news
news
news
求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング



○夢んぼ本部
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-25-5913
 Fax:0567-25-5913

○第2夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-28-1070
 Fax:0567-28-1070

○ソーシャルセンター夢んぼ
 〒490-1304
 住所:稲沢市平和町法立十一丁31番地4
 Tel:0567-69-5586
 Fax:0567-69-5587

○ワークステーション夢んぼ
 第2ワークステーション夢んぼ

 〒496-8014
 住所:愛西市町方町松川70番地1
 Tel:0567-55-7456
 Fax:0567-55-7458

○ライフステーション夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田62番1
 Tel:0567-31-7811
 Fax:0567-31-9171

○癒しのわ いなべ
 〒511-0431
 住所:三重県いなべ市北勢町別名203-2
 Tel :0594-37-2239
 Fax:0594-37-2239

1 2 3 >

ライフステーション夢んぼ   ~クッキング教室 フレンチトースト作り~


夕方のカルチャーの部ではフレンチトースト作りを実施致しました。 日頃馴染みがあるおやつの為、「お母さんといっしょに作った事がある」・・・という方もみえ手際よく作成できましたので、その様子をどうぞ!(^^)!   ① クッキング教室では何度も実施している卵割り工程。。皆さん手慣れたもので大変お上手です。        ② 割った卵をかき混ぜる工程です。皆さん順番に混ぜていきます。           ③ 混ざった卵液に牛乳を投入砂糖も入ります。何が出来るのか皆さんワクワクが止まりません     ⑤(重要ポイント!(^^)!)ここでしっかり混ぜるのがポイントです。砂糖が残らないようしっかり混ぜます。      ⑥ その後、混ぜた卵液をバットに移します。 ⑦ 今回は食パン6枚切を使用。1枚を半分に切り、卵液に浸していきます。きちんと並べないとバットに入りません。「ここの間なら入るよ」と声を掛け合い、工夫しながら取り組んでいました。   ⑧ 裏返して両面しっかり浸みこませていきます。さあ、完成も間近 ⑨ 焼きあがったトーストをお皿に並べて、粉砂糖を振り掛けバナナを添え、ケーキシロップをかけてフレンチトーストの完成皆さんの感想は“甘くてトローリ、プリンのよう”これなら簡単、おうちで作ってみよう“ 等々、色んな感想を頂きました。今回も楽しいクッキング教室となりました。   今後とも色々なお菓子作りにチャレンジしていきますので楽しみにしていてください。   ライフステーション夢んぼ 杉浦 加津代  


2020年3月30日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション夢んぼ ~お給料日〜


毎月15日は、利用者さんのお給料日です。 1ケ月頑張った成果が目に見える形となってきます。   ライフステーションでは、一人ひとり個別に一か月を振り返りながら、金額を確認し、また新たな活力へと繋げていけるように話をしています。    「今月は、こんなにもらえるの?」「お給料で、何を買おうかな」「映画も観たい!」など、楽しみは膨らみます。       見てください!いい笑顔でしょ(#^.^#)   また、お金の大切さについても、話をしながら、働くこと、やりがい、生きがいなど感じてもらえるようにしています。 自分が頑張って働いて、たくさんのお給料がもらえた時の喜びを感じてもらえるように、日々の仕事を丁寧に、責任をもって取り組めるようにしていきたいと思います。   ライフステーション夢んぼ 大野 結子


2020年3月23日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション ~チェアヨガ~


ライフステーションでは、チェアヨガのプログラムを隔週で取り組んで行っております。 チェアヨガって何と思われる方もいらっしゃると思います。 私自身もこちらで初めて体験させていただきましたが、もっとよく知りたいと思い調べてみました チェアヨガとは〝椅子を使うことにより、立った状態より安全に行えるヨガ〟というものです。 日中に細かい作業が続くため、このような時間で心身のリフレッシュを図っていただければと思います。では頑張る皆さんの姿をお伝えしていきたいと思います。   まずは上肢、肩や腕をしっかり動かす→脱力を繰り返しほぐしていきます。      次に身体・下肢の屈伸、可動域を中心とした動きです。皆さん決まってますね    マットを使って寝ながらの全身のバランス運動、時には先生と一緒に行ったりもします。     最後は人間トンネルです。トンネルを潜っていくというシンプルな動きですが、これが見た目以上に結構しんどいです ですが、皆さんこれが大好きとてもいい盛り上がりを見せてくれています。   今後もプログラムの中だけでなく、日ごろから楽しく取り組めるような、仕事の気分転換ができるような運動を取り入れていきたいと思いますのでよろしくお願いします。   ライフステーション夢んぼ 水谷 恵美  


