news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >

ソーシャルセンター夢んぼ 学童・中高生 ~避難訓練(火災)を行いました~ 


だんだんと夏らしい暑い天候に近づいてきましたが、

みなさん元気にお過ごしでしょうか。

 

さて、ソーシャルセンター夢んぼでは、

5月6日(土)に避難訓練(火事編)を行いました。

今回は、その様子をお伝えします。

 

 

 

避難の流れを実際に見て、聞いて、やってみることで、

体験を通して、災害に備えて練習を行いました。

当日は、稲沢消防署の消防士さんにお越しいただきました。

 

 

いつもの部屋で、席に座っていると、

「火事です!」「落ち着いて、その場にいてください!」

との声が!

 

部屋にいる職員の話を聞いて、

静かに、さっと部屋の扉の前に並びます。

 

持って来ている子は、ハンカチで口を押さえて、

静かに前に続いて、歩いて進みます

 

列のまま、階段を下りて、駐車場に下りたら、

指示の通りに並びます

 

座ってから、職員が人数確認をする間、

静かに待ちます。

 

全員の人数確認が取れたところで、避難完了!

 

消防士さんから、

「話さずに、職員の話をよく聞いて動くことができました。」と、

お褒めの言葉をいただけました。

 

続いて、消火器の使い方を教えていただいたあと、

代表して手を挙げてくれた数名が

実際に消火器を使って、消防士の方と消火活動を行いました。

 

手順や持つ向き、出し方など、

やってみて、「こうやるんだ。」と学んでいる子もいました

 

 

実は、わたしも、初めて消火器をさわり、

消火器の重みや力加減を体で感じることができました

 

 

消防士さんによる最後の取り組みとして、

「地震が起きたらどうする」かをDVDを見ながら学びました。

 

 

地震のことや、そのときの取るべき行動、大切なことなどを

説明する、短い時間にたくさんの内容が入ったDVDでした。

 

 

みんな、地震の映像や被災者の言葉、避難する人物のイラストに

親近感をもったのか、じっと目を凝らしている様子。

自分のこととして、防災意識を高められたのではないでしょうか。

 

消防士さんの実演で、地震のときに

頭と首を隠す方法も、教えてもらえましたね!

 

そして、最後の最後に、消防士さんにお礼を伝えたあと、

消防車の前で、希望者のみ、記念撮影をさせていただきました

 

 

実際の避難で、今回学んだことを生かせるといいですね。

 

避難も地震も、体験しないと分からないものではありますが、

被害を出来る限りとどめられるように、

ソーシャルでも心の備えや訓練をしていきましょう!!



2017年5月8日 posted by ワークステーション夢んぼ 日比野 里咲


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイ ~カラオケ~


春も終わりに近づき、日中は汗ばむ季節になりました。

ソーシャルでは4月22日(土)に中高でジャパンレンタカーのカラオケに行ってきましたので、その様子をお伝えします。

 

出発前から、「今日はカラオケだ~」とかなりハイテンション

みんな前々からとても楽しみにしていたこともあり、午前中から元気いっぱい(笑)

 

午前はソーシャルでカラオケについてのルール確認や外出時のマナー、またカラオケで何を歌うのか選択、決定をして紙に書くことをしました

ただカラオケに行くのではなく、ルールや注意事項をしっかり理解してこそ、日頃の『活動』に繋がってくることだと思います

 

午後になりジャパンレンタカーに到着

人数が多かったため2部屋に分かれて入室

始めるなり、われ先とみんなでマイクの取り合い(笑) でもそこは中高生

しっかり順番を決めてカラオケの開始

 

 

人前で話すことが苦手、自分の気持ちを相手に伝えることが苦手、普段はあまり友達と話せれないなど、そいうった一面を持ったみんなが誰に何かを言われたわけではなく、率先して積極的にマイクを持って、時には2、3人で一緒に歌っている姿を見せてくれたことに、職員一同とても感激しました

 

「こんな一面あったんだ」という場面が多く見られた一日でした

もちろんソーシャル到着後は、みんなでしっかり今日一日の振り返りを行いました

 

今後もソーシャルでは、みんなの『こんな一面あったんだ』ということをどんどん発見できるようなプログラムを行っていきますのでよろしくお願い致します。

 

