news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >

ワークステーション夢んぼ 放課後等ディサービス    調理実習【手巻き寿司】


今年度“一人で出来る~”シリーズのラストは 【手巻き寿司】です   特に今回は一人でも安全に調理しよう という事で、包丁なしでも調理出来る に挑戦してみました     包丁要らずの食材を選ぶ 実際には手でちぎる 裂く それでも切れないものは何と プラスティックナイフで切っちゃいました        「全然怖くないよ~」 「何か切るのが楽しい~」 大好評でした この一年で、調理方法を製品から読み取ったり 既成のものを使ったり 便利な調理器具を使ったり           一人でこんなに簡単にご飯作れるんだ という経験が出来ました        これからもクッキングをもっともっと楽しみましょうね 放課後等デイサービス 上部直美      


2019年3月19日 posted by ワークステーション夢んぼ


WS 就労移行・就労継続支援B型 ”卒業生の実習”


この3月に高等部を卒業されたご利用者様

新しい進路先に向けて就労移行での実習を行っています

学校生活とは全く異なった環境

1時間毎にチャイムは鳴りません。時間ごとにやることが変わるわけではないのでずっと同じ仕事を続けることが求められます

初日は皆さんに元気よく大きな声で挨拶と自己紹介をすることができました

仕事では職員の説明を聞いて熱心に取り組めています。

 

作業服もとてもカッコよく決まってますね

お昼休憩も皆さんと一緒に楽しく過ごしています

この実習が将来のお役に立てるよう、全力で支援させていただきます



2019年3月14日 posted by ワークステーション夢んぼ 山下 松代


一宮博物館&外食


久しぶりの外出は、一宮博物館に行きました。 博物館には何があるのだろう?皆さん様々に想像をふくらませていました 昼食も外食にしました。皆さんの意見で先にランチをとる事になりました。実は、一番の楽しみなので出発前にスマホでメニューを調べてくださる方もみえ、何を頼もうかと話し合われていました。お店に着いてメニューを見てまた悩まれる方、すぐに決まる方、各々でしたがワクワク感が伝わってきました。 いざ、博物館に出発です。外観をバックに写真を1枚パチリ 博物館の特別展示は、昔の生活と生活用品の展示でした。昔の生活に思いを馳せ、展示物を見学。関連クイズを読み上げて、皆で考えたりもしました。皆さんの年齢に幅があるので、その知識にも差があります。生活に密着した道具類を見ながら「これ何?」「あれは何?」と言葉を発しながら、あれこれ答えを探していかれる様子はとても楽しそうで何よりでした   地域活動支援センター 中野孝子  


2019年3月8日 posted by ワークステーション夢んぼ


WS 移行・就労継続支援B型 ”新しい仕事”


いつも大変お世話になっている大林精工様から新しい仕事をさせていただいております

主に検査の仕事が多いのですが、今回は小さな部品を組付ける仕事です。

指先を使う大変細かい仕事ですが、工程を分解してそれぞれが自分の担当に責任を持って取り組んでいます

製品のバリ取りや、小さな穴にゴムを入れたり、バネを入れたり…

検査や、組付け、いろいろな仕事を経験していくことで将来の就職の視野、可能性がぐっと広がります

部品が小さく落としたり無くしてしまう不安がありますが、工程を分けてみんなで取り組むことでお互いに集中して取り組むことが出来ています



2019年3月7日 posted by ワークステーション夢んぼ 山下 松代


ワークステーション夢んぼ   放課後等デイサービス      季節制作【梅】


今、満開を迎える梅の花をドットシールで描きました

枝の部分は、クラフトシールを穴あけパンチで丸く切り抜いたもの

シートに貼られたものと違い、1枚1枚はがすのに苦労されてみえました

はがれない~」と、嘆きの声を何度聞いたでしょう

真剣な眼差しでコツコツと

慣れるに従いコツをつかみ、少しずつ早くはがせるようになられていました

 

「梅の花びらは何枚?」

「5枚!!」

花びらを貼る際には、「1・2・3・・・」と枚数を数えながら行われました

友だちと協力して作った梅のパーツをつなぎ合わせ、1つの作品が完成です

ワークステーション夢んぼの玄関には、満開の梅の花が咲きました

協力して咲かせた花、ご来所の際はぜひご覧ください

 