2020年3月12日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション夢んぼ


2月も終わりに近づき、少しずつ春の訪れを感じるようになってきました。 ライフステーションでは、作品展に向け制作を行いましたのでその様子をお伝えしたいと思います。   今回の制作の役割分担は、イラストを描く、それをカッターやハサミで切る、カラーセロハンを載せる、ラミネーターにかけるの工程に分かれ活動を行いました。   ●イラストを描く、カッターやハサミなどで切る    手先が器用な人にそのイラストなどの素材を描いてもらい、色々な素材の用紙を用意していきました。「描くことは好きだからいくらでも描けるよ」と嬉しい一言。本当に頼もしいで限りです。 次にそのイラストをカッターやハサミで切る人は、線に沿ってしっかり切ること、どこまでを切って、どの部分を残すのかなどを考えながら真剣に取り組んでいました。   ●カラーセロハンを載せる       ラミネーターフィルムにイラストの用紙を挟んだら、次にカラーセロハンを載せていきます。「この色がいいかな」「ここはこうしよう」など一人で考えたり、相談したりと自分の好きなように色々なセロハンを混ぜ、楽しく取り組んでいる様子がみられました。   カラーセロハンを載せたら、最後にラミネーターをかけて終わりです。 特にラミネーターをかけるときは、上下の向きや歪みがないかなどをチェックしなければならないので重要な役割です。   一人ひとりの役割分担、協力があって何か一つのものを作っていくことは、何事においても大切な事です。 自分はこれができないからではなく、何が〝できるのか〟を考え、今後の取り組みも考えていきたいです。   この制作はまだ完成ではないので、あと少し時間がかかると思いますがみんなで協力して頑張っていきます。    


2020年2月22日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ライフステーション夢んぼ~パン教室~


今回は、カルチャーでの活動の様子をお伝えします。 毎月2回、水曜日に行われている人気の活動。【パン教室】です! 講師の方に、いろいろなパン作りを教わり、自分たちで生地を丸め、成形をしていきます。 12日は、『チョコパン』でした。 バレンタインデーも近いということで、特に女の子たちはウキウキ気分♪でした。     生地の中に、チョコチップを混ぜ、丸くなった上にはチョコ生地を乗せます。       「焼きあがったら、どんな風になるんだろう?」 「上のチョコ生地は、溶けて流れてしまわないの?」 疑問や期待…焼きあがるまで、オーブンを覗いては、完成を待ちます。 部屋中に漂う いい香り。 まるでパン屋さんみたい(´∀`*)ウフフ 焼きたて、フカフカの「チョコパン」の出来上がり。 自然と笑顔になってしまいます。     試食をし、ご家族とも一緒に食べていただけるように持ち帰ります。 今回も、とってもおいしいパンに大満足でした。 また次回のパン教室も、お楽しみに…(^^♪   ライフステーション夢んぼ 大野 結子


2020年2月14日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション夢んぼ~さくらの仕事~


現在ライフステーションでは、利用者様に色々な仕事にかかわってもらっています。 今回はその中で〝さくら〟の仕事をお伝えしたいと思います。 ~さくらの仕事の一日の流れ~ 【作業の準備】 こちらの仕事は〝食品関係〟のものを扱う仕事です。 まずは石けんで〝手洗い〟をしっかり行います。その後、ボウシ、マスク、手袋をしていきます。 また、服にゴミがついていることも考えられるので、コロコロを使って入念に取っていきます。 そして必要な道具を各自が揃えたら仕事の始まりです 【それぞれの作業の分担】 さくらの仕事では、工程を分けて作業の分担を行っています。 まずは上記写真のように、繋がったさくらの葉を一つ一つ分けていく作業。   その後、余分なゴミを取り除くため液体の中にさくらを浸し、ゴミと茎についたうす皮をとっていく作業。こちらが「さくらの成形」です。 しっかりと取り除けたかを確認したら、板の上に綺麗に並べていきます。 こちらの〝成形〟では、色々と注意事項がありますが、「花びらをしっかり伸ばす」「ゴミを取る」「うす皮を取る」を目標に担当した人に取り組んでいただいています。 次は、余分な茎を取り除いていく作業。 こちらは、さくらの仕事の最終段階になるので、利用者様の中でも担当できる人は限られてきます。 ただ、以前に比べ担当できる人が増えてきています。 みんなの仕事に対する姿勢がとても頼もしい限りです。   作業後は役割を分担し、片付けを行います。   何事も意識し、実行することで少しずつですが、一人一人が成長をしていっているそんな様子が伺えました。 また、1日の終わりには自分の出来上がり枚数をグラフにし、お互いが意識をして仕事に励み切磋琢磨しています。 今後もライフステーションの仕事を通じ、皆さんの様子をお知らせしたいと思いますので、楽しみにして下さい。   ライフステーション 石黒 清子    


