news
news
news
求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング



○夢んぼ本部
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-25-5913
 Fax:0567-25-5913

○ソーシャルセンター夢んぼ
 〒490-1304
 住所:稲沢市平和町法立十一丁31番地4
 Tel:0567-69-5586
 Fax:0567-69-5587

○ワークステーション夢んぼ
 第2ワークステーション夢んぼ

 〒496-8014
 住所:愛西市町方町松川70番地1
 Tel:0567-55-7456
 Fax:0567-55-7458

○ライフステーション夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田62番1
 Tel:0567-31-7811
 Fax:0567-31-9171

○癒しのわ いなべ
 〒511-0431
 住所:三重県いなべ市北勢町別名203-2
 Tel :0594-37-2239
 Fax:0594-37-2239

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >

ソーシャルセンター夢んぼ☆キーホルダー制作


新年度がスタートして、早くも1か月が経ちました!!

新しい環境にもだいぶ慣れてきたように感じられます♪

元号は【令和】に変わり、新しく挑戦するにはよいきっかけだと思います。   夢んぼでもどんどん子どもたちと色々なチャレンジができるように活動していきます

今回はご紹介するのは、学童で取り組んだ

アイロンビーズを使ってキーホルダー制作の様子です。

今まではアイロンビーズに触れたことはありますが、 自分で図案から考えたことはなかったので、今回は

まずは図案作成からスタートしました( `―´)ノ

  1日目:図案づくり、 子ども達にはマスが書かれた紙だけ、置いていく色や個数は 自分でマスを塗りつぶしていきます。

見本を選んで一つ一つ確認して取り組む方

パソコンを使って調べる方、オリジナルを考える方と様々!!

パソコンで調べて出したものをアレンジする方も見えました(*^▽^*)

作るものが決まると図案に色付けしていきます!!

「ここであってる?」 「何色にしようかな?」

シートのマスを数え、実際にアイロンビーズの色を確認し、

慎重に塗っていきましたよ( *´艸`)

中にはマスを間違えて色付けしてしまうこともありましたが

「シートもう一枚ください!!」と

何度も挑戦して図案シートを完成させました(*^▽^*)

 

2日目:実際に図案を見ながらアイロンビーズを使って制作しました!!

専用のプレートにアイロンビーズをピンセットや

指先を器用に使って載せていきます☆

とても細かい作業でしたが段々形になっていくとニコニコと笑顔が出てきます。

集中力もさらにアップ!皆さん長い時間でしたが、集中が途切れることなく、取り組むことできていましたよ(*^^)v  

できあがるとみんなで見せ合いながら記念撮影♪

素敵なキーホルダーを作ることができました(*^^*)

出来た作品をランドセルや手提げバックなどにつけてくれていて、

来てくれた時に自慢げに見せてくれたことがとてもうれしく思いました。 時間がかかる事や難しい事でも、挑戦できる機会、乗り越えられた時の達成感は、 出来たときの喜びは自信になり、さらに挑戦したい気持ちにもなります。 僕たちはこれからも子どもたちの挑戦する機会をどんどん作って、 子ども達の【できた】を発信していきたいです。  


2019年5月9日 posted by 第2夢んぼ 南波 衛汰


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~親睦会~


春風が心地よい季節となり、春は新しいスタートの季節。 新年度も始まり、ソーシャルセンター夢んぼでは新たに2名の新卒の方迎え新しい生活介護のメンバーでスタートしました 今年度に入って初めての調理実習を4月6日(土)に行ったのでその様子をお伝えしたいと思います   今回は『五平餅定食』で五平餅をメインにデザートやミニうどんをつくり和風の定食です 今回は米をかす・炊く、タレ作り、食器の準備など利用者様と一緒にとりくみました ご飯をつぶして、形を整える、手のひらの感触や質感の変化に触れ、      たれづくりでは、クルミをつかった本格的な味噌をつくり、味噌の香りも堪能しました。            完成とても美味しそう    「美味しい」「また食べたい」など満足した様子をみせてくれました自分たちで作った料理に勝るものはありませんね 食後は、食器洗い、食器拭き、雑巾がけなどに分かれて 〝後片づけも手伝っていただきました   また食後の運動も兼ねて、午後はみんなで桜を見に最寄りの桜道までウォーキング お腹も満たし、花見をしてとても充実した一日になったのではないかと思います   ソーシャルセンター 小山雅裕


2019年4月16日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ(学童) ワールドキッチン~チヂミ作り~


