news
news
news
求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング



○夢んぼ本部
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-25-5913
 Fax:0567-25-5913

○第2夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-28-1070
 Fax:0567-28-1070

○ソーシャルセンター夢んぼ
 〒490-1304
 住所:稲沢市平和町法立十一丁31番地4
 Tel:0567-69-5586
 Fax:0567-69-5587

○ワークステーション夢んぼ
 第2ワークステーション夢んぼ

 〒496-8014
 住所:愛西市町方町松川70番地1
 Tel:0567-55-7456
 Fax:0567-55-7458

○ライフステーション夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田62番1
 Tel:0567-31-7811
 Fax:0567-31-9171

○癒しのわ いなべ
 〒511-0431
 住所:三重県いなべ市北勢町別名203-2
 Tel :0594-37-2239
 Fax:0594-37-2239

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 >

ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護


コロナウイルスで外出が難しい状況ですが、生活介護では 検温や手洗い、消毒など生活力の一つとして普段から実践してきました。 なかなかな外出ができませんが、教室での活動も、なにか楽しみにつながってほしい 仕事の練習になるように、と工夫し取り組んでいます   今回ご紹介するのは、制作の様子です。   今回はカッティングボードのリメイクに挑戦。一輪挿しを作りました。 100円均一に売っている木のまな板カッティングボードに、 【色を塗る】【布を選ぶ】【布を張る】【花を選ぶ】 など工程を一つづつ取り組みました   装飾には、ひとり一人に合った道具を使いました。 ローラーや筆を使ってビンテージ風のカラーをそれぞれに選んで頂き装飾しました 布選び。この布の端切れの組み合わせ次第で、どれも味があって、オリジナリティーを感じます 最後は花を選んで完成です どうですか? 素敵でしょ。 ご自宅で使っていただけると嬉しいですね。      


2020年3月30日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ★デザート教室


あっという間に1年が経ち、卒業、進級の季節がやってきます。

コロナウィルスの関係で早い春休みが訪れましたが

学校がないことで生活習慣が乱れないようしっかりと

早寝、早起きを心掛け、体調管理をしていきましょう(^^)/

今回は2月27日(木)に行った

「チョコパイ作り」について紹介します!!

パイシートを使ってチョコを包むことにチャレンジです☆★

調理の前にはしっかりと手洗い、手袋、三角巾、マスクを装着しました!!

1人、10枚のパイシート、チョコを準備してからスタートです☆

フォークで隅を潰していく作業では

シートがフォークにくっついてしまい苦戦する方も・・・

「こうやってやるときれいにできるよ」

など、友達同士で教えあう姿も見れました(*^-^*)

普段から友達の事を思って行動するよう声をかけていることが 伝わっていると感じてとてもうれしいです

1つ1つ丁寧にシートが破れないよう慎重に取り組んでくれていました♪

できあがったパイは均等になるように天板に並べます。

落とさないように慎重に。

持つ方の手と並べる手を両方意識しないといけないので、 簡単なようでとても集中がいる作業です。

並べたパイの上に卵黄をハケで塗りオーブンへ(^^♪

「このくらいでいいの??」

「もうちょっとかな?」

などなど全体に卵黄が付くように丁寧に塗ってくれました☆

できあがったパイはみんなで美味しくいただきました♪

「簡単にできたー」

「パイの実より美味しいね」

「また作りたい♪」

などなど、今回のデザート教室は大成功です(^^)/

少し残ったのでおうちの方にお土産としてお持ち帰りしました(^^)/



2020年3月10日 posted by 第2夢んぼ 南波 衛汰


ソーシャルセンター夢んぼ☆シャカシャカクッキー


暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています

ソーシャルセンター夢んぼでは2月のイベント「バレンタイン」にちなんでご自宅用プレゼントとして、

見ても楽しめるシャカシャカクッキー作りを行いました

生地を麺棒で伸ばすのは、意外と力がいるため中学生の方に

「あ、ちょっと押さえるの手伝って!」などとグループで協力し合います

お次はメインの型抜きです。

ただの型抜きではなく、大きい型抜きの後に小さいサイズの型を合わせて、

くりぬくように型抜きをしていきます。これが結構大変でした…

ていねいに行わないと生地が破れてしまったり、慎重になりすぎて生地が柔らかくなりすぎてしまったりと、トラブル発生。そこは経験を積んでいる中学生が大丈夫とフォロー

「ここまではやり切りたい!」と皆の声もあり、昼食の時間を割いて取り組みました

焼いている間は、キャンディーの仕分けです!