2020年2月8日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション夢んぼ~地域清掃~


今年は暖冬ということもあり今まで暖かい冬でしたが、2月に入って寒さも増してきました。 さて、今回ライフステーションでは夢んぼ周辺の地域清掃に出かけてきましたのでその様子をお伝えします。 清掃コースは、いつもの散策コース またそれぞれに、可燃、不燃、カン・ビンの担当に分かれて活動を行っていきました。   可燃ごみチームでは、「私がゴミ袋を持つ」と車椅子の利用者の方が自発的に挙手 「じゃどうやって持ってもらおうか」「テーブルにつけるのはどうかな」などとみんなで提案を出し合って、その方法を考えてくれていました そして、大きなゴミ袋を車椅子にセットし出発      「風があって今日は寒いね」「手が凍えちゃうね」という声も聞こえてきましたが、なんのその「こっちにゴミがあった!」「これって可燃かな、不燃かな」 とお互いで確認し合いながら、ゴミを分別   とっても寒く風のある日でしたが、みんなで頑張ってゴミ拾いを行っていきました 今後も、ライフステーションの活動を色々と取り上げていきますので、お楽しみにして下さい   ライフステーション夢んぼ 杉浦 加津代


2020年2月3日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション夢んぼ ~制作活動~


今回はライフステーションで行っている、カルチャーの活動を報告させていただきます。 今回は3月の夢んぼ作品展に出品する作品をピックアップしていきます   はさみを使って、カラーセロハンをカットする工程。三角、四角、台形など決まった形はなく それぞれが好きな形でカットをしてもらっています綺麗に均等に切る人、そうでない人、人によって個性が出て面白いですね      色画用紙をくりぬく工程。カッターを上手に使いながら、事前に鉛筆で書いた文字の線に沿ってくりぬくことが出来ていました。 みんな、とても静かに集中力して取り組む姿ありました。        別のグループでは、事前にちぎった折り紙を、のり付けして作品にくっつけていく工程を行ってもらっています こちらは間もなく完成間近ということもあり、仕上がりに胸を躍らせながら楽しく取り組んでいます。 完成ですが…何ができるのかは楽しみということで   今後もライフステーションの色々なカルチャーを取り上げていこうと思いますのでお楽しみにして下さい   ライフステーション 水谷 恵美


2020年1月24日 posted by ライフステーション夢んぼ


ライフステーション夢んぼ 


今年は暖冬ということもあり、日中は平年よりも温かく感じる日が続いていますが、皆さまはいかがお過ごしですか。 現在、ライフステーションで行っている玉竜(タマリュウ)の仕事のその様子をお伝えしたいと思います。   ●玉竜(タマリュウ)          たまりゅうは、水やりの手間が少なく比較的管理がしやすい植物のことです。使用用途としてはご家庭の駐車場やガーデニングなどにも適しており様々な使い方ができるものとしても有名です。基本的な仕事は、水やり、雑草取りなど日中は外で作業をするため体力をつかう仕事が多いですが、もともと身体を動かすことが好きな利用者様が多いこともあり、とてもいい環境だと思います。それぞれがしっかり自分の役割を理解し、声を掛け合い、お互いで足らない部分を補い合って、日々仕事に取り組んでもらっています。 現在はタマリュウの成長具合を観察することはもちろん、タマリュウに日が当たらないよう日除け、霜除け、土壌などの環境整備を行っており、今年の春先の出荷に向け頑張っているところです。 今後は、出荷に伴い、作業も増えてくると思いますので、また改めてタマリュウの成長記録や作業の様子をお伝えしたいと思います。   ライフステーション 小山 雅裕  


2020年1月20日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ライフステーション夢んぼ日中一時・エルスポ


先月、ワークステーションの方たちと合同でサッカーを行ってきました。 Positiv FCのコーチの方に教えていただきながらチャレンジをしました。 サッカーをしたことがない方が多くいましたが、 いざ練習が始まると… ボールに触れ、思うようにコントロールできず苦戦しながらもピタッとトラップができた、狙ったところに蹴れたなど、                                                                                                                               上手くプレーができたときは友達や職員に 「やった~、今の上手くできた」と嬉しそうに話していました。 最後には「もっと練習して上手くなりたい」「またやりたい」などの 嬉しい声を多く聞くことができました。


2019年4月5日 posted by 第2夢んぼ 金田 雅人


1 2 3 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.