news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 >

ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス【中高生】 ランチ作り 【手打ちうどん】


突然ですが皆さん うどんを麺から作ったことはありますか 作り方はいたってシンプル、材料を混ぜて捏こねるだけ ですが、なかなか難しくもあります   今回はそんな簡単そうで難しいうどん作りにチャレンジしました   作り方は先ほども言ったようにいたってシンプル 材料である小麦粉と塩、そして水を混ぜてこねるだけです このこねる工程で麺の出来が左右されます ぐっぐっと力をこめて、おいしくなるように…        伸ばす工程では綿棒を使って厚みを均一になるようにしていきます 力加減に気を付けながら薄く、破れてしまわないように 皆さん真剣な表情です 慣れてくると職人のような手つきに       最後の切る工程は最大の山場 太さを揃えられるよう、一つ一つ確認しながら切ります 「うどんの太さってどれくらい?」 「これきしめん…?」     トッピングは皆で相談したものを買って〇亀風に 自分達で1から作った手打ちうどん 強いコシのある麺、とてもおいしかったです   次はどんな料理にチャレンジするか、お楽しみに


2018年5月8日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 天野あゆみ


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス 学童                                                       集団レク・スポーツレク


 やわらかな桃色の桜の花は、すっかりと緑の葉に姿を変え、

春のやわらかな陽気から、少しずつ初夏を感じる強い日差しをのぞかせる季節になりました。

連休もまじか、心うきうきとさせている方も多いと思います。

昼間と夕方の温度差が一番ある季節でもあります。皆さま十分お体には気をつけてくださいね

 

今回ご紹介させていただく活動は、『集団レク』『スポーツレク』についてです。

集団レクやスポーツレクは

子どもたち同士の関わりや、

友だちを思いやる気持ちを育んでいくという目的の活動があります。

遊びやスポーツを通じて、子ども達のコミュニケーションの力や相手を思う気持ち、

楽しい時間を共有することで、絆を深めていってもらいたいと思い取り組んでいます。

 

集団レクやスポーツレクは、職員が1つ決めて取り組むこともありますが、

基本は、子ども達が、考え、発表し、意見を出し合い、相談し、決めていく、

会議からスタートです

 

この日も何にしようか相談です。

場所は【天王川公園】です

職「公園で何をしようか?みんなで遊べるものですよ

Sさん「鬼ごっこ」Yさん「遊具とお花でかんむりつくりたい!

「いいですね」「他には

Sさん「虫とりたい」Aさん「やっぱい脱走中でしょ

などなどたくさん意見が出ます。時間は決まっていますので、ここからまとめますよ

「じゃー時間決めてやらない」うんうん

「今日暑いから水でも遊びたい」ここにきての新しい提案

これもまたおもしろいところですね

「さーどうしようか?」職員は口出しは我慢です。最後まで頑張ってもらいます。

途中話を整理しながら、進めていくと、

自分の意見だけではなく、友だちの意見を合わせて出すことや、譲ってあげる子

今日はいいけど、次は譲ってよねなどと次への提案など、

活動を続ける中で、力が付いてきていると感じます

 

今回決まった結果発表

【藤を眺めて、虫取り& 水鉄砲で脱走中】でーす

藤が本当にきれいで、見とれていましたよ

アゲハ蝶発見蜂だー蜂捕まえるぞー蜂はやめてください

ずっと僕がハンター役で追いかけ続けました【笑】

僕は水も掛かり放題びしょびしょになりましたけど、

みんな本当に笑顔がたくさんで嬉しくて、びしょびしょも気になりませんね

遊具でも遊び、みんなで外でおやつも食べました

 

上手くいかない事も中にはあります。なかなかまとまらない時もあります

どうしても譲れなくて後戻り出来なかった事も…

楽しかった事も経験、上手くいかなかった事も経験。

すべての経験がきっと子ども達の心を豊かに、力をつけてくれると僕は信じています

何を言っても子ども達の笑顔が見れるのが一番いいですけどね。

悩むことが多くあっても、それを乗り越えた時の感動、喜びは何倍にも大きくなります。

そういった感動、喜びを一緒に積み重ねていきたいですね。

 

 

 



