news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 >

地活大林☆仕事への意識


今年度に入り、任せていただける仕事内容が増えてきました

1つ例をあげると、切り粉出しです

切り粉出しとは、金属の棒から製品を製造する際に出てくる金属の屑です毎日機械にたくさんの切り粉が貯まるため、1日の中でも何度も切り粉出しを行います

切り粉出しには、体力とスピードが求められます金属なので、重量がとてもありますそして、ゆっくり行っていては次の仕事へ影響が出てしまいます生産性が落ちてしまうんです

 

任された方は体力とスピードの2点の向上を目指し、取り組むようになりました

まだまだ苦戦をしている所ですが、一人ひとりに合った道具と方法でどれだけ力を伸ばしていけるか、

会社の方も期待しています

それにこたえられるよう、私たちも工夫し、伝えていきます



2014年4月18日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 西川 沙也香


地活大林 意識


少しずつ暖かくなりました。

大林でも冬はとても寒かったですが、暖かくなり仕事もスムーズに出来るように

なりました。

ここで改めて、実習生の方たちに時間と身だしなみの意識することを忘れないようにと

伝えました。

腕時計を見て5分前行動をすること、鏡を見てシャツは出ていないか、襟は中に入っていないか

と普段やれていることでも、時々、忘れてしまうこともあります。

お互いに気付いたら、皆で声を掛け注意しあえるように、そんな環境を作っていけれるように

していきたいと思っております。



2014年4月12日 posted by 村田 みどり


地活あいさい 新年度スタート!


4月を迎え、本日より新年度のスタートです。

地活では職員の異動があり、新しい職員を迎えての新体制が始まります。

職員の変化で不安になる利用者さんもいらっしるかもしれませんが、今年度も利用者さん一人一人に寄り添って毎日を過ごして行きたいと思います。

今年度もよろしくお願いします。



2014年4月1日 posted by 宇佐美 友加里


地活あいさい☆避難訓練


避難訓練を行いました

 

以前は利用者さんに避難訓練と知らせず行いましたが、今回は利用者さんに「今日は避難訓練をします」とお伝えしてから行いました

そのため、前回との違いがとてもよくわかりました

 

前回は、本当に火事が起こったと思い、自分の大切なものを持ち出そうと動揺している方がみえましたしかし今回は、“練習”という事を知っているため、その方も落ち着いて、行動することが出来ていました

 

知っていて行う訓練と知らずに行う訓練での違いを目の当たりにし、実際起こった時の事を考え、避難訓練をしないと意味がないことをとても感じました

 

実習生の子は、「とても良い体験が出来た」ととても喜んでいました



2014年3月20日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 西川 沙也香


地活あいさい  かわいい実習生


3月10日から中学校を卒業された子供達が、地活あいさいに実習に来ています。

 

10日から12日に来たH 君。2回目でしたが、恥ずかしい?気分が乗らないのかなかなか仕事は出来ませんでした。お弁当を食べるのも時間が掛かっていると、お子さんのいる利用者さんが笑顔で声をかけ食べるように促してくれました。また兄のように優しく声掛けをしていた方もいらして、普段見られない顔を見る事が出来ました。3日間嫌がる事も無く休まなかったH君がんばりました。

 

13日から2日間来たT君。初めてでとても緊張していましたが、段々慣れると笑顔も見られ休憩中は大好きな歌を歌っていました。しかし仕事になると歌を歌うことは無く、手順などしっかり聞くことが出来、1度もミスする事も無く実習を終えました。あいさつ返事もしっかり出来ていてまた最終日には「2日間ありがとうございました。」と言う事も出来てすばらしかったです。  子供達の活躍は利用者さんにとっても良い刺激になり癒しにもなっています。今週来る子供達はどんな子かな?楽しみです。



2014年3月16日 posted by 伊藤 貴世佳


地活あいさい☆新しい取り組み


久しぶりに刺繍の紹介です

ナイロンのシャカシャカ上着に刺繍をしてほしいという注文をいただきましたしかし、ナイロンの物に刺繍をした事がありません

綺麗に仕上げる方法を考え、他事業の方へ相談し、工夫をしながら取り組みました

 

その結果…

何とか刺繍をする事が出来ました

利用者さん共々、職員も疲労困憊でした

喜んでいただける事を願って、心をこめて袋詰めをさせていただき、無事納品する事が出来ました



2014年3月10日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 西川 沙也香


地活あいさい 土曜サロンで趣味を広げましょう!