ソーシャルセンター  小山 雅裕



2017年5月1日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護・季節制作~完成~


足早に桜の季節も過ぎて、つつじが美しく咲く頃となりましたが、皆様お変わりございませんか。

以前、ご紹介させていただいた季節制作が完成しました。今回、完成した季節制作をご紹介させていただきます。

和紙を指先、手首を使い、1円玉の大きさを目標に細かくちぎっていただきました。

小さくちぎるのは大変でしたが、みんなで力を合わせ最後までやり切ることができました。

ちぎり終わったあと、大きな大木に和紙をどこに貼るのかみんなで話し合いをしました。

みんなで意見交換をして、貼っていく工程をするのも楽しそうです。

みんなの力を合わせ桜の完成です。

ソーシャルセンター夢んぼの玄関に展示してあります。立ち寄った際は是非見て下さい。



2017年4月24日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


ソーシャルセンター夢んぼ 学童・中高生        進級のお祝い会をしました      


風や日差しを感じる、春らしい天気が続きますが、

みなさん元気にお過ごしでしょうか。

 

少し前になりますが、新学期の始まりに行った

進学・進級のお祝い会の様子をお伝えします。

 

学童は、みなさんで協力をし、タコ焼きを作りました。

水を計量カップに量ったり、たまごを割ってみたり、

初めてのことも進んでやっていました

粉を混ぜすぎてしまったり、目の前の材料が気になっていたのか、

先を急いで間違えそうになったり、いろいろの苦労しましたが、

なんとかタコ焼き作りができました

帰りの会で、1人ずつ目標を発表してもらいました。

1年間、目標をもって過ごしたいですね

 

中高生は、今年度の目標を1人ずつみんなの前で発表しました。

みんな、自分なりの目標をじっくりと考えて、発言する、

とてもよい機会となりました。

自分の課題を克服したい、心がけたいなど

いろいろな思いを伝えることができました

 

初心を忘れずに、目標達成を目指して、

有意義な1年にしていきたいですね!

ソーシャルでも、節目に振り返りを行っていきましょう

 

 

 

 

 

 



2017年4月17日 posted by ワークステーション夢んぼ 日比野 里咲


ソーシャルセンター夢んぼ 学童 ~体操の体験教室を行いました~ 


皆様、ご進級おめでとうございます。

春休みもあっという間に終わり、通常のリズムに戻ってきましたね。

さて、ソーシャルセンター夢んぼ学童では、新しい取り組みにチャレンジします。

 

5月12日(金)より、「スーパーキッズ体操」をドルフィン株式会社の提携により、

専門のインストラクターの指導のもと、マット運動を中心に跳び箱、鉄棒等を使用し、

運動機能の向上、身体のバランスを整えること、日常生活に活かせる体作りを目指し、

楽しく体を動かす活動を取り入れていきます。

 

4月7日(金)に、5月から開始するにあたり、

岡本インストラクターと子どもたちのふれあいの場として、プレ体操教室を行いました。

その時の様子がこちら↓

 

岡本さんも実際に子どもたちと過ごし、出来ること、やってみたいことなどの

年間のスケジュールがふくらんだとおっしゃっていました。

第2回「プレ体操教室」を4月14日(金)の午後4時20分~5時10分に行います。

保護者の方は、見学OKです。是非お越し下さい。

学校で取り組む縄跳び、徒競争もポイントをつかみ、

子どもたちのやる気と自信につながることまちがいなし!

毎週金曜日(月4回まで)開催します。

是非ご参加下さいね

ソーシャルセンター夢んぼ 石原由希子(旧姓 津坂)

 

 

 



2017年4月11日 posted by ワークステーション夢んぼ 日比野 里咲


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護・共同制作


今回ご紹介させていただく活動は共同制作をご紹介させていただきます。

共同制作はプログラム活動で生活介護みんなで力を合わせて作品を作っています。

今回の作品のテーマは「桜」です。

 

桜を作る前にまず、芝の制作から行いました。

毛糸、ネットを用意して

結んでいきます。

ネットを埋めるように繰り返し結んでいきます。

集中している姿が素敵ですね。

始めはなかなか結ぶことが難しく職員に「どうしたら上手く結ぶことができますか?」と

聞く声がありました。

アドバイスを聞き何度も何度も来る返し練習し行っていると、

少しずつ結ぶのが早くできるようになってきました。

上手くできたときに友達や職員にお嬉しそうに見せてくれました。

 

生活することや仕事をするためには、両手を使うことや指先、手首を使っていくことが大切です。

手・手先・手首の運動を高めるうえで、結ぶ動作は練習になります。

 

生活介護の次回のブログで

メインの桜を作りどのような作品になるか、

こうご期待!!

