news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 >

お祝い!


日頃、お世話になっているN先生が、このたび、ご結婚される事になり、皆さんで色紙を贈ることにしました。色紙って何だろう?結婚する人に送る言葉って何だろう?お嫁さんは・・・彼女?奥さん?皆さんで練りながら、それぞれの思いのつまった素敵な色紙が出来上がりました。あいたスペースに折り紙を貼ろう!という案が出て、思い思いの作品が次々と・・・!!!しゅりけん、やっこさん、風船、カメラ、ハート、そしておめでたい{鶴}夫婦で二羽にしよう!などなど・・・利用者さんからとても自発的に、積極的に参加される姿が見られ、手先の器用さを再確認でき、又、漢字をよく知ってるUさんには、筆ペンで「祝」を書いていただき、最高のプレゼントが出来ました。一人づつのメッセージもとても温かく、きっと・・・N先生は、喜んで下さると思います。皆さんで、ひとつの物を作り上げていく!という達成感みたいなものも、感じていたようです。皆さん、ご協力ありがとうございました。



2010年10月7日 posted by yumenbo


その後の実習生たち


最近の実習生について、書きたいと思います。

今の実習先へ一番最初に行きだした方の就職先が決まりそうということがあり、
今週から初めて、5人が毎日実習に行くことになりました。
その中の1人が、半日から始まり、先週で初めて4日になり、今週はついに5日連続に挑もうとしている方がいます。このMさんは実習に行きだしてから、わずか3ヶ月でここまで成長することが出来ました。仕事でも追われることなく、自分のペースで行い、頼りにされる存在になっています。
ここにくるまでに、体調を崩したり、なかなか一歩が踏み出せなかったりと様々なことがありました。
しかし、理解ある企業の方々や周りの利用者さんの支えもあり、今日までこれたのではないかと思います。

他の実習生も一人ひとり成長が見られ、とても嬉しく思います。
Hさんは、自分の課題と向き合い、取り組んでいます。多様はまだこれからですが、一つのものに関しては出来るようになってきているのが、見ていてわかります。
Fさんは指示がないと動けない、自分で考えて行動していませんでしたが、最近では、指示したことをきちんと覚えており、終わったら何をするかを考え、動けるようになってきました。今後は、周りを見て動けるようになっていけると、更に良いかなと思います。
Sさんも苦手分野と泣きながらぶつかっている姿が見られました。しかし、何回も繰り返すことによって上達することも他の仕事で経験しているため、日々頑張っています。
Kさんは言葉使いと声の大きさを自分の課題とし、専務さんに話すときにすごく意識して話している様子を表情から読み取ることが出来ます。
Tさんも自分の課題をしっかり受け止め、意識して変えようとしている姿が見られています。


一人ひとりが自分の課題と向き合い、とても良い状態ではないかと感じています。
これらの課題から何を必要としているか、何をすればクリアにしていけるのかを日常生活の中からもヒントを探していきたいと思います。

実習生は7人でしたが、ここから一人卒業しました。
今後も卒業生を増やしていけるよう、課題をクリアしていけるよう職員も勤めていきたいと思います。



2010年10月5日 posted by yumenbo


半年が経ち


支援センターに来てから気がつくと半年が経っていました。正直最初に来た時は、何をどうして良いかわからず、不安な毎日でした。しかしそれでもこの半年間走り続けてきました。

そんな半年間、色々ありました。新しく入ってきた利用者さんもいれば、就職出来た方もいます。たまにしか来れなかった方が、今では毎日センターに来ていたり、実習に行く事で自分の課題を見つけ、日々意識して仕事に取り組んでいたりと…

この半年間で、本当に利用者さんは良く頑張り、変わったと思います。今では本当に表情も良く、見違えるほどです。

これで良いんだと信じて、今までやってきましたが、最近になってやっと、今の利用者さんの笑顔を見て、これで良かったんだと思えるようになりました。

行動する事を恐れていて、頭で考えていても、何も変わりません。不安な気持ちは今でもありますが、これからも自分が思った事を信じて、利用者さんと共に一歩ずつ進んで行きたいと思います。

