news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 >

インフルエンザ。


学校、施設等でインフルエンザ、ノロウイルスなど流行り始めています。

地活あいさいでは、各対策としてアルボナース消毒、ベンザルコニウム塩化物液、次亜塩素酸ナトリウムを使用しています。

インフルエンザ対策として、来所時、トイレの後はアルボナースで消毒。

作業机、椅子、ドアノブ等はベンザルコニウム塩化物液を薄め拭き上げます。

当番制にし、利用者様で行ってもらうことで予防意識をつけていきます。

食品を扱う仕事をしているので何度も手洗いを実施しており、手洗いの習慣は確立できています。

万が一、ノロウイルスにかかり嘔吐があった時に備えてキッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウムを)

を常備しています。

 

 

 

 

職員の間で嘔吐物の処理の仕方も確認、周知しています。

食器の消毒も行います。

おかげで、地活あいさいでは発症者は1人も出ていません。

気を抜くことなく、緊張感を保ちながら予防対策をし、安心して来所、仕事が行える環境をつくっていきたいと思います。

 

 

 



2017年1月31日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


生産量を増やす。


毎日行っている桜の仕事。

生産数を増やす意識をつけるため、各自の目標数を設定し、自分の行った枚数を正の字で記入する

生産目標カードを作成しました。

 

 

 

 

 

手元で目標、作成した数が一目でわかります。目で確認することで意識付けをし、生産アップをねらいま

す。実際意識することが出来、少しずつ枚数も増えています。

そして仕事終了の最後の振り返りの時間帯で、自分で壁に貼ってある生産目標表に1日生産した枚数を記入します。

 

 

 

 

毎日記入することで、自分の毎日の生産率もわかります。

こうした工夫をしていきながら、日々の生産をすすめていきたいと思います。

 

 



2017年1月24日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


地活大林☆筆記力と計算力


1ヶ月かけて検査・梱包してきた製品をいよいよ出荷する日がやってきました。今までの頑張りが報われる!心躍る瞬間ですが、まだまだやるべきことがあります。製品は木製のパレットにきれいに並べて出荷するのですが、1つのパレットあたりの重量を一定の幅におさめるために、多い時には100箱近くある製品の重さを1箱ずつ量って、合計することが必要です。試されるのは、計算しやすいように縦横そろえて書く力と間違いなく計算する力。ミスもあったけど、創意工夫と改善を繰り返して、こんな立派な計算表ができるようになりました。



2017年1月17日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


地活大林☆勉強会


新年あけましておめでとうございます。

ご協力頂いている大林精工様の仕事始めは5日でしたので、地活大林の活動始めの4日は、仕事について考えたり、来るべき就労に備えて履歴書を書く練習をしたり、いつもと違う取り組みで1年のスタートをきりました。

仕事の時はもちろん真剣ですが、この勉強会も本気モードで盛り上がりました。時には自分を振り返り、自分の心と会話することも大切ですね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



2017年1月5日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


新年お茶会。


あけましておめでとうございます。

地域活動支援センター あいさい。一同、本年もよろしくお願い申し上げます。

さて昨日、新年ということもありセンターの近くの喫茶店へ行くことにしました。

新あいさいになり、初めての外出。(仕事以外で。)

何を頼もうかわくわくしながらの喫茶店。メニューを見ながら、全員で同じ値段の物を頼もう。ということになり同じお値段の飲み物、コーヒー。コーラ。柚子茶。紅茶。カフェオーレ。などなど、それぞれ飲みたい飲み物を頼みました。

お菓子付きで皆で飲む外でのお茶は格別で、女子トーク、男子トークがはずみ、それぞれお話をしながら楽しくお茶を飲みました。

お店の方にお礼を言い、センターに戻り気持ちを切り替え仕事を始めました。

間にコーヒータイムが入りましたが、目標生産数は落とさず仕事することができました。

なかなか他の方と外でお茶を飲むという機会のない方もいらっしゃいましたので、良い時間を過ごせたかと思います。

本年もチームあいさい。がんばって活動していきます。

 

 



2017年1月5日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


サンタさんがやってきた!


センター長補佐 原さんの計らいで、地活 あいさいにも先日サンタさんが来てくれました。

丁度昼休みに合わせて。さすがサンタさん!

1人ずつプレゼントを受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼントをもらって、少女のように嬉しそうな方。照れくさそうに受け取る方。平静を装いうけとるかた。それぞれでしたがみんな笑顔でした。

最後にサンタさんと記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

昼休みはクリスマスソングを流し、昼食を頂きました。

休憩が終わり、午後から気持ちを切り替えてお仕事に励みます!

今日はクリスマスイブ。皆さん、良いクリスマスを。



2016年12月24日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


地活大林☆ながら作業


ある作業をしながら、別の作業も並行して行うことを「ながら作業」といいます。

まず機械が仕事をしてその後に人が仕事する製品では、機械が動いている間、人は待っているだけなので、その間に別の仕事ができると大変効率的です。人は休めないので大変なんですが・・・

あれもやり、これもやる、確かにつらいけど、できた時の喜びは大きいです。タイミングをつかみ、リズム良く流れに乘って、“昨日の自分を超えるんだ!”今日もチャレンジしていきます。

 



2016年12月16日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


年末の仕事。


年末恒例のカレンダーの梱包の仕事を行っています。

毎日の生産目標を決め、下回らないよう頑張っています。

年に1度の仕事のため、体験していない利用者さんもみえます。

どう作業したら要領よく進めることができるか、皆で試行錯誤しながら作業しています。

もちろん、通常のさくらの仕事も同時進行で行っています。

どちらも生産を落とさず、力を合わせて頑張っています。

 



2016年12月15日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


地活大林☆ひたすら


新聞紙を貼った盤上に縦横そろえてならべる。それだけのことなんですが、やってみると大変です。自分で貼った新聞紙(シワなくピシッと貼るのも大変なんです・・・)なので、マス目があるわけでもなく、そこに縦11個×横7個でならべていくのは、77個がぴったり納まるように全体を大きく見る目と、隣どうしの間隔がそろうように1個1個を見つめる目の2つが必要となります。1回につき11枚の盤上にならべることを8回繰り返しましたが、1回目より2回目、2回目より3回目とひたすら回数を重ねた結果、胸を張って「できた!」と言える位にならべる技術が向上、また自信がつきました。



2016年11月28日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


仕事用の道具。


先日、作業したさくらの板を立てる、竹でできた板立てを頂きました。

作業し、出来あがったさくらの板を写真のように立てていきます。

何枚か立てておけるので、一枚ずつフィルムを貼ってしまいに行く無駄な時間が短縮されます。

ともに利用者さんが、自分が何枚作ることができたのか目で見てわかります。

板に立っている完成品がその日の生産数。1日でみなで何枚仕上げることができたのか、

すぐにわかります。このことで、一日の出来高を各自意識するようになり、生産をあげていく意識付けにもなっています。

生産数向上につなげていきたいと思います。



2016年11月26日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.