news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 >

1年前を振り返って


1年前のブログに書いた事を改めて読み直しました。

初心の時に感じた事
利用者さんのためにどうしたら良いか、どう成長に結びつけるか、自分の意見ばかりを押し通すのではなく、相手の気持ちも聞きだす事が大切だという事、その他にももう一度思い出さないといけない事があるな、とすごく感じました。
今の自分を振り返り、
視野が狭くなってないか、色々な事を想定して動けているか、声のかけ方はどうか……。
『ほうれんそう』は出来ているか、1人殻に閉じこもっていないか。
周りに相談しているか、1人では出来ない事があると感じているか、独りよがりになっていないか、
自己満足になっていないか…
考えれば沢山あります。

1年前から何が変わった?どこが成長した?と自分では分からないし、成長したともなかなか感じられません。
初めてジョブについた時、ジョブにつく事に慣れてきて、改めて気を引き締めていこう!!と職員間で話し合った時…全員が利用者さんのためにという気持ちを強く持ち、こうした方が良い、これはどうなんだろうと意見を出し合いました。

周りから言われて初めて気がつける事が多々あると思います。良い事も悪い事も、、
利用者さんと職員、この部分は同じじゃないかな、とこのブログを書いていて改めて思いました。
1年間で大きく成長するか、少しでも成長するか、それは人それぞれの事であり、それぞれのペースがある。それを周りが理解する事が大切であり、忘れてはいけない事ではないかなと思います。
焦りは禁物、焦ると視野が狭くなり、考える力が小さくなってしまいます。
何でも落ち着いて、周りを見渡して動けるぐらいのゆとりを持って、これからもやっていきたいです。



2011年9月29日 posted by yumenbo


きっかけ


私達指導員は、日々利用者さんと関わっていくなかで、こうしなさいだとか、何故やってこれなかった。など、一方的に伝えてしまう事があります。しかし、それではただ注意をしているだけでしかないと思います。
時には、やってこれなかった理由もあるはずです、しかし注意だけをすると、すみませんでした。ごめんなさいなどの言葉しか出てこない事が多く、はたして本当にそれが本人のためになっているのでしょうか?
時には厳しく注意をすることも必要だとは感じますが、私達指導員は、何が良くなかったのか、どうしていけばよいのかなど、本人が考えるきっかけになるような言葉がけをしていかないといけないと考えます。
指導をすることは簡単ではありません、自分の考えを押し付ければ良いというものでもありません。どの様な言葉がけをしたら伝わるのか、この言葉をつかうと、あいてはどの様に感じるのか?日々考えます。
こうしたら良いというマニュアルはありません。日々、私達が伝える言葉が利用者さんの変化につながるきっかけになればと思います。



2011年9月27日 posted by yumenbo


準備


何かしようと思った時は準備をします。例えば手紙を書こうと思えば、書く場所を考え机や椅子を用意、便せん・封筒・ペンなどです。必要なものを考えて準備して始めます。

地域活動支援センター大林でもみなさんそれぞれの仕事に合わせて準備をして始めるのですが、準備に掛かる時間はまちまちです。準備にいつも時間が掛かってしまい、仕事を始めるのが遅くなる実習生がいます。準備するものは分かっているのですが、自分が作業しやすい高さに合わせるのに使う空箱の準備を1つずつ持ってきたり、中敷きに使うダンボールも1枚だったり、ドリルやエアーを掛ける物を自分に向ってどちらに置いているか、仕上げた物はどちらに置いているのか、分かっているのに設置するのに迷い時間が掛かります。考える力はあるのに、分からない、聞けばいいとなっている。甘えてしまう。少しヒントを出すと出来る事あります。しかしそれではいつまで経っても1人で出来る様にならないので、今日は考えて出来た準備を自分に分かる文章で書き、設置の位置を図にしてみました。同じ仕事の時はそれを見ながらやってみる事を伝えました。最初は見ながら準備をして、だんだん見ずに出来る様になってくれたらと思っています。上手く行くかどうかは分かりませんが?、いろいろ試して行いダメならまたやり方を考え様と思います。まず自分で考える力を養って行ける様に支援したいと思います。