2018年4月23日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~親睦会~


今年は桜の開花も早く、とても早く春の季節を感じられる年ではなかったでしょうか。 また寒暖差もあり体調を崩しやすい、花粉も例年より多いなど、何かと変化の多い年だったと思います。 さて、ソーシャルセンターでは新年度を迎え、新たに新入社員の仲間を3名迎え、新しい生活介護をスタート。早くも2週間が経とうとしています。   今回は、新しい仲間を迎え、「親睦会」を行いました。その内容のご報告をさせていただきます。   「親睦会 準備の様子」       買い出しチームと会場準備チームに分かれて、準備開始! 会場準備チームはビニールテープを手でさいていくもの、花飾りを作る人に分かれて会場を華やかに設置! 食事の準備も行い、しっかり役割分担をして取り掛かることができました。   「親睦会 スタート」     いつもと違った料理と雰囲気 自分が食べたいものを選び、各自で席に着席また食事制限がある方や、 目で見て楽しみ、雰囲気を感じて盛り上がるそういった親睦会に行えたかなと思います  

「ウオーキング」

 

食後は、3グループに分かれてウォーキングを行いました。

天気予報では雨でしたが、みなさんの日ごろの行いが良いおかげで、ソーシャルの周辺を散策することができました。

みなさん、とてもいい笑顔で楽しい時間を過ごしていただけたのではないかなと思います。

その後は、デザートに和菓子を用意させてもらいました。

今後の仕事への活力になっていただければと思います。

これからも以前から行っている仕事、新しい仕事など、色々な分野の仕事に挑戦していただきます。

初めてのことは誰でも〝不安〟です。

一人では難しいものも、みんなで協力することでできることもあります。

一人一人の力を発揮していただく、出番を作っていきたいと思います。

 

ソーシャルセンター

小山雅裕



2018年4月17日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス【学童】 オリジナルキーホルダー作り


4月になりました 新しい環境、新たな生活 新学年もスタートです ソーシャルセンター夢んぼでも新しいメンバーでの活動が始まりました 皆さんまだ慣れずドキドキのご様子 少しずつお互いの事を知って仲良くなっていきたいですね     さて、そんな新たなソーシャルセンター夢んぼ 4月に入って初の制作としてネームキーホルダー作りを行いました オリジナルのネームキーホルダー、レジンを使って作ります   土台作りではレジン液の量に気を付けて 多すぎず、少なすぎず… 隙間がなくなるように敷き詰めて、レジン液を流し込むことができました        名前の部分はテプラで作ります 自分の名前はどこを押せばいいかな? 皆さん一文字ずつ確認しながら入力することができました     そして、メインの作業になる飾りつけ ビーズやラメ、スパンコールなどの中から自分が使うものを選んで 「ここにはこれを入れる」 「ここはこうしよう」 それぞれで工夫しながら飾り付けることができました         最後に残りのレジン液を流し込んで UVライトを当て固めれば完成      どれもきれいで素敵な作品 お店に売っててもおかしくないくらいです   皆さんも出来上がりに大満足なご様子 自分で作ったオリジナルのネームキーホルダー、大切に使って下さると嬉しいです    


2018年4月9日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 天野あゆみ


ソーシャルセンター夢んぼ【SCバスツアー】


さわやかな春の風が、花の香りを運んでくれる季節になりました。 ぽかぽかよ陽気に草花が喜んでいるように感じます。   今回はソーシャルセンター夢んぼバスツアーの様子をお伝えします。 ソーシャルセンター夢んぼの生活介護、放課後等デイサービス、合同のバスツアーです。 生活介護の方は、日頃お仕事をされ、頑張っていただいているので、癒しのひと時として、 中高生は、卒業する高校3年生との楽しい思い出に、 学童さんは、仲良く友だちと楽しい時間を過ごしてもらいと思い、企画しました。   大型バスを借りみんなで出発です バスの聞き先は、『安城産業文化公園デンパーク』です 当日はとても天気も良く、暑いぐらいでした。時折ふく春の風が幸せに感じます。 園内は植物が見ごろ、アスレチックもリニューアルオープンしてベストタイミング!   楽しい様子を写真でご紹介します。   バスの車中では、おやつタイムで盛り上がりましたよ。 太の利用者の方職員との会話や デンパーク内では、きれいな花やおしゃれな壁を背景に、 インスタのような写真を撮ることや お土産をじっくり見て買う事など 思い思いに楽しみを見つけて過ごされていました。 帰りのバスは、疲れてうとうと 最高の笑顔であふれる一日になって本当にうれしく思います。 これからも色々な経験を積むことやわくわくする活動を考えていきますね ソーシャルセンター夢んぼ 秦将士


