news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 >

ラジオ体操


センターでは、毎朝、朝の会の後にラジオ体操をします。体をほぐしてすっきりして1日に備える、運動不足にならない等が主な理由です。午前・午後作業の日は、午後の作業前にもラジオ体操をします。これは午前の作業で硬くなった体をほぐす、食後で眠くなりがちな体を目覚めさせるなどが目的です。私はセンターの職員になるまで運動らしい運動を長年していなかった為、久しぶりにラジオ体操をしたらとても体が軽くなりました。

最近皆さんのラジオ体操が少しいい加減になりがちで、新しい利用者の方もいらしたので、改めて1つずつ見直してみました。例えば2番目の運動では、踵を上げるや他の運動も腕をしっかり伸ばす上げるなどをしてみると、ほんの数分の運動でも結構きついと思いました。実際皆さんも振り返りでラジオ体操がこんなにきついと思わなっかた。真剣に行うと疲れると分かったなど感想も聞かれました。

これからも毎日しっかりラジオ体操をして、体をほぐして作業の効率が上がる様にしていきたいと思います。



2011年5月27日 posted by yumenbo


念願の就職!!


今月始めに行った実習先での就職が決まり、『本日初回の仕事日』でした。
Iさんは電車で通勤するため、初回という事もあり、
早めに職員との集合時間を設定し、職員と共に電車で出勤します。
普段からよく電車には乗られているため、乗り換えもスムーズに行え、ちゃっかり1人だけ椅子に座り、通勤ラッシュを悠々と過していました。

職場へ着くまでに、挨拶や返事が苦手なので、就労先の職員さんに会ったらまずどのように挨拶をするか、練習しました。
到着してからは、職員が間に入る事で練習した通り、就労先の職員さんにきちんと挨拶をする事が出来ました。
仕事内容は、『トイレの清掃業』です。就労先の職員さんと2人1組となり、清掃をします。
仕事中は大きな声で返事をしており、解らない所は質問もしていました。実習から時間が経っているため、忘れている所もありましたが、指導すると次の場所からは出来ていました。
就労先の職員さんからも実習時から関わらせて頂いているため、「Iさんは手を抜かずにやってくれるため、安心して任せられる」と良い評価を頂ました。「本当ならこれぐらい細かくやらないかんのかもしれん」と就労先の職員さんに感じさせてしまう程、几帳面に仕事をこなされていました。
Iさんからも、イキイキとした表情と姿が見られており、とてもやる気を感じました。

仕事を終えてから、帰り道は覚えているか確認するため、先頭を歩いてもらい、職員は離れて後を追いました。
1度も助けを呼ぶことなく、周りの建物を確認しながら駅まで辿り着けました。

1日を通して、実習とは違った緊張からか表情も硬く、動きも硬く、言葉も以前より少なかったです。
仕事後に就労初日の感想を聞くと、
「体調が悪かった」
と前日の夕方から座ったり立ったりする事も辛いほど腰が痛かったようで、体調もあまり良くなかったそうです。
昼食時に弱音を吐いていましたが、それ以上言う事は我慢し、最後まで仕事をこなす事が出来ました。
このことについて

「よく頑張った」

と声をかけると、相当辛かったようで涙が止まらなくなりました。

その後も涙腺が弱くなってしまったため、帰りまでずっと目がウルウルしていました。
最後の挨拶がまた出来なかったため、注意しました。
その時は涙されましたが、泣き止んだ後は元気良く沢山話をされ、「明日も宜しくお願いします!!」と表情良く帰られました。


Iさんにとって今日は忘れられない1日になるのではないかと凄く感じる1日でした。
体調が優れない日でも、「体調が悪いです」と就労先の職員さんに一言ももらすことなく、仕事をこなされ、辛い中よく頑張っていたと思います。
その緊張感から解き放たれて、Iさんは泣いてしまいました。
これから先も、体調が悪い時はあると思いますが、Iさんは「今日以上に体調が悪い事は滅多にない」と言われたため、今後多少の体調不良でも「頑張れる」とかえって自信になったようでした。
いつ、何処で、どのような形で自信に結びつくか解らないため、何でも経験は必要だと改めて実感した1日でした。



2011年5月26日 posted by yumenbo


土曜サロン


だんだん暑くなってきましたね。
今日も汗ばむ陽気でした。

土曜サロンでは、利用者さんと一緒にお昼ごはんを作って食べたり、トランプをやったりと、のんびり楽しく過ごしています。
今日は冷たい物が食べたいとの意見がありメニューは冷やし中華に決定。
イチゴがあるためイチゴ大福も作る事になりました。