日ごとに暖かさを増し春の訪れが感じられる季節になりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか?   今回の学童の活動は、新しく始まった企画ワールドキッチンです ワールドキッチンとは、食の幅を増やすこと、新しい食材に触れるなど、食育として世界の食文化を感じていく企画になっています。 本企画の第一弾は、日本のお隣の国の韓国の料理。チヂミ作りにチャレンジしました!   最初の工程は、材料をハサミや手でちぎったり切ったりしてチヂミの中に入れる具材を準備していきます。 今回は担当制で、皆さんは自分の出来そうな工程やチャレンジしてみたい工程を責任をもってやり遂げていました チヂミのタレも手作りで、皆さん一生懸命作っていました。   具材の準備が出来たら、好きな具材を選んでお椀の中に入れていきます。 「どれ入れようかな~?」、「全部入れてみよう!」、「これ入れてみよう!」など、様々な反応があり子どもたち一人ひとりが考えて好きな具材を選んでいました そして、生地もお椀の中に入れて少し混ぜてからホットプレートで焼いていきます。 「まだかな?」、「早く食べたい!」など、焼き上がりを楽しみにしている声がたくさん聞こえました!   生地が良い色に焼けてきて、ついに完成です! 出来上がったチヂミに自作のタレをかけて、いただきます!! 「おいしい!!」、「おかわりないの~?」とチヂミは好評だったようで、子どもたちから良い反応を頂けて職員も良かった~!と思う瞬間でした(笑)   今後も、海外の料理作りにチャレンジしていきます! 【※早く食べたくてエプロンを取り忘れてしまった写真でごめんなさい】 後片付けもみんなで協力して取り組みました。 次回もお楽しみに  


2019年3月26日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 村上 友規


SC中高生★お菓子の家づくり!!


寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられ寮になったこの頃、昼夜の寒暖差はありますが、皆さん体調は崩されていませんか?

今年度も早いもので残りわずかとなってまいりました

先日は中高生の活動として「スイーツ展」で興味関心の幅を広げるために芸術鑑賞した様子をご紹介いたしました

今回は、実際に自分たちでお菓子の家をつくってみよう!という企画のもと、

最初にイメージ作りは大切…ということでパティシエの方もやっていたデザイン画を描きに挑戦です

「ポッキーでえんとつをつけよう」「わたがしで煙になるかな」

「クッキーを使いたい!」「柿の種どこにしようかな…」など想像力を働かせます

午後からはいよいよ、お菓子作りスタートです

様々な材料をチョイス

チョコレートをのりがわりにしてくっつけていきます(集中していますね)

イメージ画をみながら、みなさんとーっても集中して作る姿は職人のようでした

「こんなおもしろい家になってきた」と楽しそうに報告する姿も

一人一個家ができたところでグループの中で合体し、なんと町づくりにもチャレンシです

家以外のスペースをどう表現しようか、時間が足りなくなるほどみなさん没頭していました

「屋根はソーラーパネルにする」など具体的な方もいて、みなさん本当に思い思いのお菓子の家をつくっていました

食べる時は頑張って作ったものをゆっくり名残惜しそうに味わう方や、破壊だー!と大胆に食べる方など楽しむ姿もたくさん見られ、良い表情をみることが出来ました

               

