news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 >

センターの畑


本日は、Sさんといういつもセンターの畑や花壇、建物まわりの整備を行って下さる方がみえます。

畑があいていると、せっかくなのでと自宅から苗を持ってきて植えて下さいます。
秋には、夏に植えたさつまいもの収穫をSさんとセンターの利用者さんとで一緒に行いました。その後には、そのさつま芋を使用してスイートポテトやさつま芋ご飯を作り、新鮮な食材は格別に美味しかったです。
そして今は、センター畑にはイチゴの苗が植えてあり、今日は黒色のビニールをかけに来て下さいました。夏暑い日、冬の寒い中、センターに愛情をかけて頂けて本当に感謝しています。

センターの利用者さんも、普段なかなか土に触れる機会はなく、自然を感じ、とても良い機会となりました。
そしてまた、就労という道のきっかけにもなりえると思います。実際にセンターでは、農業の仕事をしている利用者さんがみえ、収穫している時の利用者さんの表情や動きから新たな可能性を見つけ出していきたいと思います。



2011年1月28日 posted by yumenbo


インフルエンザ


最近のニュースを見ていると、インフルエンザがはやってきたと報道されていますが、我が家でも子供が、先週、インフルエンザにかかってしまいました。子供は、医者からインフルエンザだから金曜日まで(月曜日に医者に行きました)学校へ行っていけないと言われ、困った顔をしていました。医者に行った時点では、熱も下がっていて、本人としては、いつでも学校へ行けると思っていたからでした。結局のところ、医者に言われたとおりに学校を休みましたが、木曜日あたりからは部屋の中を温かくして布団から出ていたみたいです。

センターへ来ている利用者さんは、今のところ、誰もインフルエンザにはかかっていないようですが、家族の方がかかったという話も聞こえています。

インフルエンザは、予防接種も受けることでその予防ができますが、もし、予防接種を受けていなくても、日頃からうがいや手洗いなどに注意することで防ぐ事ができると聞いていますので、センターの利用者さんがインフルエンザにかからないように注意していきたいと思います。



2011年1月27日 posted by yumenbo


就職に向けて


仕事をする上で、自分自身どんなことが必要だと思いますか?
責任感?意識?意欲?身だしなみ?・・・
人それぞれ色々あると思います。

その中で収入が気になる方もみえると思います。今希望している収入より少ないから気が進まないという気持ち。
私たちも就職活動する上で、給料がどれだけもらえるかは気にしますよね?
利用者さんももちろん同じ気持ちはあります。お金に関しては誰だって気になって仕方が無いこと。
しかし、そうも言ってられないのが、厳しい現実だということもあります。

今、自分自身何がしたいのか、どういう仕事に就きたいのか、
個人で取り組む仕事が良いのか、団体の中で取り組む仕事が良いのか、
何を一番に希望するのか、それを明確にしないことには何も決まっていきません。
ただ就職したいと話していても具体的にどうしたいのか、本人の意思確認が必要になります。

そして周りの協力が必要不可欠となります。
家庭があって今がある。
医者がいて今がある。
昔の経験があって今がある。
今まで積み重ねてきたものがあるから、今の自分がいる。
これを知り、これを受け止め、もう一度自分にはどんな職種が合っているかを共に考えていきます。

そして就職に向けて再出発!!!
家庭と連携し、家庭での状況確認。
かかっている病院があれば連携し、本人の状態確認。
企業の方と連携し、本人の様子を伝える。
一定期間、職員がジョブにつく。
それらを経て、雇用に繋がっていきます。

これからも利用者さん達それぞれに合った支援をしていきたいと思います。
よろしくお願いします!



2011年1月26日 posted by yumenbo


30年ぶり?50年ぶり?


