news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 >

生活介護 デコパージュ


節分を過ぎ、稲沢の国府宮ではもうすぐ「はだか祭」が開催されます。

昨日新男も決まり、当日20日は土曜日ということもあって、たくさんの人が訪れることでしょう。

まだまだ寒い日が続き、暖冬とはいえ、このはだか祭が過ぎないと春は来ない感じがします。

稲沢で生まれ育った私だからでしょうか…

 

さて、今回の生活介護はデコパージュによる作品作りをご紹介いたします。

 

今は、100円ショップにて、材料が揃うので、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

 

コルクのコースターに自分の好きな柄を選んで、配置を考え、糊をつけて貼っていきます。

「この柄がいい! この柄と組み合わせたほうがステキだね」

「猫が好きだから、猫の柄がいいな~」

 

 

 

糊をつけたら、紙にしわがはいらないようにきをつけて貼りつけていきます。

糊が乾いたら、トップコートを塗り、仕上げていきます。

完成すると、お互いに作品を見せ合って、にっこり笑顔。

「どう?私の作品…」

「このデザイン、とてもいいね~」

「○○さんの、すてきだよ」

ただのコルクコースターが、オシャレな雑貨屋さんに並んでいるようなものになりました。

コースターだけでなく、マグネットも作りましたよ。

この作品は、3月6日に開催される、写真展で一緒に展示されます。

ぜひ、皆様ご覧ください。



2016年2月10日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 大野 結子


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス                                        ~カレンダー制作【梅の花】~


1月もあっという間に終わり、2月がやってきました!


まだまだ寒い日が続いていますが・・・

 

あたたか~~い春が待ち遠しいですね

 

 

ソーシャルセンター夢んぼの

デイの中高生・学童では、

毎月テーマを決めて、カレンダーを制作しています。

 

いろんな素材・手法に挑戦して、

個々で作品を仕上げていきます

 

2月のテーマは、【梅の花】!

 

まずは、ベースとなる 木の幹 から。


茶色の絵の具を指につけ、

好きなように木の枝を描いていきます


見本を見ながら描く子もいれば、たくさんの枝をすらすら描いていく子・・・

幹の部分だけでもだいぶ個性が発揮されていました



 

次に、

和紙を使って花びらを表現しました。

かたい繊維があって、ちぎるのに結構力がいるんです・・・



 

「うーん・・・」

「円の形にするの難しすぎー!!!」

「ここ固いから手伝ってもらえませんか?」

「見て見て、上手にできたよ!」

 

一気にちぎってしまうときれいな円形にならないので、

力加減を調節しながら、

慎重にそーっとそーっと、ちぎっていきます。




 

見てください、この真剣な表情!!!


 

 

指先の使い方、力の入れ方、

自分でやりながら、考えながら、

コツをつかんでいきます

 

1枚1枚、ちぎるごとにどんどん上手になっていきますね

出来上がった花びらを好きな所にぺたぺた・・・



素敵なカレンダーが出来上がりました!!


 

じゃじゃーん!!!


 

花びらの形も、木の幹も、いい味が出ていますねぇ

 

 

完成したカレンダーを持って、

達成感たっぷりのこの表情!!!


 

出来上がった作品はお家に持ち帰って

ご家族にも見ていただいています。


頑張りを認めてもらったり、褒めていただくことが

皆さんのさらなる 自信・やる気 につながっていきます

 

制作を通して指先を上手に使う練習になったり、

苦手だったことができるようになったり・・・


 

これからも

毎日、毎月の積み重ねを大切にしていきましょうね

 

 

また制作などの作品をブログでご紹介致しますので

お楽しみに~~

 



 








2016年2月4日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 松川 志保


ソーシャルセンター夢んぼ:就労移行支援 危険予知訓練


実習時の会社で行っていたKYT(危険予知トレーニング)を、大林精工㈱様バージョンで行いました。

危険だと思われる写真を提示し、一人ひとり何が危険だと思うかを考えていただき、意見を出し合いました。

 

例えば、

①工場の出入り口

扉の向こう側に人がいるかもしれない。人がいるとぶつかる危険がある。と意見が出ました。

そのため、

●人がいると思って、ゆっくり扉を開ける事。

●扉を閉める時も、人がいるかを確認してから閉める事。

と話し合い、危険回避するために再確認しました。

 

 

②工場内にある階段

箱を多く持つと足元が見えなくなり、転ぶ危険がある。手すりを持っていないと足を滑らせた時に、転落してしまう危険がある。と意見が出ました。

そのため、

●手すりを持つ事。

●箱は2つ以上持たない事。

とルールを再確認しました。

 

 

「分からない」と答えられる方もみえましたが、他の方の意見を聞き「なるほど!」と納得、共感している事が多々ありました。

全部で15箇所の危険と思われる場所の写真を見て、検討し、全てに対して意見が出ました。

 