夢んぼだからできる事、夢んぼの仲間とだから経験出来る活動、これをきっかけに創る楽しさを知ってもらい、次への意欲に繋がってくれることを願って、

これからも色々なきっかけをつくっていきたいと思います山村 翠



2019年3月26日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


SC中高生★名古屋市科学館【スイーツ展】


3月になり暖かい日が続いてと思うと、また寒い日がある 1日の中でも気温の変化が大きい季節、体調などには十分気を付けてくだいね。 ただ、寒さの中にも暖かい日差しを感じもう季節は春がきたように思います。 春を目の前にして少し、季節に戻して2月の活動のご紹介… 2月といえば「バレンタインデー」がありますよね 作って食べるだけじゃ無く、見ても楽しいのがスイーツの魅力。 少し、違う視点から、目で見て心で感じる、感性を伸ばそうと 中高生では、名古屋市科学館で開かれていた「スイーツ展」の芸術鑑賞に出かけました。   外出は、中高生にスケジュールの作成から、駅や行く方法は、事前にみんなで調べてもらっています。 当日は、中高生の皆さんを信じるだけです。   いつも馴染みの駅からではなく、今回は地下鉄のチャレンジです 切符の買い方や切符の管理は、ずいぶんとなれ、無くさないよう管理をします。 降りる駅も私たちスタッフは座って皆さんの様子を見ていると…(通り過ぎるかもしれないけど、学習のチャンス)   「次だよ!伏見!」などと教えてくれました。 しっかりアナウンスを聞いていました(ふ~)   伏見駅で降りると、さて大変… 出口と書いてある看板がたくさんあります!!!! 人の流れにそって歩き出そうとする方もいらっしゃいますが、ストーップ (スタッフは我慢です。これも社会経験…)「どっち?」と尋ねると 「何番出口だっけ…」「しおりを見てみる!」「4.5番出口だ!」「あ、地図あるよ」 などそれぞれが声に出し、考える姿が見られました 地図で場所を確認し 名古屋市科学館に行く前に昼食を買うためにコンビニ探しのミッションです ビルや建物ばかりでこのままではお昼ご飯が買えない…と皆さん必死に探して頂き、みつけたローソンで昼食を買う事が出来ました     名古屋市科学館、到着です 連休ということもあってか、想像以上の行列… 「さて、並びましょう!」と気合を入れて並びます(笑) 約10分並び、館内に入り、昼食タイム その後は今日のメイン「スイーツ展」です 入口では「作品には触らないで下さい」という説明を聞きます あま~い匂いに幻想的な世界色鮮やかな作品キラキラした作品にくぎ付けです     「これはクッキーかな」「これはあめ?」など近づいて「本物??」「すごーい」など思い思いに楽しみます。 (こちらは樹脂粘土で作った食べられないスイーツ作品です) デザイン画などもあり「作る前にイメージの絵も描いているんだね」などと学びました 本物でできたお菓子の家の作品もあり、「この家おいしそう!」「すごいな~」と素直な感想も聞こえました   ミニチュア作品では、「ちっさーい」「なにこれ!?」と驚く作品ばかりです。 「どうやって作っているんだろう」などと普段の生活の中では、なかなか知ることができないさまざまな作品に触れることが出来ました! この活動で興味関心の幅を広げ、3月はより今回の活動を深めるために、実際に自分たちで会議の中で話し合い、お菓子の家づくりに挑戦します! 私も子どもたちが想像力を膨らまし、作っていくことを楽しめるようお手伝いさせていただきたいと思います! 山村 翠


2019年3月11日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~レクレーション【フィジカル編】~


気候も少しずつ暖かくなり、春の気配を感じるこの頃となりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 ソーシャルでは、暖かい日にこそ〝身体を動かそう〟ということで、室内で柔軟体操を行い、外でウォーキングをしてきましたのでその様子をお伝えします 【室内で柔軟体操】   まずは室内で〝柔軟体操〟を行っていきました 普段のヘルスケアでも行っているような柔軟を交え、バランス感覚運動、下半身や上半身の運動など色々な種類の体操を行っておこないました「あぁ~キツイ」「あれっ○○さんそんなに曲げれたっけすごいね」など周りから褒められたり、「もっと頑張れ~」と応援されたりと、ワイワイと賑やかな雰囲気の中で楽しく行うことができていました   【公園内のウォーキングコース】     昼食後は、最寄りの≪平和中央公園≫へ行き、約30分ほどウォーキング 中にはランニングをする利用様もいたりと、それぞれが思い思いの運動を行い過ごしていました 気温も心地よく、公園で“つくし”を発見するなど、春の訪れを感じさせてくれる、そんな一日でした 今の時期、日中の寒暖差、花粉等何かと外出時の気になることが多いと思いますが、身体に気を付けてお過ごしください   ソーシャルセンター 小山雅裕  


2019年3月11日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


ソーシャルセンター夢んぼ 放課後等デイサービス                                                     (学童)チョコドーナツ作り