利用者さんは、それぞれいろいろな趣味を持たれています。

読書、カラオケ、スポーツなど様々ですが、余暇活動の提案として、土曜日のサロンでは午後からの時間にカードゲームやDVD鑑賞を行っています。DVDは数種類用意してあり、多数決でその日に鑑賞する作品をみんなで決めます。DVD鑑賞をきっかけに映画鑑賞に興味を持たれ、実際に映画館に足を運ばれた利用者さんが感想を報告して下さることもありました。又、室内で出来るスポーツも行っています。先日はペットボトルを即席のピンに見立てたボーリングを行い、大いに盛り上がりました。卓球がやりたいとの意見があれば、長机を用意し簡易卓球台の出来上がりです!本格的な道具がそろっていなくても、充分楽しい時間が過ごせます。サロンをきっかけに趣味を広げ、楽しく余暇が過ごせるよう、今日も職員は次の提案を考えています♪



2014年2月26日 posted by 村田 みどり


地活大林☆歴代の先輩たち


地域活動支援センター大林へ出勤している方が新しい仕事を覚えることになりました

 

大林精工株式会社の社員さんからは

「あなたは何でも出来るようになるけど、出来る時と出来ない時の波がある。それでは困る。この仕事は気持ちが製品にとても良く表れる。でも私はあなたなら出来ると信じている。だからこの仕事を任せたい。期待している

と声をかけていただきました

Sさんはとても心配そうに顔も下向き加減でしたが、“出来ると思っている。期待している”という言葉にとても嬉しそうな表情も見せました

 

仕事を教えていただく方は、以前地域活動支援センターあいさいへ通っており、大林精工株式会社へ就職した、いわばSさんの先輩ですとても緊張しているSさんに優しく「大丈夫だって」と声をかけ、丁寧に仕事を教えてくれました

終礼が鳴ると、今までこの仕事をしていた先輩たちが集合し、とても心配そうにしていました

「ちょっとやってみて」とSさんがやっているところを見ても心配だ…という様子だったので「困った事があったら声かけて」とSさんに優しく声をかけていました

こんな風に声をかけてくれる先輩がいるって良いですねとても微笑ましい光景でした



2014年2月22日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 西川 沙也香


地活大林・標準時間を目指して!!


 1月から地活大林に体験実習を開始した方がいます。

 初めは製品のエアーがけを行なっていましたが、加工、エアーがけの工程を経て行なう梱包の仕事を現在してもらっています。

 梱包の仕事は、梱包をした後に、そのまま企業への出荷となるので、責任感や不良品を入れてはいけないというプレッシャーがかかってしまいます。そのため、初めの方はキズや汚れを見落とさない様にするために、検査をする時間が長くなり時間がかかり過ぎていました。その時の1箱梱包をする時間は標準が40分に対し、1時間30分かかっていました。

 職員が話をして本人から「もっと早く梱包をしたい」との事だったので、どうすれば早くなると思いますか?と聞き「検査をする時間をもっと短縮出来れば早くなると思います」と話されていました。本人と話をして、検査をする時に見るところを決め行なう事にしました。

 その結果1時間30分かかっていたのが、50分とかなり早く出来る様になりました。



2014年2月12日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


地活あいさい 日直さん


地活では、毎日活動の始めに「朝のあいさつ」、終わりには「帰りのあいさつ」を全員で行います。

日直担当の利用者さんの「おはようございます。」に続けて全員で挨拶の練習です。

初めて日直をやる方は「人前で話すのが恥ずかしい…大きな声が出せない…」と不安でいっぱいですが、みなさん何度か経験するうちに大きな声が出せる様になってきます。

人前で話す事が出来れば自信にも繋がります。又、人に合った時に自然と気持ちの良い挨拶が出来る様になってきます。

今日も利用者さんの明るい「おはようございます!」で元気な1日の始まりです♪

 



2014年2月5日 posted by 宇佐美 友加里


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.