さてさて、センターでの今日のプログラム・・・頭の体操!
1月ならではの・・・ということで、「カルタ取り」をやりました。
昔話の絵柄のかるた、皆で机でやろうか、床に座ろうか、相談し、床でやる事に!
人生お初の方がお見えで、ルール説明し、いざスタート!
皆さんの普段そのままの姿だったり、違う一面を見せてくれたり、性格が出たりと、楽しい時間を共感できました。読み手をローテーションして、大きな声で聞かせる、取るときに、「はい!」を言う。など、発声練習につながったかも。とても集中し、人の話に耳を傾け、とても刺激になり、良かったです。
帰りの振り返りや、日報で、ほとんどの方が、楽しかった、またやりたいなど意欲的な声が聞こえました。それより、30年ぶりでした。50年ぶりでした。との声があり、驚きでした。そうですよね、今、家庭でもやらなくなりましたし、相手が居ないと出来ないですもんね。一緒に楽しめる仲間っていいなー。童心に返って、思いっきり笑ったりする事の大切さを改めて感じました。



2011年1月25日 posted by yumenbo


福祉ホーム


今日は福祉ホームについて話したいと思います。

みなさん、親元を離れて生活しはじめたのはいつの頃でしたか?
学生の時ですか?
社会人になってからですか?
結婚した時ですか?
みなさんそれぞれだと思います。

福祉ホームでは、一番最初に入った方が3月からで、もうすぐ1年が経とうとしています。

親元を離れてまず大変に感じたのはなんでしたか?
多くの方が炊事洗濯だと答えると思います。
当然福祉ホームに入っているみなさんも同じで、一人ひとりが自分のペースで取り組んでいます。

自分が始めて一人暮らしをした時を思い返すと…
服は脱ぎっぱなし
食器は食べたまま
掃除は気が向いたら…
ひどいもんでした。しかしそれと同時に親のありがたみを感じ、やらなければと思い、一つひとつ出来るようになっていった事を思いだします。

正直僕の目からすると、部屋が綺麗でない方もいますが、一人ひとりが一つずつ出来ていけるように、自分はそのきっかけになれればと思っています。

そして、今の利用者さんがいつの日かこの福祉ホームを出て、本当の意味で自立できる様、これからも支援させて頂きたいと思っています。



2011年1月24日 posted by yumenbo


継続こそ力


職場から、時間がルーズになっていると言われたNさん。
先日に続きまして、その後をご報告したいと思います。

今週は、週頭から天候もとても悪かったですが、遅刻する事なく、10分前に職場についていると自信を持ってお話されるNさんの姿がありました。
その背景には、今までam6時の起床が、現在am5:30に起床しているのです。
朝の30分は、とても貴重ですよね。特にこの寒い時期に・・・。
布団からなかなか離れられない私からすると本当に尊敬です。

そんなNさんの、次の目標は継続していく事です。
”継続こそ力”
毎日コツコツと続ける事で、勉強やスポーツが上達するように力をつけていきます。
そしてまた、継続とは経験が蓄積されていきます。
この経験こそ、何物にも変えがたい「力」となり「自信」となると思います。

明日はこっそり職場訪問をして、Nさんの変化した姿を確認してきたいと思います!



2011年1月21日 posted by yumenbo


督促状


ある利用者さんがセンターへ来て、利用者さん宛の封筒を見せてくれましたので、その中身を見せてもらいました。中に入っていた書面には「督促状」と書かれていました。その内容は、利用者さんが数年前に使ったクレジットカードの利用代金が支払ってないので、その残高を支払って欲しいというものでした。この利用者さんからは、支払をしていないクレジットカードがあるかもしれないと聞いていて、そのカード会社に関しての督促状でしたので、これで未払金の把握ができたと思ったのですが、残高が思ったより多かったため、その点は驚きました。この督促状に対する今後の支払については、金額が大きいので、本人やセンター職員、関係者の人達と話し合って対処していきたいと思います。

多重債務者を保護するために、最近、貸金業などの法律が改正はされていますが、まだまだ、改正された法律を理解している人は少ないと思います。クレジットカードは、上手に使えば、いろいろな利点もありますが、間違った使い方をすれば返済に窮したりして大変なことになります。

