news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 >

やる気


相手に「やる気」になって頂く事・・・
それは、自分が頑張るより難しいなぁとも思う今日この頃です。

いくらまわりの支援者が、よかれと思い、様々な取り組みを行っても、本人の気持ちがついてきていなければ、達成する事もできませんし、身にもならない。
利用者さん自身が目標として定めたといても、そこにどこか指導員の知恵や指導が組み込まれていたり。また、目標を達成する事はそうそう容易ではなく、途中での諦めや挫折。

現在の利用者さんの気持ちに寄り添っていくこと。それはとても大切。
しかし、その中で、自立に向け指導していくことも、また、とても大切。
そのさじ加減の中、押したり引いたり…トライの毎日。
利用者さん一人一人違うため・・・トライの毎日。ひび学びと勉強。

自分はどんな時に「やる気」になっているのか、人はどんな時に「やる気」になっているのか。
やらなければいけない・・・ではなく、自分自身の中から湧き出るやる気。
それは、☆生きて行くうえでのスパイス☆・☆生きている実感を感じる瞬間☆だと思います。

自分自身、自分の事だと頑張れない、まあいいや・・・と思い事も、利用者さんの為だと、とどこからか湧き出てくるやる気!!日々、出会う人に感謝の毎日です。
感謝の気持ちを込め、その分、利用者さんへ、「やる気」が湧き出てくるよう、恩返しできるよう、これまで以上に頑張っていきたいと思います。



2012年5月25日 posted by yumenbo


気を引き締める!


暑い日、寒い日、朝晩の温度差もあり、皆さん体調は大丈夫でしょうか?

さて、今日は、最近センターに通っている利用者さんと、今週から私たち夢んぼのスタッフに仲間入りしたOさんと一緒に、いつもお世話になっている、大林精工に見学に行かせていただきました。大林精工では、昨年会社内に立ち上がった、地域活動支援センターで、現在5名の実習生が1日4時間働かせていただいます。見学の4人の利用者さんは、働く実習生を自分の目で見て、驚きと、頑張ってるね!という労いと、自分も慣れたら出来る様な気がする。また、厳しいみたい・・・といって、急にテンションが下がった方もいらっしゃいました。いつか、自分にも実習のチャンスが到来するかも?と意識して、地域活動支援センターあいさいに戻り、生活のリズムをしっかりする事。コミュ二ケーション能力や社会性を身につけること。大きな声を出すこと。それぞれ気を引き締め、いろいろな思いを持ちながら、センターに帰ってきました。今日の見学を何か感じ取り、前へ前へ進んでいけたらいいな!と思います。
私も、日々勉強で、失敗を繰り返しながら成長していきたいです。



2012年5月23日 posted by yumenbo


見えない気持ち


思ってる事を口に出して伝えることができれば、周りの方にも自分の気持ちが伝わります。 そして、自分の事を理解してもらえます。
でも、自分の思いを伝える事が苦手な方もいます。
とても悩み、考えても時には間違った事をしてしまう事だってあります。
自分もうまく気持ちを伝える事は苦手ですが、周りの方からの言葉や行動に勇気をもらい、前に踏み出す事が 出来ます。

利用者の方にも自分を出せない、伝えれない方もいらっしゃいます。
そんな、見えない心の気持ちは何より大切です。
自分の感情で考えず、相手の立場に立って物事を考えていきたい。
そして利用者の方が自分の気持ちを伝えられるような空気を作っていきたいと思います。



2012年5月20日 posted by yumenbo


余暇の過ごし方


地活では就労に向けた取り組みを行っていますが、人が日々生活していく中では、仕事以外の楽しみを持つ事も大切な事だと思います。余暇をどう過ごすかで気持ちのリフレッシュにもなります。又、旅行に行く為に頑張って働く。と言う事も前向きな目標になり、良いのではないでしょうか?
利用者さんと自宅での過ごし方について話をすると、音楽を聴く、インターネットをする、ゲーム、読書等 様々な過ごし方をされています。 そのなかで、最近ギターを習い始めたHさんがいます。すんなり上達!というわけにはいかない様ですが、マイペースにとても楽しんでいるようです。いつか地活で披露して頂ける日が来るのかな?と、とても楽しみにしています。



2012年5月18日 posted by yumenbo


イエローカード


イエローカードと言えば、サッカーの試合で選手が反則をすると審判から出されるものですが、愛知県警が「イエローカード」という名称で注意をするということを始めるということを聞きました。それは、自転車を運転する人に対してのものだそうです。

法律の改正で、自転車を運転中に携帯電話を使っていたり、大きな音量で音楽を聞いていたりすると自転車の運転者にも罰則が与えられる様になりましたが、愛知県警では、前記違反をした自転車運転者を見つけた場合、その人に対して、イエローカードを交付して、まず注意を促すそうで、イエローカードを交付されても罰をすぐに科せられることはないそうです。

センターの利用者さんの中には、移動方法が自転車という方も多くいますので、法律の改正内容を伝え、利用者さんがイエローカードの交付を受けない様、注意していきたいと思います。