2011年9月26日 posted by yumenbo


避難訓練


今日、センターの建物を利用している方に避難訓練に参加していただきました。センターで行った避難訓練は、地震が起きた後に火事が発生し、建物内から屋外に避難するものでした。

昨年も訓練を行っていますが、消防署への通報を行う担当者や建物内にいる方へ連絡する担当者、初期消火を行う担当者を変更して、職員の誰もが、いくつかの役割をできるようにしました。訓練には消防署の方も来てもらい、訓練について見てもらって、それぞれの担当者が訓練終了後に、その講評を受けました。

私自身は、初期消火の担当として、消火器で初期消火を行いましたが、訓練だからと思っていたこともあり、消火器で消火を約15秒行わなければいけないところを5秒ほどですましてしまったため、後で注意されました。訓練でも本番と同じようにしないと、いざ本当の火事の時には、適切な行動がとれないことを消防の方から言われました。

屋外への避難の後、消火器の使い方や、煙体験をして、火事の際の注意事項を消防の方から指導を受けました。

今回の指導を忘れず、いざというという時には、教えてもらったことを行動に出せるよう心掛けたいと思っています。



2011年9月22日 posted by yumenbo


自分の道具


先日の「頭の体操」プログラムで、コースター作りを行いました。並縫いを練習し、簡単な縫い物やボタン付けができることを目的としたプログラムでした。
家庭科の授業以来という利用者さんが多い中、普段から服のほつれを直しているMさんと、裁縫が得意というOさんは自宅で使っている道具を持参される程、やる気十分で参加されました。さすがにお二人とも縫うのが早く、糸の色や縫い方まで工夫されて完成されました。
そんな二人に、職員からぜひに!とお願いして、作業の掃除で使う雑巾縫いをお願いしました。
タオルを半分に切ったものの切り口を三つ折にして縫うだけの簡単雑巾です。快く引き受けてくれた二人は、あっという間に雑巾を完成させてくれました。
それを見ていたT君。自分も仕事で使う雑巾を作りたいと申し出がありました。彼は公園のトイレ清掃の仕事についています。その仕事で使う雑巾を自分で作りたいということでした。しかも2枚も!
職員としては、とてもとてもうれしい言葉です。
慣れない手つきで頑張って完成させました。(やや縫い目が粗いのはご愛嬌です・・・)
早速、明日から使うそうです。同僚のかたの驚く顔が思い浮かびます。
自分で作った道具で行う仕事はどうだったでしょうか・・・?今度、感想を聞くのが楽しみです。



2011年9月13日 posted by yumenbo


季節ごと


センターでは、毎月「季節ごと」として、季節を感じられる内容のプログラムを取り入れています。今日は、十五夜にちなんで「月見団子作り」を行いました。
簡単な工程ですが、いきなり水を入れすぎて生地がゆるゆるに・・・。小麦粉でなんとか修正し、次は丸める作業です。大きすぎる方、小さすぎる方、まんまるにするのに手こずる方・・・。それでもお互いに注意しあい、声をかけ合って、和やかムードで作業は進みました。
あんこときなこを添えて完成です。
冷凍さといもで、簡単な煮物も作りました。
ススキとキキョウを飾って、秋らしい食卓となりました。
来月以降も、季節を感じられる内容を考えていきたいと思います。