2018年3月31日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護・昼食作り


こんにちは。日中はとても暖かくなりましたね。 さて、今回は昼食作りの様子をお伝えしたいと思います。 今回のメニューはカレービュッフェ、サラダ、デザート!! カレーの具材を切るグループ、サラダを作るグループなど班に分かれて調理をしていきました。 サラダを作るグループではレタスを小さくちぎる。 トマトのヘタを取る。 盛り付け 盛り付けは量の配分に「難しい」「分からない」と苦戦されていました。 利用者の方と相談して、どの方法ができるかと考え、 大きいスプーンからティースプーンに変え、2回すくって盛り付ける方法に変えると 均等に盛り付けることができていました。 できたことに対して嬉しそうに行ってくれました。   カレーでは具材を切り炒めていきます。 炒め終わったら、お水を入れ煮込み、ルーを入れグツグツと再度煮込んでいきます。 「いい匂い」と部屋中に広がる香りで、「絶対美味しいやつだよ」「お腹空いた」と声が上がります。   トッピングの準備も忘れずに 完成!!   カレーをよそったら、最後にトッピング!!   7種のトッピング(ハンバーグ、チーズ、なす、ほうれん草、納豆など)から 何にしようかななーとオリジナルの組み合わせをを考えながら 皆さん笑顔があふれていました。喜んで頂けて僕も嬉しいです。 一人ひとり違いとても美味しそうに盛り付けれていましたよ。おいしそ~!   「どれを入れた」「納豆合うよ」などの話で盛り上がりながら楽しく食事をしました。     これからも一人ひとりが役割を持ち、 「できた!」を感じられる活動に取り組んでいきます。                  


2018年3月20日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス【学童】 ランチ作り【ピザランチ】


だんだん暖かくなり過ごしやすくなってきた3月 少しずつ、春の訪れも感じられるようになりました さて、そんな3月のランチ作りのテーマは”ピザ” ハムやピーマン、マッシュルームにコーンなど 様々な具材の乗ったオリジナルピザを作りました   今回のピザ作りは生地も自分たちの手作りで 材料をボールに入れて、協力しながら順番に捏ねていきます はじめはパラパラだった生地が皆で捏ねていく事で パン生地のようにきれいにまとまりました      生地を寝かしている間に具の準備をして…     いよいよ、メインとなる工程です ピザの生地を薄く伸ばして ソースはテリヤキとホワイトソースとトマトソースの3種類 中にはハーフ&ハーフにする方も 色々な組み合わせを試していらっしゃいました        ソースを塗ったらトッピング 「どれにしようかな…?」 「お肉と、ハムと、ピーマンと、ほうれん草と…」 気づいたらこんなにてんこ盛りです   自分で選んで作ったオリジナルピザ お店のピザより美味しいかも…      自分達で選んで決めて作る。 活動を通してたくさん経験していきたいと思います


2018年3月12日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 天野あゆみ


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後デイ ランチ作り ~手巻きずし~


卒業のシーズンを迎え、日増しに春の季節を感じるようになってきました。   さて、今回ソーシャルでは〝手巻きずしがしたい〟との声もあり、ランチ作り~手巻きずし作り~を行うことになりました。 今回の「手巻きずし」の目的は、<協力>と<選択>です。みんなで協力して作業を分担すること、また数ある中から自分の好きなものを選ぶことにあります。     手巻きずしの具材は、きゅうり、卵焼き、カニカマ、チーズ、納豆、シーチキン、たくあん、しいたけ(味付煮)、でんぶ、ウィンナー、たらこ、アボカド、ハンバーグ、レタスの計14種類の手巻きずし これは事前の会議で、チームでっ話し合って決めた具材です。この中から、自分の好きな具材を組み合わせて、手巻きずしをたべます また、これに加えて、マカロニサラダ、オニオンコンソメスープの2品を足した計3品をみんなで作っていきます   では、その様子をお伝えしたいと思います           今回は3グループに分かれての活動 各グループごとにしっかり役割を分担し、一人一人が自分の作業をすることができました また、たくわんを切る際、「これうまく切れないぞ…どうしよう…」と悩みながら、自分なりの〝やり易い方法〟を作業する中でその方法を応用させていくという様子も見られ、日々の何気ない成長の様子も感じられました     ハンバーグ、ウィンナーを炒めている様子       マカロニサラダを作り、仕分けしている様子     とても上手に卵焼きが焼けました        完成この豪華さこれは美味しいこと間違いなし 全員が協力して、分担できたことでスムーズに完成させることができましたいざ、実食       「何をしようかな」と話しながら、楽しく昼食をとることができました酢飯の量で具が飛び出している方もいましたが、みんな量を考えて調整をしていました心もお腹も大満足な一日となりました   次回もしっかり目的を持ち、色々なジャンルの活動を行っていきたいと思いますのでよろしくお願いします   ソーシャルセンター 小山雅裕