キュウリを切る人、トマトを切る人、玉子を焼く人、皆さん協力して具を刻んでいきます
イチゴ大福の方もイチゴのへたを取り、餡にイチゴを包んでいき、その間に餅皮作り、
白玉粉、水、砂糖を混ぜレンジで2分、またまぜまぜ、レンジで2分あっという間に餅皮の出来上がり
さきほど餡にくるんだイチゴを餅皮にくるみ、みんなでくるくる綺麗な丸にしていき完成です。
火も使わず簡単にできるイチゴ大福。是非ご自宅でも挑戦してみてください。
K君は4個も食べました。とてもおいしかったんでしょうね。

おいしい昼食後、皆様で手早く片付け。その後はトランプをで大富豪をして楽しみました。

平日のセンターとはちょと違った土曜サロン。利用者のみなさん一度覗いて見てください



2011年5月21日 posted by yumenbo


金銭管理


支援センターの利用者さんの中で数名の方の金銭管理を、支援センターの職員が行っています。

その中で、今年に入って、過去に使ったクレジットカードの未払いが見つかった利用者さんの1か月の生活費等に使うお金が、去年と比べると格段に少なくなりました。去年までは、もらった給料が翌月に給料をもらう頃までには、ほぼ、無くなっている状態でしたが、未払い金の返済もあるから、少しでも給料が残る様にお金を使ってみようと話しました。この利用者さんには、毎週、1週間に必要な金額を生活費として渡していますが、まず、最初に、去年まで毎週渡していた金額より5000円少なくして1週間を過ごしてみようと提案しました。利用者さんは、「できるかなあ。」と心配そうでしたが、1週間が過ぎて、次に生活費を取りに来た時には、「かつかつだけど、何とかできた。」と話されました。その後、必要な時には、必要分のお金を追加して渡していますが、毎週渡すお金は一定しており、給料の残額もだんだんと増えています。

4月末から5月初旬は、ゴールデンウィークもあったことから、2週間分のお金を渡しました。そのお金を渡す時、お金を多くもらったことで、早い段階でお金を使ってしまうのではと心配しましたが、先週、生活費を取りに来た時に、渡したお金できちんと2週間過ごせたか尋ねたところ、「何とかできた。」との返事でした。5月に入って仕事も忙しいらしく、来週、生活費を取りにセンターへ行けないかもしれないと話されたため、今週も2週間分の生活費を渡しました。

今回、生活費を少なくしてみようということをした切っ掛けは未払い金の返済があることからでしたが、給料を残して貯金ができれば、何ができるかを利用者さんに話していきたいと思います。



2011年5月19日 posted by yumenbo


感謝の言葉


感謝の言葉と言えば「ありがとう」です。昨年話題になった「ゲゲゲの女房」の主題歌も「ありがとう」でした。横道に反れましたが、「ありがとう」と人から言って頂くと、とてもうれしくとても気持ちの良い言葉ですが、なかなかそう思っていても言うのは難しい言葉かもしれません。それが親子だったり夫婦だとなおさら・・・。しかしそういう関係だからこそ言葉で表さないといけないと私は思います。言わなくても分かるでしょ?といわれがちですが、言わないと一番相手に伝わらない気持ちだと思います。普段なら言われなくてもそう思ってくれてるでしょうと思ってがんばっていても、疲れているとき、嫌なことがあった時、元気がないときなどは、「ありがとう」くらい言ってくれても良いのでは?と思ってしまう。それで関係がぎくしゃくして喧嘩になる事もあるかもしれません。とても大切な言葉です。

センターでは作業中など、この「ありがとうございます。」という言葉がよく聞かれます。みなさんお家でも言っているのかな?一度聞いてみようと思います。家族間での感謝の言葉が言える様に「ありがとう」運動を進めたい思っています。



2011年5月18日 posted by yumenbo


納期厳守


今週の月曜日に作業用の製品が入荷しました。
いつもは納期が決まっていないのですが、今回の製品は木曜日までに仕上げて納品しなければなりません。利用者のみなさんにそのことを伝え、急遽 プログラムを変更して3日間終日作業となりました。限られた時間の中で、みなさん懸命に作業に打ち込み、無事に仕上げる事ができました。
連日の作業で、さすがに疲れた様子が見られましたが、みなさん充実の表情でした。
今回の作業を通して、今まで以上に 利用者さんが作業に対して責任感をより強くするいい機会になったと思います。
いつもに増して、集中し、声を掛け合い、協力する姿が見られたことを嬉しく思います。



2011年5月17日 posted by yumenbo


歯磨き!