「りんごはこっち」「ぶどうは、あっち」などとお互いに声を掛け合い取り組んでしました。

焼けたクッキーに好きな味のキャンディーを優しく入れていきます。

オーブンで焼いてキャンディーが溶けたクッキーはまるでステンドグラスのようで、

思わず「わ~」と感動の声♪

キラキラ飾りは前日に自分達で買い出しに行ったものを使います。

思い思いに選び、楽しみながら作る姿が見られました

チョコペンをのり代わりにして貼りつけて

完成

みんなで協力したり、集中して一生懸命作ったシャカシャカクッキーは気持ちがたくさんこもっています

手作りクッキーを通して子どもたちの姿を想像して頂けたらと思います


2020年2月26日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


SCクリエイト★ソーシャルセンター夢んぼ


1月もあっという間に終わり2月になりました。

今年は暖冬で過ごしやすい日が多いですね♪

ただ、風邪やインフルエンザは怖い

手洗いうがいをしっかりして

今年度あと二ヶ月をのりきりましょう(^^)/

  今回は来月3月22日(日)に行われる「夢んぼ作品展・写真展」で
飾られる作品についてご紹介したいと思います。

アクリル絵の具を石に塗って「サボテン」を

制作しました。

1日目で石とベースの色を決めて塗りました。

2日目は見本の石のサボテンを見ながら紙に

イメージ図を描いてから石に模様をつけていきました。

「この模様僕と一緒だね」

「こっちの柄がいいな」

思い思いに柄を考えて、イメージ図を描きました♪

できたイメージ図を基に実際に絵の具を塗っていきます☆★

 

綿棒を使って細かい柄も描きました♪

「見てみてイメージ通り!!」

「ここはこうして・・・・うん♪」

時間いっぱい使ってみなさんイメージした模様が

描けていました(^^)/

作りながらさらに発想があふれる子もいて

完成するまでどんなものができるか創造力豊かで

とてもワクワクします。

実際どんな「サボテン」ができあがったのかは

作品展で飾られるので

ぜひ、見に来てください(*^_^*)

他にも個人作品、共同作品などなど

たくさんの作品たちが飾られていますので

お楽しみにしていてください☆★



2020年2月14日 posted by 第2夢んぼ 南波 衛汰


ソーシャルセンター夢んぼ生活介護【成人式】


1月になり冷たい空気に、身も心も引き締まるようで、寒さに負けないように 元気に日々利用者様と関わっております   1月は新成人の利用者様のお祝いに夢んぼで成人式を行いました。 ライフステーション夢んぼという事業所にも成人を迎える方がみえたので 2事業所合同成人式を企画しました。   普段の服装とは違い、新成人の方は大人の第一歩としてスーツや晴れ着、おしゃれな服装で 参加していただけました 成人の方からのご挨拶では、緊張しながら【仕事を頑張ります】と力強く飛躍しようとする言葉がありました。 学生時代から夢んぼに通われている方の成長に職員一同、感極まる思いでした。 心よりお祝い致します。おめでとうございます 感謝の気持ちを忘れず、一つ一ついろいろな事に挑戦してほしいと願っています   昼食はお祝いランチ 式とは違って和やかな雰囲気でワイワイと仲間との時間を過ごしました。   ソーシャルセンター夢んぼ 足立  


2020年1月30日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


SC夢んぼ☆寒い時こそ、運動!


つんとした冷たい空気に、ひんやりとした風。もう季節はすっかり冬ですね

ソーシャルセンター夢んぼでは、寒い季節だからこそ、体を動かす機会なども大切にしています

今回は、そんな体を動かす活動の様子をお届けします

ドルフィン株式会社のインストラクター「外部先生」による

小学生の方対象のスーパーキッズ体操は月に2~3回行っています

勇気を出してやってみる

間違えてもいいからやってみることで…

できそうから、できるようになった

と実感できるのが、スーパーキッズ体操

楽しく体を動かす工夫もあります。

できることが増えてくると、楽しくなってきます。中には早くテストがしたいなんて声もあります

また、ボランティアで月に一回教えて頂いているフットサル教室では、ライフステーションや、ワークステーションなどの他事業所の方と交流しながら、屋外で解放的で自然と声も出たりなど、心も体もリフレッシュされます

ボールのパスではお互いに名前を呼び合うのがコツ。スポーツを通して相手を思いやる機会にもなります

〇〇さん、いくよ!

あ。ごめん!

ドンマイ!大丈夫だよ!なんて声も聞こえます

出来なくて悔しい思いをする子も中にはいますが、

時にはみんなの見てからやってみるのもよし、

またやってみようかなと思える気持ちにしっかり寄り添い、

ちょっとの出来た瞬間をみんなで喜び

次もやってみようと思える時間になればと願って挑戦しています

これからもソーシャルセンターでは体を動かす機会を作っていきます!