今後、機会があれば、利用者さんは勿論、その家族の方に、カードについての正しい知識を得られる機会が作れればと考えています。



2011年1月20日 posted by yumenbo


意識


今利用者の皆さんの意識が低下しています。どんな意識か?今日も寒かったのですが、作業場は、ヒーターが入って暖かいのにジャンバーを着てマフラーして毛糸の帽子をかぶってあいさつしようとした方がいらして、理由を聞くと寒いから。室内では着ません、取りますと言うと脱いでいました。今月の目標で遅刻をしないと書いた方が今日も遅刻。理由を聞くと昨晩眠れなかったと言われる。お休みする時や遅刻する時は9時までに連絡する様に言っても出来ない。実習に行くのに相応しい服装でない。言葉使いや態度が良くないなど。センターは何をする所なのか、実習は何を学んでいるのかが分からなくなっている方がいます。いろんな意味で甘えや慣れが出てきて意識が低下しているのではないかと思います。これでは最終目標の就職には結びつきません。

もう一度初心に帰って職員一同どうしたら良いのか話し合い、改善して行きたいと思います。



2011年1月19日 posted by yumenbo


連絡事項


「ほうれんそう」とは、
ほう…報告、れん…連絡、そう…相談
のことを言います。
以前にも書かせていただいたかもしれませんが。

最近「連絡」の部分で出来てない方がみえます。
具体的には遅刻・欠席のことについての連絡がなく、こちらから連絡しなければ状況がわからないということがありました。

今日の場合は、2日降り続いた雪が溶けかけ、道路が凍っている、雪が溶けきれていない道路を通ってきたため、遅刻してしまった。しかし本人からの連絡はありませんでした。
この方は、普段実習に行っているため、遅くても9時20分には到着しておかなければなりません。そして、他実習生に職員が同行し、9時30分に出発するということになっています。
しかし本人は、自転車を走らせていたため、9時半を過ぎていることにも気づかず、連絡が出来なかったようです。腕時計もしていなかったので、時間もわからなかったとのことでした。
仕事をしている社会人にとっては、連絡もなしに遅刻するということはありえないことです。

本人は事の重大さを感じていませんでした。
何事もなかったように来られ、自発的に謝ることもありませんでした。

仕事への意識の低さを感じたため、職員全員が怒っているという雰囲気を出し、本人に事の重大さを感じてもらいました。

就職するにあたって仕事の意識を持ち、言葉使い、姿勢、意欲。
自分がしっかりやっていると思っていても表面上に表れないと、意識しているようには見えないということ。自分も含め、改めていかなければいけないと思いました。

他人や物のせいにすることは簡単ですが、そこで何を思うかによって成長に繋がる人、立ち止まってしまう人に分かれてしまうと思います。全てが自分のせいという訳ではありませんが、反発するだけでなく、時には受け止めることも必要ではないでしょうか。


話が少しずれてしまいましたが、
報告・連絡・相談の「ほうれんそう」を今後も怠ることなく、相手に迷惑をかけない、自分を守る意味も含め、利用者さんに呼びかけ、職員も意識していきたいと思います。



2011年1月18日 posted by yumenbo


雪の日の通勤手段


今日は昨日から降り続いている雪のため、お休みされる方が多かったです。
その中、雪でも出勤しなければならない方もみえます。

雪の日はどのように出勤しますか?
自転車は一番滑りやすいので危ないですよね?そのため、最寄の駅まで自転車で行き、電車で職場近くまで移動。その後徒歩で出勤した方もみえます。
車が運転できる方は車でみえましたが、スタットレスではなく、ノーマルで来られました。スタットレスの方は1人もみえませんでした。
通勤手段が自転車でしかない方は休まれました。

突然起こる自然現象に対してどう対応すれば良いか、予め天気予報を見るなり、事前に対処しておくことが大切だな、と学んだ方もみえたのではないでしょうか。

前日に準備して、次の日に備える。普段から身につけなくてはいけないですね。



2011年1月17日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.