news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >

ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 和のたしなみ~あじさい祭り~


雨に濡れたあじさいがとても綺麗に感じる梅雨の季節がやって参りましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、ソーシャルセンターでは6月16日(土)に稲沢市にある性海寺で毎年開催されている【あじさいまつり】に出掛けてきたのでその様子をお伝えしたいと思います。

 

話はそれますが今回の活動の経緯としては、前回ソーシャルでは共同制作「あじさい」の制作を行いました

そこで完成したあじさいと本物のあじさいを見比べる?ことを目的としつつ、また大人の余暇を楽しむために、今回の企画を計画利用者の中には「今日がとても楽しみでした」「早く見に行きたい」と嬉しい言葉が多く飛び交っていました

 

ちなみにこちらが完成した共同制作です現在はソーシャルの玄関に飾ってありますので、お立ち寄りの際は是非ご覧になっていただければと思います。

 

さて、本題へ

天気も快晴外出日和にはもってこいの天気に恵まれましたこれもみなさんの日頃の行いからでしょうか

【あじさい祭り様子】

 

   

 

見頃の時期を迎えているためか、人も多く大変賑わっていました。性海寺ではなんと90種類の〝あじさい〟があるということで「こんなあじさいがあるんだ」「このあじさい知ってる。見たことある!」などと盛り上がっている様子がみられました。

 

また、歴史的にも古く、今から約1200年も前の平安時代に遡るというから驚きです。「あじさい祭り」自体は平成4年からですのでまだ歴史は浅いですが、これからも毎年行けると思うととても楽しみですねこのような重要文化財はみんなで大切にしていきたいものです

 

 

最後はみんなで記念写真

後ろの背景のあじさいがなんとも言えないくらいの風情を感じさせますね

 

今後も〝和のたしなみ〟では四季折々の季節を楽しめるような企画をたくさん取り入れていきたいと思います。

次回は7月7日に「流しそうめん」を予定していますので、是非参加お待ちしています。

 

ソーシャルセンター

小山 雅裕



2018年6月18日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス【ウルトラサイエンスキッズ】


 もうじき梅雨に入り、何となくすっきりしない日が続きそうな気配がしますが、

そんな日も明るく過ごせるような作品がこちら

ソーシャルセンター夢んぼの玄関には、生活介護の利用者様が制作した、色とりどりの紫陽花が飾られています

来所された際は、ぜひご覧くださいね

 さて、今回は学童さんで行われた【サイエンスキッズ】の紹介をしていきたいと思います。

サイエンスキッズでは、子ども達の興味を広げることを目的に、いろいろなテーマで実験をしています。

今回のテーマは“ゴムの動力”です!

輪ゴムの力で動く、ペットボトルの車を作りました

まずは車体作りから

午前はペットボトルに、タイヤ(ペットボトルキャップ)を装着そして、マスキングテープや折り紙、ストローなどを使って装飾をしました

「黒のキャップにする!」「タイヤにも飾りをつけたい!」と、子ども達の創造力に驚かされっぱなしでした

用意した材料を多様に使って、クリエイティブな作品が完成しました

 午後は、サイエンスキッズの醍醐味!実験を行いました

車体の重さを調整するビー玉の数を変えてみたり、タイヤの滑り止めになる輪ゴムの本数や、輪ゴムを設置する場所を変えてみたり…

条件を変えることで、走る距離にどのくらい変化がみられるか実験です

 

「ビー玉が多くて進まないのかな?」「輪ゴム16本つけたよ!」え!?16本!?

走らせてはメンテナンスの繰り返し、、、本場のF1レースさながら、職員も子どもと一緒になってついつい夢中に(笑)

活動の最後はレースで締めくくり。一番進んだのは、16本輪ゴムを巻いたS君の車でした

 子どもたちの好奇心や創造力を伸ばす【サイエンスキッズ】の活動。今回のテーマは“ゴムの動力”でしたが、今後ともテーマを変えて行っていきたいと思っております

次回のサイエンスキッズもお楽しみに!!

ソーシャルセンター夢んぼ 大宮

 



2018年6月11日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 大宮 唯


アドベンチャータイム!in木曽川イオン


紫陽花の花が少しずつ色づき始め、梅雨の気配を感じる時期となりました。

SCセンター夢んぼの玄関にも学童さんが「デカルコマニー」という技法を使った紫陽花が咲いています

今回は学童さんの「アドベンチャータイム」の様子をご紹介します

行き先は到着までのお楽しみ!お小遣いをもってお出かけです

SC夢んぼに来て間もない私(山村)の不安など知る由もない(笑)