2012年5月14日 posted by yumenbo


利用者の声


私たちは利用者さんと共にと考えています。話を聞く事、意見を聞く事、その声を元に職員で話し合いをする、また他の利用者の方に意見を聞き、みんなで考えたりもします。それぞれの考えを聞いてまとめて決まりごとにします。

新しく仲間になったIさんが、昨日今日と自分が苦手、分かり辛い事を話してくれました。自分は耳より目からの情報の方が分かりやすいので、毎日の時間のスケジュールやトイレ掃除の仕方などを文章にしてもらえると分かりやすいですと。私は聞き、なるほどと思い「良い意見をありがとう。すぐ他の職員と相談して対応します。」と答えました。言われるまで気付かなっかった自分はまだまだ利用者さんに寄り添っていないと反省しました。早速職員で話をしてスケジュールは今日作成し掃除については話し合いをする事にしました。

Iさんには何かあったら言って下さいと伝えましたが、気付いた事をどんどん言える環境を作っていきたいと思います。



2012年5月11日 posted by yumenbo


体調管理


5月大きなイベントのゴールデンウィークが終わり、休日の感覚がなかなか抜けない方も多々みえるのではないでしょうか。
例えば、連休中に生活リズムが変わってしまい、朝起きる事が辛い・・・夜なかなか眠れない・・・ご飯を食べる時間が違い、お腹が空く時間が違う・・・などなど、思い当たる事はないですか??

これらが当てはまる方は、「体調管理をする。生活リズムを整える」という言葉をよくかけられたりはしてないですか?


体調管理とは、どのような事を意味しているのでしょう。。
・食事をしっかりとる事
・衛星面(掃除)
・睡眠をしっかりとる事 …
食事でも栄養が偏った物や量が少なすぎたり、多すぎたりする事もあまり良いとは思えませんし、
睡眠も寝すぎる事は良いのか?と“体調管理”といってもなかなか難しい事だなと感じました。
それと同時に自分は体調管理が出来ているのか?!という疑問もあります。

インターネットで調べてみると、
体調管理とは、体の調子を悪くしないように、健康に無理のない生活や規則正しい生活を送ること。?
と書かれていました。

日頃の体調管理について、何か気をつけている事はありますか?
ちなみに私は3食は必ず食べるように心がけています。特に朝食は、出勤するまでに時間がない時でも、必ず何かは口にするようにしています。
栄養を考えた食事はなかなか難しいですが、自分なりに無理のないように出来る事から始めていこうと思います。

生活リズムが崩れ、食生活が乱れている方、掃除がなかなか出来ていない方にも、その人その人に合わせて、無理のないよう、出来る事から整えていけるように声をかけ、支援していきたいと思います。
これからも共に学び、自分が試し、実際にためになった事は、他の方たちにも情報として知らせていきたいと思います。



2012年5月9日 posted by yumenbo


自分たちの役割とは


愛西市障害者地域生活支援センターでは日々様々な方から、様々な相談を受けています。私たちの主な仕事は就労支援であり、利用者さんに合った仕事を見つけ、会社と調整を取り、継続雇用に繋げていく事です。

働くという事は、社会人への第一歩であり、自立への大きな一歩となります。

しかし、働くという事は生きていく上での一つの要素であり、食事をすること、旅行に行くこと、スポーツをすること、お酒を飲むこと、本を読む事、音楽を聞く事など、生きていくうえでの楽しみは人それぞれ、たくさんあります。

センター職員の力として就労支援は必要不可欠ですが、それだけではなく、利用者さんが豊かな暮らしをする為に、何ができるのか。それを考え、行動するのが自分の役目だと感じる今日この頃です。

ゴールデンウィークに入っていきますが、事故、怪我の無いようにお過ごしください。



2012年4月28日 posted by yumenbo


問題


問題として捉えられるかどうか・・・
問題として捉えたのならばその後どうするか・・・
至急、対応策を考え問題を解決する。
それが指導員の力量である。

あたり前のように時が過ぎていく中で、私たち指導員は、利用者さんの変化、様々な事に対していち早く気づかなければならない。
しっかりと目をむけていなければ、見過ごしてしまうことがあります。
問題が大きくなった時に、心の傷も大きくなってしまいます。

まずは、小さなsosに耳を傾け、視野を広く持つ。問題を問題として捉える。
そして、1人の知恵よりセンターの仲間の沢山の知恵を出し合い、よりよい解決策を考えていく。
そして、問題を利用者さん家族、センターの仲間、関係者・・・・共に協力し解決していきたいと思います。



2012年4月12日 posted by yumenbo


自己管理能力


最近、自己管理について色んな場面で、考える事があります。

先日、実習生で、雨の中、カッパなしで自転車で通勤された方がいます。朝、出かける時は小雨だった様ですが、帰りは、結構な雨でしたが、傘を貸す事も出来ず、ずぶぬれになって帰って行きました。常日ごろから雨の準備は自分で!と伝えています。朝、必ず、天気予報を新聞なり、テレビなり、自分で調べて、時間に余裕を持って通勤する事も伝えてはいるのですが、なかなか、行動に伴いません。なかなか浸透せていきませんが、続けて行きます。帰宅後、自宅に連絡すると、濡れた髪をタオルで拭いていたようです。



2012年3月26日 posted by yumenbo


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.