2019年3月7日 posted by ワークステーション夢んぼ 森 初枝


ワークステーション夢んぼ 放課後等ディサービス    調理実習【パエリア】


今年度初企画~一人で出来るもん!~も後、2回になりましたが、 自分たちが買い物、準備、調理、片付けを全て行うことで 日々、調理してくれる両親に感謝の思いを 言葉にされる方がすごく増えました   今回のパエリアは~一人で出来る~シリーズでは 少し難しい調理でしたが、 ホワイトボードに書かれたレシピや調理材料の裏側手順を読んで 調理を行うことが当たり前に出来る様になってきました   「1番、玉ねぎをみじん切り~」 今までの経験で玉ねぎを半分、縦、横にカット、、 更に細かくカットとどんどんご自分で切っていかれます   パプリカ、ピーマンは半分にカット、 「種とらなきゃ!」 すごい!言われなくてももう自然と身についています     手の空いている方はどんどん ホワイトボードの手順をよみながら進めていかれました   玉ねぎ、ウィンナー、シーフード、カレー粉を均等に炒め そこへお米を入れて 端から端へゆっくり木しゃもじを動かしながら 焦がさないよう炒めていかれました   コンソメスープ、トマト缶を入れてからは 火加減を調節し パチパチという音の合図を待つのみですが、 その間に テキパキとサラダを準備され パエリアが気になる方が 「パチパチ音がしてきた~」 と伝えて下さいました   皆さんの手際良さのおかげで 12時前に調理が終わり温かいうちに 頂くことが出来ました     これからも 一人で作って食べられる美味しいレシピを 紹介していけたらと思います     放課後等デイサービス上部直美                        


2019年2月21日 posted by ワークステーション夢んぼ


タイル鍋敷き作り☆地域活動支援センターWS


2月9日(土)WS企画にて鍋敷き作りに取り組みました。 大小様々な形のタイルとタイル目地材・板を用いて各自のアイデアを活かしました。 タイルを貼る工程にタイル目地材(職員が職人になり練りました。)を使う作業に 苦戦です。(~_~;) 目地材がタイルに付いても大丈夫! タイルを磨けば綺麗な作品となりました。 お家で是非使って頂ける素敵な品が完成です。   地域活動支援センターWS 細川則子


2019年2月19日 posted by ワークステーション夢んぼ


WS 就労移行・就労継続支援B型 ”企業に入る!”


新しい仕事として”株式会社ボンマックスアパレル”様よりミシンの仕事をさせていただいております

普段はWS内のミシンを使ってTシャツのタグ付けをさせていただいておりますが、今回は業務用ミシンを使うということで、職員と一緒にB型のご利用者様にもボンマックスアパレル様にお邪魔してミシンの使い方を教えていただきました

WSのミシンはゆっくり縫うことができますが、さすが業務用ミシン!そっとスタートさせてもとても速いスピードで動いていきます

いつもは落ち着いているご利用者様もさすがに驚いたようでしたが、何回か練習していくうちに徐々に出来るようになりました

 

1日だけでしたが、企業の中で仕事をさせていただくことで、環境、人、初めて触る機械等、いつもとは変わった環境で仕事をすることは大変貴重な経験になったと思います。挨拶、返事もしっかり出来ていたご利用者様!毎日の活動の中でも大きな声で挨拶、返事が出来ています毎日の成果が企業様の中でも発揮されました緊張しながらもしっかりと頑張ってくれました

 


2019年2月15日 posted by ワークステーション夢んぼ 山下 松代


ワークステーション夢んぼ☆地活☆節分


2月の伝統行事は「節分」です。 2月2日の土曜サロンは、鬼のお面と豆まきを行いました。 お面の見本を数点用意しましたが、基本は自由に… 画用紙に下絵を描きはじめたところ、各自が独自の世界を展開されました。 見本に忠実な方。 独創的な方。 今までの制作を活かされた、色付けや飾りを工夫される方。 全員が完成された時には、ひとつとして同じ鬼はありませんでした。 豆まきでは、子どもの気持ちに戻って「鬼は外、福は内」を口々に叫びました。 みな様、とてもすっきりした表情になって、何らかの「鬼」を落とすことが出来たように思えます。 昨日は、きっとご家庭で恵方巻を食べらたと思います… ワークステーション夢んぼ 地活 中野孝子  


2019年2月4日 posted by ワークステーション夢んぼ


ワークステーション夢んぼ  放課後等デイサービス      紙刺繍アート


【刺繍】と言ったら、布にするもの?

今回は扱いやすい厚紙に

バックステッチ・クロスステッチなどで可愛らしいラディッシュを刺しました

まずは、ししゅう糸を3本3本に分けます

「糸がからまりました」すぐに声が上がりました

今回は玉結びはせず、セロテープで留めます

バックステッチは、繰り返し行う事で法則を理解されたようです

段が替わると少し戸惑われ「わかりません」「次どうしたらいいですか?」

皆さん質問上手です

図案を見ながらクロスステッチをされた方

クロスステッチ・ランニングステッチで自由に刺された方

みなさん素敵な作品ができ、大満足の笑顔でした

作品は、3月3日(日)写真展&作品展でご覧ください

どうぞお楽しみに(^^♪

   


2019年2月4日 posted by ワークステーション夢んぼ 森 初枝


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.