2020年1月30日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


生活介護【ビューティーチャレンジ:清掃】


2020年を迎え、今年の干支は【子年】新しい運気のサイクルの始まりともいわれ、 植物に例えると成長に向かって種子が膨らみ始める時期であり、未来への大いなる可能性を感じる年。 生活介護も大きな可能性を感じられるような事に挑戦していきます。   今回は、【ビューティーチャレンジ:清掃】の様子です。 ビューテーチャレンジは、身だしなみやマナーなど「美」をテーマに進めている活動です。 12月の大掃除の時期に合わせて、練習してきました。 窓ふき、床の雑巾がけ、普段の掃除以上に細かな部分に目を配り、丁寧に取り組む事を意識していただきました。 一つ一つ練習して大掃除の日には、皆さん役割分担もスムーズで、気温は少し寒かったですが、 皆様一生懸命に掃除をして頂けました。ありがとうございます。 職員も一緒になって掃除をして、毎日使っている教室に感謝の気持も込めながら取り組みました。 ピカピカになった教室で、またいろいろな事に挑戦していきます。   ソーシャルセンター夢んぼ 野津  


2020年1月16日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


生活介護『スイーツ教室~オリジナルポッキー作り』


あっという間に12月も半分を過ぎ、年を越す準備など慌ただしく毎日を過ごしています。 生活介護もまた、仕事に活動に大掃除の準備など充実していただけるように 色々な工夫をしながら毎日過ごしています。   今回は少し前にはなりますが、11月に行ったスイーツ教室の様子をお伝えしたいと思います 11月11日は何の日かご存じですか、色々ございますが、利用様の中ですぐに出てくるのが、 【ポッキーの日】と声が上がります。そこで、スイーツ教室でオリジナルポッキー作りに挑戦しました   クッキー生地から皆さんで、こねて形を作ってにも挑戦。 なかなかまっすぐ棒状にするのが難しかったですが、何度もやり直しながら 頑張っていただきました ナッツ、ドライフルーツ、ポップコーン、ポテトチップス、コーフレークなどなど 色々なトッピングを用意して、好きなものを組み合わせて作りました 斬新な組み合わせもあり、世界で一つだけのMYポッキーの完成です ご自宅へのお土産用にも作ったので、ご家族からの 「おいしかったです」「こってますね」「家族で仲良く分けました」 などとてもうれしい素敵なコメントをいただきました 感動です 利用者様が頑張って作ってくれたものをまたご家族の方にも喜んで頂ける 職員にとってこんなにうれしい事はありません   またいろいろな事に挑戦し、ご家族の方にも伝えられるように 努力していきます   ソーシャルセンター夢んぼ 足立      


2019年12月16日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 【表現活動と昼食づくり】


寒さも一段と強くなり、季節は秋から冬支度を始めています。 温かい食べ物が欲しくなる季節、今回ご紹介するのは、昼食づくりの様子です。   今回昼食づくりのメニューは【おでん】にしました。 まずは、食材についての相談からです。   事前に〝表現活動〟と題し、利用者様の思いや表現の方法を伸ばしていこうという目的で、 活動していることがあります。今回のテーマは【おでんについて】行いました。 利用者様ひとり一人の表現があり、指差しやボディサイン、言葉、色々な方法で表現してくれます。 おでんの写真をみながら指差しをしてお頂く方、普段の生活で食べたことのある食材を教えていただけた方もいます。   ある方は、この表現活動ために、食材のリサーチをしてメモに書いてきてくださった方もみえました。 積極的に参加してくださる姿に感動します。 食材会議では、サイドメニューなどにもふれまた。 そして当日、表現活動ででな内容を参考に、買い物チームとサイドメニュー調理チームに分かれて取り組みました。 ※(買い物チームの写真が取れなかったです) ご利用者様の思いがぎゅーとつまったおでんができました。 味も最高でしたよ またご利用者様の意見を聞きながら取り組んでいきます。   ソーシャルセンター夢んぼ 野津


2019年11月29日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 秦 将士


SC夢んぼ★ランチ作り!


肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました

今回ご紹介する活動は「ランチづくり」です ランチづくりの前準備として、【ランチ会議】という会議を開いています。 意見を伝える事や相手の話を聴く、話し合う力、協力する事を学びます。

会議ではパソコンで検索する方法や、今まで外食で食べた料理を思い出して、意見を出し合いました。

「みそかつ」「ポテトサラダ」「杏仁豆腐」「さつまいもの味噌汁」の定食作りに決まりました!

調理では役割り分担と協力を大切にしています

任された担当を最後までやりきることが、責任感、協力して成し遂げる事の達成感や自信につながります。

分量を量ることや、卵のから剥き、食材のカットや盛り付けなど調理はいくつかの工程があります。

「僕これやるね」「私これできたよ」などお互いに声を掛け合い

「助け合い」や「協力」することでできる姿もたくさん見られました

お昼ご飯の時間が遅くなってしまっても、自分達でつくることに意味があります。

(職員は見守り、手出ししすぎずのガマンの時間です)

初めての揚げもので緊張される方もいましたが、きつね色になってきた「見た目」と

ジュワジュワと揚げている音がパチパチに変わった「音」をよく観察してやってみよう、

などポイントを聞きながら見本をみて挑戦する方。

「一緒にやってください」と自分で伝え、助けてもらいながらでも「できた」が自信に繋がります

頑張って作ったみそかつ定食は、ほんっとうにおいしく、おかわりする方もたくさんいました

「○○くんがつくった杏仁豆腐おいしい!」と友達にからの言葉に思わず笑顔になる方も…。

会議と調理を通して、みんなで作った達成感とコミュニケーション力が育まれます。

頑張ったからこその笑顔がたくさん見られる活動の機会をたくさんつくっていきたいと思います



2019年11月22日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.