実際の現場なので、毎日起こりえる危険を想定し、安全第一で仕事に取り組めるよう、こちらからも声かけをし、自らも考えて行動に移せるように伝えていきます。

そして、他の場所でも、日常生活の中でも同じように意識して取り組めるように、その都度伝え、習慣になれるように声をかけていきます。



2016年1月28日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 西川 沙也香


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス                                                                              初詣【津島神社】 


今年は元旦より好天の日が多く、穏やかな年の初めをむかえ ニュースでは、菜の花が咲きほこる映像が流れるほど暖かでしたね。大寒が近づくにつれ寒さが増し、今冬初の雪も降りました あわてんぼうの草花も震え上がっていることでしょう。

寒さが増す1月16日、電車に乗って津島神社に出かけました。当日は、晴天には恵まれましたが、寒風に身が凍る思いでした。


神社詣でのために、電車の時刻や神社について調べ、手水・参拝の作法を練習しました。

手水の作法では、『やった事ある!』『初詣でやりました』『口に入れた水は飲んでいました~』などなど


 

参拝の練習では、みんなでそろって ・・・

練習の成果が出せるでしょうか?


さあ!! 神様に今年の抱負を報告に出かけます。

冷たい風にも屈せず、頑張って歩きます。



切符を買うのも、前回より早くなったかな!?

 


予定の電車に無事乗れました。ヤッター

 

津島神社はどっち? 看板を見つけ『こっちだ~』


手水舎では、手・口を清めて・・・

皆さん真剣に報告されていました。


おみくじは・・・どうだったのかな?



 

前回の反省点、【予定の電車に乗る】ためには早く歩く!!

今回、時間を意識し足早に移動したおかげで、予定の電車に乗ることが出来ました

声をかけ合うなど、皆さんまとまって外出することができました。

振り返り反省することで、一歩一歩前進していきましょう

次回の外出は博物館、今回の振り返りが活かせるでしょうか・・・



2016年1月21日 posted by ワークステーション夢んぼ 森 初枝


ソーシャルセンター日中一時・夢んぼ成人式


寒さの入りとなり、冷気がひとしおきびしくなってきましたが、

みなさんは体調を崩されていませんか?

風邪などにはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

1月は【成人の日】

日中一時のメンバーにも成人を迎えられた方のお祝いを行いました!

今年、日中一時で成人を迎えた方は4名みえ、(当日は3名)

参加していただきました。

放課後等デイサービスの中高生もお祝いする気持ちや

将来自分達も成人を迎える時の事を考えてもらえたらいいなと思い

参加していただきました。

 

全体で部屋の飾り付けをしているときから、

「すごく楽しみ」「去年は僕も成人式をしたよ。」と先輩の顔

「今日は僕らがお祝いをするばんだね」ととても温かく和やかな雰囲気

始まる前からみなさんワクワク、準備をしてくれました。

 

【ただいまより、夢んぼ成人式を始めたいと思います】

成人式が始まると主役の3名は少し緊張した表情をされていました。

 

 

 

日中一時の先輩方・中高生の後輩方からみなさんから

「成人おめでとうございます」「楽しい事、辛いこともたくさんあると思いますが、頑張ってください」

「お仕事頑張ってください」

とお祝いのメッセージや中高生から歌のプレゼント・手作りデザートもいただきました。

主役の3人もリズムをに乗ったり、手拍子で答えたりと、にこにこ、嬉しそうです。

 

 

最後にみんなで記念撮影

とてもよい成人式を行う事が出来ました。

今回は成人を迎えられた利用者さんのご両親からサプライズでお手紙をいただきました。

「ゆっくりですが、成長してくれたことをとてもうれしく思います」

「毎日の生活を楽しみながら少しずつでも出来ることを増やしていこうね」

「これからも、あなたらしく元気に可能性の扉を開いていってください」

とご家族の愛情と未来への期待がいっぱいのメッセージを紹介させていただきました。

紹介しながら僕がなきそうでした。

 

子どもを思うご両親の気持ち、希望、これまでも色々な思いをしてこられて、今があると思います

この手紙にある、気持ちは忘れてはいけない事だと実感しました。

ご家族の気持ちに寄り添い、本人の可能性を信じ、これからも【居場所と出番】を大切にしたいです。

 

成人を迎えられみおなさん、本当におめでとうございます。

 

 



2016年1月16日 posted by ライフステーション夢んぼ 金田 雅人


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス                                           【外食・学童】


新年明けましておめでとうございます

今年も無事新しい年を迎えることが出来たのも、

利用者さん、保護者さん、企業さん

夢んぼに関わるすべての方のご協力があってのこと

感謝の気持ちでいっぱいです

誠にありがとうございます。


ここで抱負を…今年は【さる年】ということで、

さる年だけに前向きな気持ちで、

『見ざる、聞かざる、言わざる』(いやっ!それマイナス!)

