news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 >

意識して行うこと


現在のセンターでは、
全体的な意識として「あいさつ」「話している人の方を見る」「時間」「声かけ」「協力」をしています。
個人的な意識として「声の大きさ」「返事」「集中」等をしています。


何故このようなことを意識して行っているかというと、
就職してから、
まず出勤し「あいさつ」から始まり、朝礼で「話している人の方を見て」聞く、
そして「時間」を意識して仕事に取り組み、
仕事が終わったら「声かけ」をし、終わっていない仕事があったら「協力」して、早く終われるように手伝う、ということがあります。

個人的には、「声の大きさ」が足りない、
「返事」をしていない、あるいは「返事」はしているが、声が小さくて相手に届いていない、
「集中」していないため、仕事が終わるのが早い、あるいは「集中」していないため、仕事が雑になっている、等が出てくる可能性があります。


ですからセンターでは、就職してからこのようなことにならないために
現段階から支援していく必要があります。
誰がどんな職業に就くかわからない現状況ですが、
今から行っていっても損はないと思うので、
個人が各ペースに合わせて、徐々に行えるようになるまで、
職員共に意識していきたいと思います。



2010年6月9日 posted by yumenbo


気づかい


気づかいが自然に出来ることって素敵ですよね。
最近、自分さえよければそれでいい!って人が増えている中、こちらを利用されている方々の、最近の様子ですが、周りの様子を見て、声かけしている姿が多々あります。
助け合う、協力しあうの言葉が本人達より自発的に出ています。
「お手伝いしましょうか?」「お願いします」
狭い所で「後ろ通ります」など自分だけでなく、周りが見えています。
家庭で、社会で、暗黙のルールがあります。プチハードルを越えて、実際社会へ出て、仲間の輪に必要な事を日々学んでいます。
自分も学ばせていただいています。



2010年6月8日 posted by yumenbo


面接


先週、センターの利用者の方が、企業の面接を受けるために履歴書を郵送しました。その利用者の方への面接の通知はまだ届いていませんが、面接の有無を近い内に通知するとその企業からは連絡がありました。

最近は、企業が面接を行うに当たって,履歴書で、まず、第一段階の選考をしている企業もあります。

履歴書には、ある程度の情報はありますが、その人の人間性までは分かることができません。

少なくとも話をすることができれば、もう少しその人のことを分かることができると思います。就職のための面接の1つの課題だと思います。

それ以外に

センターへは、電話での相談もあり、電話である程度の情報を電話をしてきた方からお聞きしていますが、内容によっては、直接、面談してお聞きしたいなと思うことがあります。

私自身、電話の場合、相手の方の顔が見えないせいか、私が話したことを相手の方に本当に分かってもらったか心配になります。

面接している場合は、相手の方の表情を見ることで、いろいろ、分かることもあります。

センターまで直接行く時間がない方は、電話での相談していただくしかありませんが、面接して相談してもいいという方は、センターへ来てください。



2010年6月4日 posted by yumenbo


センター付近にて


今日のお昼の出来事でした。

「あっ、火事だ」

とある利用者の方の一声で私が外を見ると

なにやらもくもくと煙が出ている。

どうやら、センターの近所で火事が様子。

昔から「地震・雷・火事・親父」などと

言いますが、火事の恐ろしさを知った昼下がりとなりました。

センターでの火災予防はもちろんですが、

就労した後、職場での火災予防。

また、就労に伴い、一人暮らしをすると言った場合、火災予防に努めるということはとても重要なことです。

皆さんも火災には気をつけてくださいね。



2010年6月3日 posted by yumenbo


明るく楽しい職場


本日午前中に佐織養護学校のワークサポーターとして、とある企業に訪問したのですが、担当の方の評価を聞いて驚きました。

その企業では2名の障がいしゃの方が就職されているのですが、担当の方が最初に「2人とも明るく元気に毎日仕事に励んでいますよ。あの元気な姿は私達が見習わなければいけませんね。」と話されました。
毎日何社もの企業を訪問させていただいていますが、そのような評価を聞いたことがなかったので、とても驚きました。

実際にその方達に会うと、聞いていたとおり、明るく笑顔でこんにちはと挨拶してくれました。仕事の話を聞くと、はきはきと元気良く色々と話をしてくれました。話している時の表情からは、仕事へのやる気、楽しさを感じ取る事が出来ました。

「明るく楽しい職場」って素晴らしいことだと思いました。まさに、担当の方のおっしゃるとおりで、見習わなければいけないと感じました。

2名の方を見習い、今以上に明るく元気に利用者さんと向き合っていき、センターが明るく楽しい場所だと感じてもらえたらと思います。

まずは明日、誰よりも明るく元気な挨拶をする事から始めたいと思います。



2010年6月2日 posted by yumenbo


就業確認


今日は就労しながら余暇時間にセンター通っている方や、支援センターの支援により就労された方の就業確認に行って来ました。


会社によって環境は違うのですが、沢山の発見がありました。2ケース紹介したいと思います。

週に2回清掃の仕事をしているTさんは、訪問するなり満面の笑で挨拶。
そしてセンター来所時は胸元と腕に沢山アクセサリーをつけてとってもオシャレなTさんですが、仕事中はアクセサリーを外し、服装も動きやすい格好で一生懸命掃除をしていました。又、トイレ掃除を行っており、1箇所20分でやるよ!と話される。時間を意識しているんだなぁととっても嬉しくなりました。