そして利用者さんに負けないよう、頑張りたいと思います。



2010年10月4日 posted by yumenbo


嬉しい出来事


今日は嬉しい出来事が2つありました。
1つはセンターで使うタオルやふきんを洗濯して室内に干して
あったのですが、Uさんがたたんでくれた事です。初めて自分から
たたんでくれました。今まで気がつかないのか誰かがたたむ
と思うのか?、やってくれた事は無かったのですが、前に1度
干してあったらどうするかな?と聞いた時も進んでやってくれた
kさんに促されてたたんでいたUさんが自分から進んでたたんで
くれてとても嬉しかったです。トライ雇用で就職して2か月が過ぎ
Uさんは返事もしっかり出来る様になり、また周りも良く見えてきて
とても良いです。
「ありがとうございます!」と言うと照れ笑いしていました。この調子
で視野を広げて欲しいです。

2つ目は、今日から仲間入りしたYさんが、日報で初日で不安
だったが、アットホームな雰囲気で、良かったですと書いてくれた
事です。誰でも初めては不安や緊張があると思います。でも利用者
の皆さんの人柄や気遣いにより解消された様で本当に良かったで
す。この調子で毎日来所してくれると良いなと思います。

最近他の方も回りを見たり他の方の様子を見て行動する事が
出来る様になったと思います。様子を見ながら、自然にそういう
行動を取れる様に声掛けをしたいと思います。



2010年10月1日 posted by yumenbo


交通ルール


1ケ月程前から支援センターへ1週間に一度来所されるOさんと普通自動車免許取得のために勉強を始めました。交通法規を覚えるとともに、その例題も解いていますが、出される例題の中には、普段からルールを守っていれば当然の答だなと思うのもありますが、普段、そのルールを守っていなければ間違ってしまうものもありました。

私自身、免許を取得したのは30年近く前で、Oさんと一緒に勉強していて、再度、標識等の意味を間違えて覚えてしまっていたものもあることを確認しました。

最近のテレビのある番組で自転車が加害者になった事故での問題点を放送していました。自転車に乗るには、自動車と違って免許を取得する必要がないため、誰でも乗ることが出来ます。自転車に乗るに当たってのルールは、それぞれの人が覚えることになりますが、覚えたルールが正しいかの確認をする機会はあまりありません(小学校は自転車教室を行っている学校もあるそうですが。)。センターを利用されている方の中には自転車で来られる方も見えますので、自転車に乗る際のルールの確認をしていきたいと思っています。



2010年9月29日 posted by yumenbo


新しい仲間


朝夕めっきり涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。
最近、センターでは、見学の方、そして、新しい仲間が増えました。
先週デビューされたTさん、積極的に、皆さんの輪に入り、話題も豊富で、初日に人懐っこいS君がTさんにからんでからんで・・・おかげで、Tさんは、緊張が少し、取れたようで、いいスタートを切る事ができました。
今日、体験の、Sさんが一日皆さんと活動を共にしました。
最初は、緊張されていましたが、皆さんの会話に入り、時折笑顔も見られ、皆いい人、楽しかった。という言葉を聞くことが出来ました。しかし、心配されるのは、体調・・・頑張りすぎていないかな?と思います。薬の加減で気持ちの浮き沈みも、あるかと思います。感情がセーブできないときもあるかと思います。そんなときは、気軽にスタッフに声をかけてください。皆さんが、生活のリズムを作り、楽しみ、生きがいをみつけ、仲間をみつけ、人生に潤いがプラスされたら、私達は嬉しいです。



2010年9月28日 posted by yumenbo


マイペース


マイペースという言葉は、人それぞれ違った使い方があるということを、最近改めて思いました。

マイペース・・・自分の思いように行動する

・周りとなかなか合わせられず、自分のスピードで物事に取り組むこと
・周りのスピードに合わせ、焦ってしまい、自分のスピードを見失ってしまう
正反対のことだが、見方を変えれば、