2018年3月5日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス                          学童【スーパーキッズ体操】


2月もあとわずか、日中は暖かい日差しもあり、梅の花や木々の芽もふくらみ始め、

春支度を整えているようですね

耳を澄ませば、春の足音がすぐそばまで聞こえてくる気がします。

春が待ち遠しい

 

今回ご紹介する活動は、【スーパーキッズ体操】です

この活動は、ドルフィン株式会社MULTI-STUDIO DoWELLさんにご協力をしていただき、

子どもたちの身体のバランスや体の使い方、跳び箱やてつぼう、マット運動を通じて

筋力の強化や体力の向上を目的に取り組んできました。

専門の先生【岡本先生】の指導の元、

色々なトレーニングに挑戦してきました。

 

初めは、『むずかしい』『やれないよ』『怖い』『自信がない』『苦手だ

と子どもたちの不安がいっぱいのところからスタートしました。

初めての事は、みんな不安があります。

その『不安』を『楽しい』に変化させていくのが、スタッフの腕の見せ所です

岡本先生と相談しながらトレーニングの方法やメニュー考え、

岡本先生は運動・身体の専門的な分野から子ども達の事を見て、

僕たちスタッフは、療育という視点、普段の子どもたちの性格、約束事を作ってきました

 

メニューによってチーム分けをすることや、リストバンドでやる気アップなどなど…

それによって、意欲が何倍にも膨らみます。

最近のスーパーキッズ体操に入ると子どもたちの成長を肌で感じ、感動します

継続する事、子どもたちの成長に合わせて変化させ続け、飽きさせない工夫が大事だなと

実感しています

では、一部ですが、写真でご覧下さい。

まずは体操からスタート、先生の合図の合わせて、柔軟やジャンプ、足のステップなど

頭と体をしっかり使いますよ

ラダーでステップワーク。だんだん複雑な動きにも挑戦しています

 

今では、子どもたち同士で教え合う嬉しい場面も見えるようになりました

 マットトレーニング、バランスや体感トレーニングです。

友達の姿を見て、頑張れることや、ライバル関係もまた力になりますね。

跳び箱やてつぼうにも挑戦しています。

先生の話を真剣に聞きます。

あいさつや返事、聞く姿勢

などもスーパーキッズ体操では大切にしています。

今ではこんな大技も

子どもたちは『つぎは何やるの?』『やってみる』『出来た』『またやりたい

という言葉がたくさん聴けるようになりました。

 

職員と一緒にやっていた子が、『一人でやってみる』と言って

『できたー』と出来た姿が見れると、本当に感動します。

最後の写真のSさんのロイター版を一人で飛んだ瞬間、

周りの友達からも『おぉ~』と歓声が上がり、

鳥肌が立ち、嬉しくて泣きそうでした

そのあと、もう一回、もう一回やってと僕が興奮気味でした(笑)

 

これからも子どもたちの成長を信じて取り挑戦をしていきます

 

 

秦将士

 

 



2018年2月27日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護・バレンタインクッキング


2月のイベントと言えば…

「バレンタイン」ですよね!!

バレンタインということで、今回は

「チョコバナナケーキ」作りに挑戦しました。

今日はそのバレタインクッキングの様子をご紹介します!

 

バナナケーキなので

まずはバナナの皮を剥き

サイコロぐらいの大きさに切っていきます。

バナナがすべり

「ツルツルしてうまく切れないです」「難しいな~」と

苦戦する様子もありましたが、

コツを掴みバナナをしっかり抑え切れました。

 

大きさはバッチリ!!

 

今回の主役のチョコ

チョコが溶けやすいよう細かく手で割ってもらいました。

割った後に、チョコ、バターをヘラを使い手首を使って混ぜながら湯煎して溶かしていきます。

これはヘラで手首の柔軟性や指で割ることで指先に力がつきます。

チョコが溶けていく様子、香りを感じ

「美味しそ~」「食べた~い」と

言いながら楽しそうに混ぜてくれました。

最終工程

溶けたチョコをホットケーキミックスに混ぜ、

ホットプレートに流し入れます。

バナナを忘れず

みなさんに協力して並べていただきました。

後は焼きます。

出来上がりが楽しみですね!!

いい匂いがしてきましたよ!

 

そして…

みんなでキレイに盛り付けてチョコバナナケーキ完成!!

どうです?美味しそうでしょう~!!

 

いっただいま~す!!

 

みなさん大満足で笑顔いっぱいの時間を過ごしました。

 

これからも一人ひとりが役割を持ち、

「できた!」を感じられる活動に取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 



2018年2月14日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.