どこに行くかドキドキわくわくする子どもたち

「どこに行くのかなー?」「何があるのかなー?」「何時頃つくー?」「お腹が空いたー」「何食べようかなー?」などの会話で盛り上がり

到着したのは…

木曽川イオンモール

「知ってる人―?」「ハーイ」とテンションも上がります

アドベンチャータイムは集団行動や話し合って計画を立てて回ることを目的にしています。

まずはマップを探して、フードコートへ

「お店を見てから決めたい」という子や「見なくても決まってる」という子など私より詳しい皆さんに感心させられました

特に経験がある方はリーダーシップを発揮し、「寿がきやはミニセットがあるよ!」「お水いる?」

などフードコートでのマナーをよく知っています

注文の際は、持参の電卓や暗算で計算し、考えることにもチャレンジです

ランチ後は「どんなものが見たい?」「何がしたい?」などと聞いていくと

「お菓子が買いたい!」「ゲームがしたい!」「私は鉛筆が見たい!」「じゃあ文房具売り場かな」

「本屋さんはどこ?」「ここじゃない?」など子ども同士でマップに書きこんでもらい、

どんな順番で回るといいか、などもみんなで考え決めてもらいました。

私、2回目の感心

最初は、文具コーナー売り場へ

学校で使う鉛筆やノートを見て、残りの残金とこれから回る場所でどれくらいお金を使う予定で行くかなど計画しながら見て回ります。

子「ノートほしい!買おうかな」

職「ゲームでいくら使う予定だった?」

子「んー。我慢しとこうかな」

など予定を見越してどこでお金を使うかを考える子もいました

お次は本屋さんへ

お菓子売り場と続き

計算が分からなくなった時は、自分から「これでいくら?」聞く低学年のお子さん。

足し算のヒントを出しながら計算し、「これで買える!」とドヤ顔も見せてくれました

最後はゲームコーナーへ。

みんなで遊ぶものはみんなでお金を出し合うことや、メダルゲームは時間がないため無しというルールを確認してからゲームコーナーへ!

時間いっぱい木曽川イオンを楽しんだあとは、お金の計算です

使ったお金と残ったお金が合っているか、電卓を使って確認します!

この活動は、ただ買い物するだけではなくお金の使い方や計画することの大切さ

友だちに合わせること(集団行動)などを学ぶ機会になります。

私自身、子どもたちから学ぶこともたくさんありました

これから色々な経験ができるよう試行錯誤しながら一緒に育みたいと思います

SC夢んぼ 山村


2018年6月5日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護・放課後等デイサービス                                 合同企画【アウトドアフェス~BBQ大会~】


よく晴れた日は、青空に新緑の木々がよりいそうキラキラして、 ときおり肌に触れるさわやかな風が気持ちよく感じます。 そんなさわやかな季節の5月もあとわずか、 今回は5月最後のイベントとして 【アウトドアフェス2018~BBQ大会~】 を開催しました。 生活介護の方、中高生、学童と幅広い世代との交流も目的に 合同で活動しました。   この企画のために、学童さんでは、食材にについて話し合う機会や買い出しもして準備 中高生では、炭や紙皿などなどの備品の買い出しも取り組んでもらいました。 生活介護の方には当日の野菜の準備やポテトなどのサイドメニュー おにぎりも作っていただきましたよ それではスタート こだわりの炭火 一緒に手伝ってくれる子もいてとても頼りになります   当日は良く晴れてバーベキュー日和 照りつける太陽に負けないくらいに 子ども達の笑顔がキラキラ輝いて眩しかったです   ちょっと合間に水遊びも盛り上がりましたよ おなかも心も満たされたかな 大人の方との交流、世代を超えた関わりは、子ども達にとって とても貴重な経験だと思います   これからもワクワクドキドキする楽しい体験 未来につながら経験がつめるような活動に取り組んでいきます   ソーシャルセンター夢んぼ 秦将士  


2018年5月30日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~和柄鯉~


ゴールデンウィークも明け、もうじきに梅雨の季節に入ろうとしていますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。 さて、生活介護では5月の共同制作として【和柄鯉】をみなさんで制作いたしました。 各工程で役割を決め、それぞれに合わせた内容で活動を進めたので、その時の様子をお伝えしたいと思います。   ●段ボールで丸く型をとったもの(大・中・小サイズ)で、和紙の上に円を描く人。    これは、鯉の<うろこ>部分になってくるとても重要な役割です。自分の好きなサイズを選び、円を描いています。形が丸にならなくてもそれは「手作り感」という意味で、とても味のある<うろこ>に仕上がるので、出来上がりが楽しみです。   ●円をはさみで切る人。   はさみを使用する人は、描かれた円に沿って和紙を切っていただきました。描かれた線の通りに切る人、しっかり丸の形を意識しながらキレイに円の形を切る人、<うろこ>の感じがとてもできてきました。   ●丸く切った和紙にマスキングテープやシール、絵の具で装飾をしていく人。    切った<うろこ>型の和紙に装飾をしていく役割。仕上げという意味ではとても重要なポジションです。〇シールや和柄のマスキングテープ、絵の具を使って<うろこ>を仕上げていきます。 これを事前に作成した、和柄鯉につけて完成!! 完成した作品がこちらです。 鯉が空に向かって昇っているような、そんな錯覚さえ覚えてしまう作品が出来上がりました。 とても素敵な作品になり皆さんの頑張りが形になって良かったです   それぞれ一人一人が作業を分担しながら行うことで、【役割】に意識をもって共同制作に取り組むことができました。 次回の共同制作も出来上がりを想像しながら楽しく、【役割】を責任もって取り組む、仕事にもつながりますね。 皆さん協力して共同制作をつくっていきたいと思います。   ソーシャルセンター夢んぼ 小山雅裕          