・周りに左右されず、自分のスピードを保つことが出来る
・周りを意識し、スピードを合わせようと取り組むことが出来る
と、このほかにも色々な見方があると思います。

「協調性」に関して言えば、マイペースはどうなの?と思うこともあれば、
「責任感」に関して言えば、最後まで行っているから良い?と思うこともあります。

もちろん仕事上だけでなく、私生活でもいえることだと思います。
・ご飯の時間に全員集まっているのに、一人だけまだ来ずに自分のことに集中している
・出かけるのに、一人だけ支度が遅く待たせている
・急がなくてはいけないのに、のんびり歩いている  
・焦るとかえって何も出来なくなる
・        ・・・・・・・。
マイペースとは、良いところとそうでないところの紙一重だなと感じました。
スピードを上げるのか、下げるのか、
人により、課題はそれぞれですが、私たちも生きていく以上、「マイペース」は課題となってくる部分ではないでしょうか。

今自分のマイペースは周りにとってどう映っているでしょうか。
自分ではわからない部分でもあるので、周りの人に聞いてみることも時には、必要なことかなと。。
落ち着いて、マイペースに考えていれば視野が広がるかもしれませんよ。



2010年9月27日 posted by yumenbo


体調管理


急に涼しくなり朝晩と日中の温度差があり体調を崩している利用者さん
もいます。この時期は体調管理が難しいです。

先日実習に行く予定だったS君が、いつもより元気もなく少し顔色も
悪く来所されました。朝から少し熱があったようでしたが実習があるし
がんばって来てくれましたが、37.6度あった為Mさんに代わって頂き
ました。最初は落ち込んでいましたが、少しずつ熱も下がり?「下がって
来たね。」と声を掛けると気持ちも元気になったのか顔もいつもの明るい
S君に戻りお昼にお母さんが迎えに来てくれましたが最後までがんばり
ました。

これを機にセンターでは利用者さんの平熱を把握するためにも朝
来所されたら皆さんに熱を計ってもらうことにしました。自分の平熱を
知らない方もいらっしゃるし、体調管理が大切な事だと認識して頂く
為でもあります。

日頃から食事や睡眠は十分取りまた服装にも気を付ける様に
今まで以上に声を掛けていこうと思います。



2010年9月24日 posted by yumenbo


自転車盗難!


自転車盗難!!!センターでもありました。!!!
いつものように、センターで、昼食をとり、職場へ向かおうとしたUさんの自転車が・・・「ない!」
センター隣接の駐輪場・・・ない・・・ない・・・ない・・・
鍵はかけておらず・・・新らしめの乗りやすそうなママチャリ。ちょっとそこまで?かは不明ですが、仕事の時間があるので、職員が送迎しました。
同じ駐輪場に鍵のかけていない自転車3台、慌てて、鍵をかけていない利用者さんにかけていただきました。最近自己中も人が多い世の中です。田舎でも普通に家での現金の盗難、畑での作物の盗難、農機具の盗難、物騒な世の中です。センターでの支援のみならず、こういった身近な事件、そうなった時の対処法など、利用者さんと共に考え、伝えていきたいと思います。



2010年9月17日 posted by yumenbo


距離感


相手を知ろうと思うと無意識のうちに近い距離感となっていた自分。
そして相手を受け入れていくことで、支援しているつもりになっていました。

Kさんというちょっぴり素直でちょっぴりマイペースでちょっぴりプライドの高い知的障害の方がいました。Kさんは日によって態度がコロコロ違い、世話になってると真剣に話しをする事もあれば、素直になれなかったり、自分をみてほしいという気持ちの裏返しで人が言われて不快を感じる発言があります。

本人の言う事を全部受け入れないと!と思い、近い距離感(自分的には)で真正面で受ける物だから時には本気で落ち込む事もありました。だけれども今春に出会った頃に比べ笑顔が沢山みられるようになったり、困った時にはセンターを頼ってくれたりと少しずつ信頼関係が築けている様に感じます。
しかし、これでいいのかなとも思いました。
就職や自立を考えた時に課題の1つになると思います。
その為いい事・悪い事をきちんと注意をして、相手の気持ちを考えるよう伝えていきます。

でもまだ何か足りてない気がします。
相手を知る為に今より少し距離を離れ、客観的にみて、どうしていったらいいかを考えたいです。
そして相手を理解する事でKさんとの心の距離感をもっともっと近づけていきたいです。



2010年9月16日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.