 

完成をお伝えしますね。



2017年4月3日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイ ~輪中の郷公園~


3月も後半にさしかかり、春を近くに感じる今日この頃となりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか

 

さて、先週の土曜に『輪中の郷公園』に行ってきました

 

♪みんなが遊んでいる様子♪

みんな元気いっぱいに走り回って遊んでいる様子がわかります

到着前からみんなソワソワしており車内でのテンションがとても高かったでした(笑)

 

♪昼食の様子、歯磨きの様子♪

天気も大変よく、みんな持参したお弁当を外でいただきました

食べた後はしっかり歯磨きエライです

 

走り回って遊んだことで、みんな疲れたのか車内は寝ている子もよっぽど遊び疲れたんでしょうね

また、天候にも恵まれ最高の一日となりました

 

 

春休みも始まり、各ご家庭や友達と外出をすることも多くなると思います

外出先でも十分に注意して素敵な思い出をたくさん作って下さい

夢んぼに来たときは是非たくさんの思い出を教えてくださいね

 

ソーシャルセンター  小山雅裕

 

 



2017年3月27日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス 中高生          ~電車で外出しました~


春らしい日差しの中、風のある日が続いていますが、

みなさん元気にお過ごしでしょうか。

 

今回は、3月18日(土)の中高生の外出の様子をお伝えします。

中高生8名と引率の職員で、トヨタ産業技術記念館に行きました。

当日の目標は、「楽しく仲良く過ごそう」で、みんな職員の説明を聞き、

しっかり守り、おもいっきり楽しむんだと、意気込んでいました。

 

快晴の空に見守られながら、みんなで歩いて約20分、上丸渕駅に到着。

財布からお金を出し、自販機で1人ずつ購入しました。

 

津島行きの電車に乗り、途中で乗り換えをして、

会話や景色を楽しみながら、栄生駅に到着!

 

切符を改札に通して、ホームから出て、

そこからは歩いて10分、レンガ造りのトヨタ産業技術記念館にたどり着きました

 

 

入場券を受け取ったのち、12時20分頃から自由開放された部屋で、

周囲を考えて、気持ち小さめの声で話しながら、

持参したおにぎりやパンをいただき、昼食を取りました。

 

その後は、みんなで自動車館を中心に回りました。

自動車のもとの骨組みや中の装置の展示を

興味深く眺めていました。

 

帰りにみなさんで記念撮影

帰り道も切符を買い、

改札を慎重に通り、無事にソーシャルへ戻ることが

出来ました。

 

みなさんから、「楽しかった」という声をたくさんいただきました。

また、外出をして、

電車の乗り方や公共のマナーを体験して学んでいきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2017年3月24日 posted by ワークステーション夢んぼ 日比野 里咲


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護・染め物


寒い日があるかと思えば、少しずつ暖かさを感じる日も出てきました。

春が待ち遠しいですね!

今回活動で取り組んだ「染め物」についてご紹介させていただきます。

染め物はカバン染めに挑戦しました。

カバンにマジックペンで自分の好きな模様、色を使い、イメージを膨らませながら自由に

描いていただきました。

「楽しいです」「ここの模様、可愛く描けました」と嬉しそうに教えてくれました。

描かれた物は、細かな模様、ダイナミックな模様と様々でした。

模様が描けた後は、スポイトにエタノールを入れ、模様の上に垂らすと…

模様がにじみ個性溢れるカバンができました。

その他に、絞り染めにも挑戦しました。

どれも素敵に仕上がりました。

この染め物は3月12日の写真展で展示させていただきました。



2017年3月13日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイ ~卒業生を送る会~


春一番が吹き、春の訪れまであと一歩という今日この頃ですが、みなさんはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、3月といえば卒業式のシーズンです。

ソーシャルセンターでは3月4日に『卒業生を送る会』をおこないましたのでその様子をお伝えしたいと思います。

 

午前中:会場の飾り付けの準備

花飾りとリング作り、会場の飾り付けなど時間の少ない中でみんな協力し合い行いました。

 

午後:「卒業生送る会」

本日のメイン、橋本郁生さんです。かなり緊張しています(笑)

 

最初は、みんなからの歌のプレゼント。

曲は「世界に一つだけの花」「365日の紙飛行機」の2曲です。

長い時間をかけて練習してきただけあって、みんなとても上手に歌えていました。

練習の時も良かったですが、やはり本番が一番です。

 

そして、4月から社会人として巣立つ橋本さんへ

卒業証書授与(夢んぼオリジナル)、卒業記念品贈呈、母へメッセージカードの手渡しのあと

卒業生からの一言

「いろいろとありがとうございました」と、照れくさそうに感謝の言葉を言ってくれました。

橋本さんだけでなく、全員の思い出で残る一日となりました。

 

そして、最後に中学を卒業し高校へ進学する人、小学校を卒業して中学へ進学する人に向け、卒業証書授与を行いました。

みんな学校でたくさん練習したのでしょうね。とっても上手に証書を受け取ることができました。

 

本日の『卒業生送る会』は本当に行ってよかったなと思える企画でした。

来年もぜひぜひ楽しみにしていてくださいね。



2017年3月6日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.