news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 >

地活大林☆二刀流


製品を安全に品質よくつくることはもちろん大切ですが、効率よくつくることも必要です。

機械が得意な仕事、人が得意な仕事、それぞれの良い所をミックスして、ムダなく時間をつかう工夫の一つに「2台持ち」があります。1台目の機械に製品を仕掛けてスタート、1台目が自動加工している間に、人が2台目の機械で別の加工をして、1台目の自動加工が終わったら次の製品を仕掛けていくという流れです。

機械のスピードに合わせて、人の作業を調整するのが難しいところですが、これができるとリズミカルに作業が進み、上達したなと実感でき、自信につながります。



2016年10月19日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


正しい手洗い。


食品を扱う仕事をはじめて、数か月。

時間が経つと「慣れ」がでてしまい、基本的な行わなければならないことを、

飛ばしてしまっていることに気がつきます。

改めて、正しい手の洗い方を見直しました。

手洗い場の鏡の前に手の洗い方を大きく貼り、そのとおりに手を洗っていきます。

手洗いが長ければいい、石鹸をたくさん使えばいい、という事ではありません。

今まで、洗い方が短すぎる方。ながい時間をかけて洗っている方。いろいろでしたが、

今回の見直しで正しく清潔に、手洗いができ、すぐに仕事に取り掛かれるようになりました。

定期的にチェックし、継続していきたいと思います。



2016年10月13日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


さくら実寸見本。


さくらのお仕事を日々がんばっています。

先日、使うことのできないサイズの、小さいさくらの基準を確定し、見本をラミネートしました。

利用者さんには、分かりやすい!と使用してもらっています。

すでに基準の感覚が身に付いており、必要のない利用者さんもみえます。

色々な方法で、確実に意欲的に仕事ができるよう、工夫しながら仕事に取り組んでいきたいと思います。

 



2016年10月3日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


地活大林☆縁の下の力持ち


検査・梱包した後に、品名や数量、製造年月日を記入した納品シールを貼付します。

多くの機械と人の手によりつくり出された製品の、いわば“顔”ともいえるもの。梱包担当者が緊張した顔つきで貼っていきますが、貼りたい時に貼るべきものがしっかり整っているように準備する仕事もあります。

注文数を確認して必要な製品の必要な枚数を過不足なく準備する、この仕事のおかげでみんなが安心して検査・梱包に集中できる、まさに“縁の下の力持ち”。いつもみんなをしっかり支えてくれています。ありがとう!

 



2016年10月3日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


地活大林☆目標


地活大林メンバーにはそれぞれ得意・不得意があります。

機械を扱う作業が得意な人、小さなキズを見つけるのが上手な人、計算に強い人、力仕事はまかせろ!の人、同じ姿勢・同じ作業を粘り強くこなせる人、得意をより伸ばすことは大切ですが、苦手を克服することも必要です。

製品にエアーをかけて箱にならべる、簡単なようで基本となる作業です。

両手でつかむ、適度な角度を保つ、形と数を意識してならべる、そしてスピード、できるようになる!そのために目標をたて、毎日チャレンジを繰り返すのです。



2016年9月15日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


地活大林☆自覚と責任


梱包・出荷準備まで一貫して担当させていただいている製品の10月分の注文数がでてきました。

ある製品では、今までに見たことがないほど多くの数量にメンバー一同びっくり!与えられた期間の中でどのようにして準備していくか、担当者は真剣そのもの。少しでも早くと、9月分を完了させて10月分に取り組み始めたり、朝礼や終礼でこの状況を仲間に伝え協力をお願いしたり、自ら考え、自ら先頭に立って行動しています。

地活大林チームで仕上げる仕事ですが“自分ごと”としてとらえていくと、自覚が責任感を生み、責任感がやりとげる力につながっていきます。頼もしく感じる一コマでした。



2016年8月25日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


さくら工程表


先日さくらの作業工程を大きめの写真付きで作成しました。

簡単な説明書きを添え、作業のしたことのない方や、誰が見ても仕事内容がわかるよう

作成、ラミネートし、仕事を行う場所の壁に貼り付けました。

利用者の皆さんの手順の見直し。見学に来られた方の説明。実習される方への作業手順。

どの形でも活用できるかと思います。

地活 あいさいに寄られた際は是非実際のみなの作業とともに見てみてください。

 



2016年8月23日 posted by ライフステーション夢んぼ 髙坂好恵


地活大林☆期待の新人


協力企業様の実際の仕事場で毎日の活動・訓練を重ねていく地活大林にニューフェースが入り5名となりました。

自分をもっと成長させたい!との強い思いを胸に、地活WSからステップアップ。仕事は決して楽ではないし、責任も大きく甘えが許されないけれど、自分を高めることに専念できるのでやりがいを感じるとのことです。

①毎日来る、②自分で来る、③身だしなみを整える、④ハキハキものを言う、③5時間15分は集中してやる、の基本5項目をしっかり守り、共に成長していきましょう。



2016年8月13日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


地活大林☆勇気と根気


地活大林では、いろいろな機械を使った活動・訓練もあります。

ボール盤での穴あけや面取りだけでなく、ブラスト機での表面磨きもしていますが、箱の中で製品が磨かれるので、見たり、触ったりの直接確認がなかなかできません。

大林社員さんに教えてもらいながらの作業ですが、直接確認できないので、いまどうなっているかを伝えるのに一苦労、勇気のいることです。

そして、同じ姿勢で我慢して、じっくり製品にブラストをかけていく、今度は根気のいることですが、この繰り返しが心も体も強くしてくれると信じています。



2016年8月2日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


地活大林☆まとめと報告


紙に書く、今の状況を書く、伝えるために書く。

梱包・出荷準備まで一貫して担当させていただいている製品について、お伝えすべきことをしっかりお伝えするために、まとめることも必要です。

数えて、計算して、確認して、数字をきれいに書いて、報告メモにまとめたら、ドキドキしながら報告です。書くのは大変ですが、報告するのも大変です。

社会に出るために学ばなければならないことは様々ですが、まとめと報告もその一つ、回数を重ねて習得していきましょう。



2016年7月24日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.