養護学校卒業後、直ぐに就職されたM君のお話です。
ある企業に勤める彼は、仕事以前の問題で、身だしなみの事を、会社側から、こんこんと注意を受けてきましたが、最後のリーチの所まできてしまいました。ひげの手入れ、歯磨き、整髪、服装、などなど・・・ひげは毎日頑張って剃ってきています。歯磨きは、一度どんなブラッシングをしているか、見てみたいと思い、持参するよう言い続けて6回目くらいかな?なんと、今日持参しました。で。昼食後一緒にやろうと声かけし・・・食べ終わると・・・私の方ばかりチロチロと見て、意識していました。まだ食べてるから待っててねと言うと、階段の下で歯ブラシを持ってニコニコしてたそうな。いざ始めると、長年横磨きをしていた為か、歯茎がかなり腫れ、歯石はたまり、大変でした。が指導し、また明日もね!に対し、ニコニコ。指導中、ちゃかしに来た少年二人・・・何度も誘い、歯磨きチームに勧誘します。M君はついでにめがね洗いと、ハンカチ持参する事、グチュグチュペは、高い位置からやらない、低い位置で・・・も伝えました。彼は、今、変わろうとしています。指導が入る時期です。毎日の声かけにより、彼も仲間を増やし、沢山会話の出来る空間作りに努めたいと思います。



2011年5月11日 posted by yumenbo


花束


新緑のまぶしい季節となりました。
先日、利用者さんとお花摘みをしました。センターのお庭に咲いている色とりどりのお花達です。
家に持っていきたい方は好きなお花をどうぞ、の声に2名の男性がお母様、奥様の為に色を迷いながら、可愛らしいお花を摘み、花束にして持ち帰りました。なんて言って渡すのかな?と聞くと、なんか照れくさいと言っていました。
後日、2人の男性にお花は渡されましたか?と尋ねると、花瓶やコップに入れて飾っておいたそうです。家族の方もさりげなく飾られたお花を見てきっと喜んでくれたのではないでしょうか。
次回は、いつもありがとうの言葉を添えて是非渡してみてください。



2011年5月10日 posted by yumenbo


卵料理 第3弾


今日のプログラムは「自活」おかず作りでした。
スクランブルエッグ、目玉焼きに続き、3回目の卵料理は卵焼きです。
朝ご飯にも、お弁当にも使える定番おかずの卵焼きですが、実際に調理したことのある利用者さんはおらず、みなさん上手く出来るのか?不安な様子で調理がスタートしました。

1人卵2個を、それぞれ好みの味付けにして、各自で作っていただきました。
卵を巻くのに苦戦する様子が見られましたが、皆さん上手に卵焼きを完成させていました。

今日は、センターの畑でとれた新玉ねぎと、職員の差し入れの絹サヤ、桜エビの炒め物も作りました。旬を感じるメニューで大変好評でした。

デザートのイチゴ(もちろんセンターの畑産です)も添えたら、美味しそうなワンプレートの完成です!

見た目も素敵な料理に大満足の調理でした。

来月以降も、センターでは様々な料理に挑戦していきます。



2011年5月9日 posted by yumenbo


連携


センターの利用者さんが、入院している家族と面会するために、家族が入院する病院へ電話をして、家族と面会をしたいことを話したところ、電話に出た病院の方が、入院されている家族の方の病状や、その家族の方には弁護士がついており、面会には弁護士の了解を得てもらわないと、病院へ来てもらっても面会してもらうことはできないと言われたため、どうしたらいいかとの相談がありました。

そこで、センターの職員が、弁護士や家族が入院している病院の担当ケースワーカーの方に連絡して、面会のことについて確認したところ、面会は可能とのことでした。

最初の電話に対応された方と、弁護士やケースワーカーの方との間での、連携がどのようにされていたのかよく分かりませんが、対応の違いがあったことに驚きを感じました。

利用者さんへ支援をするに当たって、今回の件から、関係する方達と密に連絡を取り合って連携していくことが大切であることを感じました。支援センターを利用されている利用者の方の家族や関係する機関の方と連携を密にして、支援をしていきたいと思います。



2011年5月6日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.