また、農業の会社に勤めているAさん。センターへの訓練来所がない為お話した事はないのですが、会社の社長さんが「彼はとても楽しく仕事をしている。あんな子は見た事がないと」言う話を小耳に挟みました。
楽しみに畑へ伺うと、Aさんを含む、まったく関わりのない職員の方も大きな声で「こんにちは!」と気持ちの良い挨拶と笑顔が飛んできました。
畑ではきゅうりを剪定して、蔓を紐で固定していました。慣れた手つきで作業を行なわれ、きゅうりは下の方から実がなり、どんどん上へ蔓が延びていくと教えて頂き、真っ黒に焼けたA君の顔がとてもキラキラとしていて、沢山パワーを頂いてしまいました。


センターでの活動と、実際に働く現場をみて、就業に必要な事が明確にみえてきました。基本的な事ですが、一番大事な事。
挨拶・返事・時間・身だしなみ・・・等。
福祉の中の世界だけでなく、一般就労を目指していく今、一人一人障害や環境等違いますが、利用者と向き合い、改善点はどこか、どんな方法で、どう伝えていこうか職員間でも話し合いの毎日です。それはとっても楽しみな時間です。



2010年6月1日 posted by yumenbo


柔軟体操


今日は、新しいバリが届くまで柔軟体操をしました。
同じ姿勢で作業をしていると、肩が凝ったり背中が
痛くなったりする利用者さんもいらっしゃるので
何か良い体操はないかと思ってました。そこで
アキレス腱を伸ばしたりしてから、座ってみんなで
考えていろいろやっているうちに、発見しました!
大半の方が座禅を組んでいるのです。(私をはじめ2人
の職員は出来ませんでした・・・)みなさん体が
柔らかい!座禅を組んだまま転がることができる方も
いらして、びっくり!体の硬い私はもう驚きでした。
羨ましい。そんな私にお風呂を出たあとに、息を
はきながら柔軟体操をすると良いですよと、教えて
下さった利用者さんがいらして嬉しかったです。
今晩からがんばります。ありがとうです。体操の
おかげで体が軽くなりました。

バリが到着して協力して運びその後の作業はみなさん
体操をしてすっきりしたのかいつもより捗りました。
すばらしい。これからも時々体操を取り入れようと
思います。



2010年5月31日 posted by yumenbo


「言葉」


話すとき、書くときに使う「言葉」について、
使い方、伝え方を考えることが最近増えてきました。

自分の意志を伝える際に
場所によって変えることもあれば、
相手によって変えることもある等、
丁寧語、謙譲語、ため口、と「言葉」には様々な形があるなかでの使い方を見つけ、
使い分けることの難しさを日々感じています。


以前にも書いたように「言葉」の使い方により、
相手との遠い近いの距離が出来たり、印象が良い悪いも出たり、
想いが相手に伝わりきらず意見が食い違ってしまったり…ということも出てきます。
誰しもが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。


「言葉」によって気持ちが喜怒哀楽と左右されることもあると思います。
誤って相手を傷つけてしまうこともあると思います。
しかし、「言葉」によって救われることや安心すること、助けられることもたくさんあるはずです。
毎日使わずにはいられない大切な「言葉」だからこそ
今後自分自身「言葉」の使い方に気をつけ、
利用者さんにも「言葉」の使い分けを伝えていきたいと思います。



2010年5月28日 posted by yumenbo


面接まで


センターを利用されている方が、ハローワークに行って企業への就職のための紹介状をもらってきましたので、その企業の面接を受けるための履歴書を書く必要があり、昨日、履歴書を作成してもらいました。

私自身も、数回履歴書を書いた経験がありましたので、履歴書を書く時に注意することを話しながら履歴書を書いてもらいました。

最近の求人広告を見ると、まず、履歴書を送った上で、面接の通知をするというケース(書面審査)もあることから,今回の利用者の方の面接も,そのケースに該当する可能性もあると思いましたので、利用者方には,履歴書を書くに当たって、この履歴書に書いた内容から,企業が行う採用のための試験が始まっていることを話しました。

私自身も、履歴書を送っただけで,その後,何も連絡がなかったことがあり、嫌な思いをしたことがありましたので、利用者の方にも、必ず、面接してもらうことができると思ってはいけないと説明しました。

面接をしてもらえるかどうかは、相手企業次第ですが、一歩でも前進できる通知があることを望んでいます。



2010年5月27日 posted by yumenbo


皆さんのお楽しみ


今日は午後から、皆さんのお楽しみのスポーツの時間がありました。

全員でドッジボールをやりました。

ランニング、体操、チーム分け・・・そしていよいよゲームに突入。

皆さん普段とは違う顔で驚きです。

真剣そのもののメンバー、フェイントを使い違う方向へ投げる技、また、

チーム内でパスしてからの攻撃など、とてもレベルの高いものでした。

皆さんの素敵な顔が見れて、嬉しかったです。そして、いい汗を流し、

この時間を楽しみにしていると言って下さった方々、次回がとても楽しみで

す。私自身が癒され、楽しかったです。



2010年5月26日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.