンをかけ形を整えたら また表裏ひっくり返して完成です     皆さんの前で大変だった事や 頑張った事、工夫した事など発表し合い 「僕も玉結び大変でしたぁ」 「家族に見せます、、あっ、でも弟欲しがるかな」 「これからは、ティッシュ入れて持ち歩きます」 などなど 最後まで頑張って自分で作れたという 自信と喜びに皆さん大満足なご様子でした 是非ぜひ10年20年と長~く使ってくださいね   WS放課後等デイサービス  上部直美              


2018年5月24日 posted by ワークステーション夢んぼ


新しい仕事に挑戦していきます★ws地活


ws地域活動支援センターでは、毎日、切れる事がない仕事のひとつに、筧工業のゴムチューブへのクリップ入れがあります。 このゴムチューブは、色々な車種に合わせたボンネット部分だったり、トランク部分だったりと長さもゴムの固さも違うので、作業をする前に勉強が必要になります。 今回、新しい備品の作業が始まる事になり、筧工業のお二人がご指導に見えました。 少し難しい種類でしたが、職員、みなさんも真剣に学び、挑戦していくことになりました。 ws地域活動支援センター 中野孝子  


2018年5月19日 posted by ワークステーション夢んぼ


就労移行・就労継続支援B型 WS  一歩ずつステップアップ!!


昨年から就労継続支援B型を利用されているMさん。

高校の時はバスでの送迎でしたが、昨年はまず近鉄電車で弥富まで来ていただいて弥富駅からは送迎で通われていました。 2年目に入ってから近鉄弥富駅から名鉄電車に乗り換える練習をして今は津島駅まで自力で通うことができています   本人の”できるようになりたい”という気持ちとご家族さまの”この子なら大丈夫!”と信頼していただき練習もしっかりとご協力いただいたおかげです 小さなステップですが、出来る事を無理なく少しずつ挑戦することで大きな自信につながっていきます。 今度は津島駅で乗り換えて町方で降りてワークステーション夢んぼまですべて自力での通勤を目指します

               


2018年5月8日 posted by ワークステーション夢んぼ 山下 松代


ワークステーション夢んぼ 放課後等ディサービス         ウォーキング【藤まつり】


4月28日(土)例年になく暑く、最高気温27℃

天王川公園までの約2.5kmを歩き、藤まつりに出かけました。

歩き始めは風もありさわやかでしたが、徐々に日差しも強くなりました

 

公園は既に人で賑わい

いつもは自由に歩ける池の周りも、ロープを張られ渋滞です

 

広場ではお弁当、唐揚げ、草餅、みたらし団子・・・好きな物を購入して食べました

あまりの暑さにジュース・アイスクリームを買われる方が多かったです

お腹もいっぱいになり ゆっくり藤の花を見て歩きました

今年の暑さで花は終わりがけでしたが、「ここ咲いてる」「すごいね」の声が

川には花筏が流れ

岩の上には、甲羅干しの亀が 

 

「生きてるの?」「置物?」・・・「あ!動いた

 

皆さん最後まで元気に歩かれ

暑い中「つかれた~」と言われながらも、家族以外と出かける楽しさを感じて見えました

来年の藤まつりでは、皆さんでお抹茶を頂き日本の風情を楽しみたいですね(^^♪

 

 

 



2018年5月7日 posted by ワークステーション夢んぼ 森 初枝


いちご狩りに行って来ました:ws地活


4月21日(土)

4月としては、少し気温の高く、最高の天気の1日。

地活の土曜サロンの一環として

「いちご夢ファーム愛西」のハウスへ行って来ました。

朝から、メンバーは期待でワクワクムードです。

苺を60分食べ放題と知り、皆で何個食べれるか予想をしました。

一人ひとりの食べる目標をたて、2個から100個との数がとびかいます。

さぁ、出発です。

ハウスでは、1人1レーンの割で苺狩りが始まりました。

苺の選び方、もぎ方、ヘタの取り方、美味しい食べ方等を学習もしてきています。

皆、各々のレーンでスタートからゴール迄きっちり進まれました。

戻って来られた方から、テーブルの上でヘタの数取りを行いました。

結果は50個から100個越え…。赤くてどれも甘い苺を積んで食べる事ができました。

帰る際に中には、家族へとお土産を買う方も、

笑顔溢れる一日となりました。 

               地域活動支援センター ws  中野 孝子

 



2018年4月26日 posted by ワークステーション夢んぼ


WS 就労移行・就労継続支援B型  ”それぞれの昼休み”


新年度が始まってもうすぐ1か月が過ぎようとしています。 新しく移行、B型で仕事を始めた利用者様も徐々に緊張がほぐれて仕事にも慣れてきました でも、やはり1日中立ちっぱなしなのと、暑い日もあって疲れも出ているようです みんなの楽しみはやはりお昼休み食事の後は気の合う仲間といろいろなお話をしたり午後の仕事に備えてしっかりと仮眠を取ったり…         また職員とも仕事以外での会話を楽しむ時間でもあります   就職後、企業 の方達と自由な時間をどう過ごすか、どうコミュニケーションを取るのかが課題となってしまうことがあります。   仕事以外の時間もスムーズに過ごせるようにしていきたいです  



2018年4月21日 posted by ワークステーション夢んぼ 山下 松代


ワークステーション夢んぼ 放課後等ディ ブレスレット作り


新緑が美しい季節になり、皆さんの服装も軽やかになってきました。 そんな季節にキラキラ☆オシャレしたい そんな皆さんの希望で 今回は8の字編みブレスレットに挑戦です! しかもテーマは王子様?お姫様みたいなブレスレットにしたい! 職員の作ったブレスレットを見て配色をイメージ 好みの色や組み合わせを選びます 単色で!やっぱりミックスかな! 決まったらテグスにつぶつぶビーズを入れます そのサイドにラウンドビーズ 左側のテグスにつぶつぶビーズを入れ、 もう片方のテグスを右側から通します クロスしたテグスを締めていきます つぶつぶビーズ、サイドのラウンドビーズ、つぶつぶビーズ で1手順になります   この手順を繰り返していきます 2,3手順まではホワイトボードの図を見たり 職員に尋ねられたり とっても苦戦されてるご様子(*_*) が、しかし、、、 段々皆さんの口がとっても静かに!    そのうち 「これすごく楽しい~」 という言葉と共に 夢中になってあっ!という間に皆さん完成されました お気に入りのチャームを付け    早速腕にはめられ、気分はお姫様です(^_-)-☆    ビーズを天然石やウッドビーズに変えたり 配置するビーズの大きさ、数を変えたり テグスの長さを変えると指輪にもなります! 「また家で作る~」 と皆さん大満足なご様子でした(^^♪ これからも 『自分で最後まで作れた!ヤッター!!』 という喜びの声がいっぱい聞かれるような活動をしていきます(^^)/   放課後等デイサービス  上部 直美          


2018年4月20日 posted by ワークステーション夢んぼ


カラオケに行ってきました!/地域活動支援センターWS


日頃の仕事のことは忘れ、年齢も関係なくカラオケで盛り上がってきました! 「今日は歌うぞー」という意気込みが伝わってくる参加者の皆さん。 中には、「この歌を唄いたい!」と数日前から話をしてくださったり、練習をしていると言って当日をとても楽しみにしている方もいらっしゃいました 唄って、踊って・・・生き生きとリフレッシュできた最高の日となり、皆さんの感想は「楽しかった~」「また行きたい!」と大好評の企画となりました 地域活動支援センターws   細川則子  


2018年4月12日 posted by ワークステーション夢んぼ


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.