2018年5月21日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護                                  【和のたしなみ 扇子作り】


ゴールデンウイークは、晴天が続き、お出掛け日和でしたね。皆さんはどこかに行かれましたか? 今回紹介する活動は≪和のたしなみ≫という活動です 和のたしなみでは、日本には四季といってその季節季節の楽しみ方があります。 そんな四季の楽しみを広げ、季節を感じていただきたいと活動しています。 近頃は、晴れると汗ばむほどですね。 こんな時、ちょっとカバンに扇子を忍ばせていたらオシャレじゃありませんか そこで、扇子を皆さんに作っていただくことにしました。   暑さを癒すために涼しげな涼をイメージ。 みなさんは、「かき氷」「あじさい」「カエル」などをあげられそのイラストを自分で選んでカッティングしました。 「なににしようかな」「花がいいかな」と選ぶ楽しさも感じていただけたと思います。     そのあとは、スパッタリングをしました。扇子の上に自分の好きな色を選びます。   スパッタリングは、力加減が重要。ゆっくり動かすと大粒に、速く腕を動かすと細かい粒に。     自分たちオリジナルの素敵な扇子の出来上がり。     みなさん、お出掛けが待ち遠しいですね。   ソーシャルセンター夢んぼ 金田 眞有美


2018年5月14日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス【中高生】 ランチ作り 【手打ちうどん】


突然ですが皆さん うどんを麺から作ったことはありますか 作り方はいたってシンプル、材料を混ぜて捏こねるだけ ですが、なかなか難しくもあります   今回はそんな簡単そうで難しいうどん作りにチャレンジしました   作り方は先ほども言ったようにいたってシンプル 材料である小麦粉と塩、そして水を混ぜてこねるだけです このこねる工程で麺の出来が左右されます ぐっぐっと力をこめて、おいしくなるように…        伸ばす工程では綿棒を使って厚みを均一になるようにしていきます 力加減に気を付けながら薄く、破れてしまわないように 皆さん真剣な表情です 慣れてくると職人のような手つきに       最後の切る工程は最大の山場 太さを揃えられるよう、一つ一つ確認しながら切ります 「うどんの太さってどれくらい?」 「これきしめん…?」     トッピングは皆で相談したものを買って〇亀風に 自分達で1から作った手打ちうどん 強いコシのある麺、とてもおいしかったです   次はどんな料理にチャレンジするか、お楽しみに


2018年5月8日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 天野あゆみ


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス 学童                                                       集団レク・スポーツレク


 やわらかな桃色の桜の花は、すっかりと緑の葉に姿を変え、

春のやわらかな陽気から、少しずつ初夏を感じる強い日差しをのぞかせる季節になりました。

連休もまじか、心うきうきとさせている方も多いと思います。

昼間と夕方の温度差が一番ある季節でもあります。皆さま十分お体には気をつけてくださいね

 

今回ご紹介させていただく活動は、『集団レク』『スポーツレク』についてです。

集団レクやスポーツレクは

子どもたち同士の関わりや、

友だちを思いやる気持ちを育んでいくという目的の活動があります。

遊びやスポーツを通じて、子ども達のコミュニケーションの力や相手を思う気持ち、

楽しい時間を共有することで、絆を深めていってもらいたいと思い取り組んでいます。

 

集団レクやスポーツレクは、職員が1つ決めて取り組むこともありますが、

基本は、子ども達が、考え、発表し、意見を出し合い、相談し、決めていく、

会議からスタートです

 

この日も何にしようか相談です。

場所は【天王川公園】です

職「公園で何をしようか?みんなで遊べるものですよ

Sさん「鬼ごっこ」Yさん「遊具とお花でかんむりつくりたい!