2011年9月12日 posted by yumenbo


人気のプログラム


センターでは、作業以外にもいろいろなプログラムを取り入れていますが、中でも人気は「スポーツ」です。 バドミントン、ソフトバレー、卓球など、参加人数や皆さんの体調と相談して内容を決めています。
皆さん張り切って動き回るため、普段スポーツとは無縁な生活の私は、毎回筋肉痛に悩まされます。。。
今日は、後半 輪になってソフトバレーのパス回しを行いました。初めに相手の名前を呼びかけながらのパス回し。今日からセンターに仲間入りしたYさんも、しっかり全員の名前を覚えていらっしゃいました。慣れたところで5回ボールを落とさずに続けよう!と頑張りますが、ボールが飛びすぎたり、上手く返せなかったりと なかなか難しかったです。 そんな中でもYさん積極的にナイスプレーの連続!!意外?と言っては失礼ですが、スポーツマンぶりに驚きました。
そして最後は いつもより念入りにストレッチを行いました。特に下半身の筋肉を伸ばす動きを念入りに行った所、翌日筋肉痛になった人多数でした。もちろん私もですが。
まだやりたかったな~。と名残惜しい言葉が聞こえる中、今月のスポーツは終了しました。
暑さも落ち着く来月は、久しぶりに午前・午後共1回ずつ、スポーツを取り入れる予定です。
今月、参加できずに残念がっていたTさんも、もちろん他の利用者さんも、来月もいい汗流しましょうね!



2011年9月6日 posted by yumenbo


規則正しい生活


突然ですが、皆さん何時に寝て、何時に起きますか?私は午前0時までに寝て、6時半までに起きるようにしています。でも早く寝られるように段取りをつけて、早く寝る日もあります。

利用者の方で早く寝ても体がだるく起きられない方や、ついついゲームをして日付けが替ってから寝てセンターにぎりぎり間に合う時間に起きる方などいらっしゃいます。

起きられない方には、体の異常がないか確認し、まず布団を畳む事を促し、歯を磨き顔を洗い髭をそりさっぱりしたら連絡をくれる様にしました。次にしっかり食事をしてエネルギーを取ったら連絡をくれる様にしました。するとしっかり目覚めたのか朝とはあきらかに違う元気な声だったのでセンターに来られるか尋ねると「はい」としっかり返事をして来る事が出来ました。

ゲームが楽しみな方には、少しずつ時間を短くする事を言っていますが、すぐには直らないので、声掛けをしていきたいと思っています。

就職を目指している利用者のみなさんには、まず規則正しい生活が出来ていなければ就職しても遅刻やミスにつながるなど長続き出来ない原因になる事を理解して頂き改善出来る様に支援したいと思います。



2011年9月1日 posted by yumenbo


9月の目標


今日で8月も終わりです。月末は、1ヶ月を振り返りつつ、翌月の全体目標を全員で考えるプログラムがあります。
「体調管理に気をつける」「規則正しい生活をする」 「仕事を頑張る」 「整理整頓する」等々・・・各自考えた意見をまとめて発表して頂き、多数決で2つに絞ります。
決定した9月の目標は、「約束を守る」「あいさつをしっかりする」です。
社会生活する上で、基本的で重要なことです。
しっかり意識して生活し、月末に振り返った時に、全員が「守れた!!!」と言えるような1ヶ月を過ごして頂きたいと思います。



2011年8月31日 posted by yumenbo


クレジットカード


クレジットカードは多くの方が持ってみえると思いますが、このクレジットカードを上手に使えば商品の購入以外にも利用に応じたポイントでカード会社からのサービスがあります。しかし、使い方を間違えたりすると大変なことになり、トラブルになったりします。
使用限度額がクレジットカードにはありますが、ついつい買い物をたくさんんしてしまい、支払の段階になって困ってしまう事も。使用限度額については、カード関係の法律改正も有り、カードを持っている方の年間収入額をカード会社が行う様になっているため、ある程度、収入に見合った額にはなってきていると思いますが。

センターの利用者の方の中で、カードをめぐってトラブルが発生した方もみえましたが、早い段階で相談に来られたことから、何とか、そのトラブルを解決できました。また、カードの使い方を注意してもらうため、関係機関の方に利用者さんや家族の方にお話をしてもらいました。

利用者さんにクレジットカード絡みのトラブルが発生しない様に注意し、もし、トラブルが発生した時には、その解決に力を注いでいきたいと思います。



2011年8月25日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.