気を取り直して

『見よう!聞きこう!言おう!』積極的に参りたいと思います

(さる関係なくなってる!)

去年に勝る(まさる)良い年になりますように、

モンキー…本気…に全力で行きます

(山田君座布団もってきて~笑)


……それでは、今回紹介させていただく活動は、

12月最後のイベント、学童で外食に出かけました。

 

今回は3グループに分かれての外食。それぞれ目的地が違います。

目的地はつくまで分からないミステリーツアー

子どもたちも今までの経験から「きっとソーシャルの近くだよ」

「ドキドキ楽しい」「前行ったとこかな」

等予想していました。

初めての場所でも落ち着いて過ごせるかなぁ

何を頼りにして行動できるかなぁ


出かけた場所は、

リーフウォーク稲沢、カラフルタウン岐阜、イオンモール木曽川、

活動では行ったことのない初めての場所です。


到着

「ここだったか~」「初めて来た」「やったー面白そう

みんな期待に心躍ります。

それぞれのチームで相談、話し合って、一日のプランを立てます。

「どこからいく」「まずはご飯でしょ

案内図や写真付きの看板は便利だね

分からないときはインフォメーションもあるよ

ご飯はfoodコートで食べたよ

「なにたべよっかな


「美味しい」「ごちそうさまでした(返却口)

おやつタイムも


本屋も行ったよ

好きな模型も見れたね

「これが三岐鉄道で~

チームで相談したね

「次どこ行く」「100均もあるよ」「ゲームソフトもみたい」

 

帰ってきて報告会

みんなの話は尽きません。楽しんでくれたのが分かります。

「また行きたい」「今度は場所変えていきたい

「もっと違う場所もいきたい

嬉しい感想もいっぱい聞けました。

友達とご飯を食べたり、店を探したり、相談して決めたり、

色々な経験ができた充実した一日になりました。

無事楽しく過ごせたのも

日頃の積み重ねが力になっている証拠ですね

 

今年も子どもたちが、いろいろな経験を積み、

楽しく、力を高めていけるような活動を考え取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2016年1月8日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


生活介護 「スノードーム」


今日はクリスマスイヴ

夜、街を車で走っていると、イルミネーションがとても綺麗で

うっとりしてしまいますね

 

明日、生活介護ではクリスマス会を開催します。

ご自宅でもクリスマスムードを味わってもらえるようにと、

12月の制作では「スノードーム」を作りました。

 

「スノードームって何?」とはじめて聞く方もいらっしゃいました。

見本を見せると、「かわいい~」「早く作りたい!」と

みなさんワクワクした表情に早変わり

 

 

まずは、ビンの中にいれる飾りを作ります。

プラ板に好きな絵を選んで、ペンでなぞっていきます。

 

 

サンタやツリー、トナカイや星など、

慎重に…慎重になぞっていき、色もつけていきます。

トースターで焼くと、小さくなって、とってもかわいいオーナメントになりました。

 

 

ビンの中には、モールで作ったツリーやビーズ・スパンコールなど、

キラキラ輝くものをいっぱい入れました。

卵の殻を細かく砕き、雪に見立てて、入れました。

 

 

洗濯のりと少量の水を、こぼれないように気をつけながら入れていきます。

「まだ入れていいのかな?」「どのくらい入れるのが綺麗なんだろう?」

みなさん真剣な顔つきです。

 

 

 

 

ビンのフタの部分にテープをつけ、飾り付けしたら完成です

 

逆さまにすると、まるで小さな街に雪が降っているようで、

キラキラしたスパンコールは、まるでイルミネーションみたい

本当に綺麗な【スノードーム】が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今宵、皆様にとってすてきなクリスマスになりますように

Merry Christmas



2015年12月24日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 大野 結子


ソーシャルセンター夢んぼ放課後等デイサービス                                           ~夢んぼ10周年まつり~


 

12月13日(日)に、夢んぼ10周年まつりを開催しました!

 

今回はその際に発表した【ソーラン節】と【ジオラマ制作】についてご紹介します

 

学童・中高生の活動で

夏からソーラン節の練習とジオラマ制作に取り組んできました。

 

 

共同制作のジオラマの展示では、

 

「これ僕が作ったよー!

「わー!すごいね」

「よくできてるねぇ

 

たくさんの方が足を止めて見てくださいました。

 

 

お互いの作った作品を見合ったり、

見本を見ながら紙粘土で立体にしたり、

みなさんの想像力・創造力をフル活用して

一つのテーマ

「海・森・街~生きる力~」を表現していただきました。

 

学童は海を、

 

中高生は森を、

 

日中一時は街を、

 

協力して作り上げました

 

 

生き物だけでなく、植物や岩、建物、小物類などの細かい部分に至るまで

作っていただき、完成度の高い作品に仕上がりましたよー!