「いいですね」「他には

Sさん「虫とりたい」Aさん「やっぱい脱走中でしょ

などなどたくさん意見が出ます。時間は決まっていますので、ここからまとめますよ

「じゃー時間決めてやらない」うんうん

「今日暑いから水でも遊びたい」ここにきての新しい提案

これもまたおもしろいところですね

「さーどうしようか?」職員は口出しは我慢です。最後まで頑張ってもらいます。

途中話を整理しながら、進めていくと、

自分の意見だけではなく、友だちの意見を合わせて出すことや、譲ってあげる子

今日はいいけど、次は譲ってよねなどと次への提案など、

活動を続ける中で、力が付いてきていると感じます

 

今回決まった結果発表

【藤を眺めて、虫取り& 水鉄砲で脱走中】でーす

藤が本当にきれいで、見とれていましたよ

アゲハ蝶発見蜂だー蜂捕まえるぞー蜂はやめてください

ずっと僕がハンター役で追いかけ続けました【笑】

僕は水も掛かり放題びしょびしょになりましたけど、

みんな本当に笑顔がたくさんで嬉しくて、びしょびしょも気になりませんね

遊具でも遊び、みんなで外でおやつも食べました

 

上手くいかない事も中にはあります。なかなかまとまらない時もあります

どうしても譲れなくて後戻り出来なかった事も…

楽しかった事も経験、上手くいかなかった事も経験。

すべての経験がきっと子ども達の心を豊かに、力をつけてくれると僕は信じています

何を言っても子ども達の笑顔が見れるのが一番いいですけどね。

悩むことが多くあっても、それを乗り越えた時の感動、喜びは何倍にも大きくなります。

そういった感動、喜びを一緒に積み重ねていきたいですね。

 

 

 



2018年4月23日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~親睦会~


今年は桜の開花も早く、とても早く春の季節を感じられる年ではなかったでしょうか。 また寒暖差もあり体調を崩しやすい、花粉も例年より多いなど、何かと変化の多い年だったと思います。 さて、ソーシャルセンターでは新年度を迎え、新たに新入社員の仲間を3名迎え、新しい生活介護をスタート。早くも2週間が経とうとしています。   今回は、新しい仲間を迎え、「親睦会」を行いました。その内容のご報告をさせていただきます。   「親睦会 準備の様子」       買い出しチームと会場準備チームに分かれて、準備開始! 会場準備チームはビニールテープを手でさいていくもの、花飾りを作る人に分かれて会場を華やかに設置! 食事の準備も行い、しっかり役割分担をして取り掛かることができました。   「親睦会 スタート」     いつもと違った料理と雰囲気 自分が食べたいものを選び、各自で席に着席また食事制限がある方や、 目で見て楽しみ、雰囲気を感じて盛り上がるそういった親睦会に行えたかなと思います  

「ウオーキング」

 

食後は、3グループに分かれてウォーキングを行いました。

天気予報では雨でしたが、みなさんの日ごろの行いが良いおかげで、ソーシャルの周辺を散策することができました。

みなさん、とてもいい笑顔で楽しい時間を過ごしていただけたのではないかなと思います。

その後は、デザートに和菓子を用意させてもらいました。

今後の仕事への活力になっていただければと思います。

これからも以前から行っている仕事、新しい仕事など、色々な分野の仕事に挑戦していただきます。

初めてのことは誰でも〝不安〟です。

一人では難しいものも、みんなで協力することでできることもあります。

一人一人の力を発揮していただく、出番を作っていきたいと思います。

 

ソーシャルセンター

小山雅裕



2018年4月17日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス【学童】 オリジナルキーホルダー作り


4月になりました 新しい環境、新たな生活 新学年もスタートです ソーシャルセンター夢んぼでも新しいメンバーでの活動が始まりました 皆さんまだ慣れずドキドキのご様子 少しずつお互いの事を知って仲良くなっていきたいですね     さて、そんな新たなソーシャルセンター夢んぼ 4月に入って初の制作としてネームキーホルダー作りを行いました オリジナルのネームキーホルダー、レジンを使って作ります   土台作りではレジン液の量に気を付けて 多すぎず、少なすぎず… 隙間がなくなるように敷き詰めて、レジン液を流し込むことができました        名前の部分はテプラで作ります 自分の名前はどこを押せばいいかな? 皆さん一文字ずつ確認しながら入力することができました     そして、メインの作業になる飾りつけ ビーズやラメ、スパンコールなどの中から自分が使うものを選んで 「ここにはこれを入れる」 「ここはこうしよう」 それぞれで工夫しながら飾り付けることができました         最後に残りのレジン液を流し込んで UVライトを当て固めれば完成      どれもきれいで素敵な作品 お店に売っててもおかしくないくらいです   皆さんも出来上がりに大満足なご様子 自分で作ったオリジナルのネームキーホルダー、大切に使って下さると嬉しいです    


2018年4月9日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 天野あゆみ


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.