 

 

 

午後から行われたソーラン節の発表では、

 

リハーサルからみなさん気合い十分!!!!!!

 

法被(はっぴ)を着て、みんなで気持ちをひとつに・・・

 

 

総勢44名での、大迫力のステージ!!!!

 

 

「どっこいしょ!どっこいしょ!」

「ソーラン!ソーラン!」

 

観客の方々からの暖かい声援を受けながら、

2回も踊り切りました!!

 

踊り終わって拍手をもらった瞬間、

学童のRくんが

「めちゃくちゃたのしかったー!!」

と満面の笑み

 

実はRくん、練習のときは、

自信が無さそうにしていたり不安げな表情を見せていたりしていたのですが・・・

 

本番では堂々と笑顔で踊りきっていました!

 

みなさんよりむしろ職員のほうが緊張していたかもしれませんね(笑)

 

発表が終わってほっと一息つくみなさん・・・

 

振り付けを覚えて人前で踊りを披露したり、みんなで一つの催しに向けて

準備をしたり、練習をしたり、

今回の夢んぼまつりを通して

みなさん様々な経験をされましたね

 

夢んぼでの活動の様子をお家の方・地域の方に知っていただく貴重な機会となりました。

 

またソーラン節を披露できる場があると良いですね

 

ご来場してくださったみなさん、参加してくださったみなさん、ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2015年12月18日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 松川 志保


ソーシャルセンター夢んぼ:就労移行支援 体験実習


企業様のご協力により、体験実習をさせていただいています。

普段も企業様の中で実習をさせていただいていますが、就職したい職種が分からないという事から≪よりリアルに就職・職種を考えていけるように≫という事を目的に取り組みました。

日頃訓練している事が他の場所になると緊張と不慣れさから「挨拶・返事」という基本的な所から出来なくなっていました。企業内に道路があるため、普段指さし確認する習慣に対しては、すぐに出来ていました。

今回、実習に行っている利用者様は、コミュニケーションや報告、連絡、相談、挨拶、返事を意識して取り組んでみえました。そのため、実践ではどこまで意識を高めて出来るのか、実習でとても良く感じたと同時に、訓練している方たちにも知ってもらうため、すぐに周知しました。

企業様へ行って、肌で感じる。やってみないと分からない。失敗も経験だ。大切なのは、次同じ失敗しないためにどうするかだ、という事を改めて感じました。



2015年12月10日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 西川 沙也香


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等ディサービス 『名古屋外出』


12月になり、今年も残り少なくなりましたね

ついこの間まで青々としていた銀杏も、11月半ばより一斉に色づいたと思ったら

今は、寒風に黄葉を落とし始めています。

落葉の冬を迎え、これから春の芽吹きへ向け力を貯えていくのでしょう

 

11月21日(土)電車に乗って名古屋に出かけました。

2度目の名古屋外出、外出のプランの会議では 前回を振り返り

「買い物の時間がなかった」「お店が閉まってた」「電車の時間が…」などなど

よし、今回は、反省を生かしてもっと時間を意識してチャレンジです。


お天気に恵まれ、いざ出発

名鉄上丸渕駅まで徒歩20分、目的があれば20分は早く感じます。

計画を立てた時間を無駄にはできません。

気が付くと足早になってます



ヤギとの接触事故のため、ダイヤが乱れが!

そんな時もある。思わぬハプニングも大切な学びの場です。


時間を気にし、腕時計を見ては、『時間になりました』『いつくるかな?』『早くこないかな~』

電車が待ち遠しいです。先の計画の時間も変更です。


無事電車に乗れ、

『早く買い物したい』『ノートあるかな?』『お腹すいた~』

電車内は、会話がはずみます


名古屋について、ホッ! ご飯を食べに行きます。

ほしいもの見つかるかなーと期待でいっぱい



これもいいな、あれもいいなと迷いますね。

け興味関心が広げられていることがうれしいことですね。

買い物を終え、予定の電車に乗って上丸渕駅へ戻ってきました。

疲れたけれど、気分はルンルン



 

文房具・犬のおやつ・キッチングッズなど、

お目当ての商品を発見!みんな笑顔が素敵!

それぞれに満足した名古屋外出になったかな?

何事も積み重ねです。

前回はいけなっかったところに行けたり、計画の時間通りできたり、

まだまだ見てみたいものやってみたいここ事、この経験から生まれるもきっかけに

なってくれるとうれしいですね。

次回も、みなさんで話し合い計画を立て、それぞれの心に残る体験をしていきましょう



2015年12月6日 posted by ワークステーション夢んぼ 森 初枝


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.