3月になり朝晩は風が冷たく感じますが、  太陽が昇ると暖かく春の足音が聞こえてくるような季節になってきました。 今回は2月に行った活動の紹介 活動の中には季節を感じてもらえるようなものを取り入れています 2月は甘い甘い季節バレンタインデーは欠かせませんよね。 今回挑戦したのはチョコドーナツ作りです。 みんな交代交代で協力しあいながら、生地をこねていました!   生地は、ポリ袋の中に入れて絞り出せるようにします。 そして、クッキングシートを敷いてドーナツの形になるように生地を絞り出していきます!       丸にするのも難しい。 「大きいドーナツになった!!」 「ドーナツの穴が無くなっちゃった」など各グループで色々な声が上がっていました。 少し多めの油にドボン 揚げ焼きです。 クッキングシートからドーナツが剥がれてきたら、 ひっくり返して裏面も揚げていきます。「早く揚がらないかなあ~」とみんな待ち遠しそうに、ドーナツを見つめ続けていました(笑) 油に気を付けて   デコレーションです チョコレートとホワイトチョコを砕いて溶かします カラースプレー、アラザン、チョコペンなどがあり、ある子は全部トッピングをしてました。豪華だ トッピングをして、とても色鮮やかなドーナツになりましたね! インスタ映え?   今回のドーナツは自分の分と、お家に持って帰る分を作り、お家に持って帰る分はラッピングをして持ち帰りました。 「これはママにあげる!」、「家族みんなで分けて食べる!」など持ち帰ってからの事をみんな話していました 自分用のドーナツは、おやつの時間にみんなで食べましたよ! 「美味しい~!!」と声が上がったり、「もうちょっとトッピングしたいです!」と更にトッピングをする子も居て、 それぞれが自分の作ったドーナツを美味しそうに食べていましたよ。   自分達で作ったドーナツは格別でしたね 活動日はバレンタインデーより少し後になりましたが、ご自宅では子ども達が作った素敵なドーナツが手渡されたと聞いています 持って帰ることで、家に帰ってから家族の話題の中心になってほしいという願いもあります。 今後もわくわくするようなおやつ作りに挑戦していきますね!


2019年3月5日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 村上 友規


ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~夢んぼ成人式~


2月に入り、暦の上では『立春』と“春”が近づいてきいますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 ソーシャルでは1/26(土)に新成人を祝うため、夢んぼ成人式を行いました。今年は6名の方が成人を迎えましたので、 その成人式の様子をお伝えしたいと思います。    昼食の時間 今回の昼食では成人式をお祝いするということで、〝ちらし寿司〟と〝オードブル〟を用意させていただきました いつもと違う昼食に、「豪華だね」「おいしい!」とみなさん喜んで頂けました             今年、新成人を迎える4名が参加され2名の方は、後日別の日程でお祝いをさせていただいたので後ほど紹介させて頂きます   成人式会場に入場する前に、新成人の方は着替えをするために別室にて準備をしていただきました    それぞれ、バッチリ服装を決めてくれました特に男性のスーツは決まってますね普段とは違った服装というだけでこんなにも印象が変わって気持ちも引き締まりますね〝大人〟という感じがとても伝わってきます      女性はスカートと可愛らしい服装、これに合わせ化粧でメイクをさせていただきました やはり、メイクも大人の身だしなみ大切ですね。大人の女性らしさが伝わってきますね 職員からはお祝いのメッセージや大人としての責任、これからの挑戦などについて伝えさせていただきました。 晴れて成人を迎えることで、本当の意味での〝大人の仲間入り〟を果たした6名今後も仕事のみならず、いろいろなことに挑戦して頂きたいです    今回も夢んぼからは、大人の美容、オシャレアイテムをお祝い品としてプレゼントさせて頂きました。 成人の先輩や後輩から贈呈、みなさんの笑顔が最高です     新成人代表の挨拶、しっかり大役を務めていただき本当にお疲れさまでした職員の中にはその様子をみて目に涙がウルっときましたありがとうございました   最後は中高生の方に協力をしていただき「花道」を通っての退場 新成人の方も笑顔を見せながら花道を通ってくれました その後のティータイムでは、ショートケーキにシュークリーム、お祝い尽くしの会でした。          当日に参加できなかった2名ですが、別の日に成人式のお祝いを行いました ネクタイ姿が最高。ずっとつけていたいと嬉しそうにされていました。 これで晴れて大人の仲間入りをした6名ですが、これからが本当の意味での出発点です 今後とも、何事にも挑戦する気持ち、色んなことにチャレンジしていって下さい 職員一同、心から皆さまの今後の活躍を応援しています   春は近付いてきていますが、まだまだ底冷えします。先月のインフルエンザに加え、花粉症も心配されていますので体調を崩されないようくれぐれもお過ごし下さい   ソーシャルセンター夢んぼ 小山雅裕  


2019年2月6日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕


【学童】 ~餅たこ焼きランチ~


大寒を迎え、寒さも厳しくなって参りました。 インフルエンザも流行っていますので、お身体には十分お気を付け下さい。   今回は、餅たこ焼きランチについてご紹介致します。 1月は鏡開きもあったので、お餅を使った創作料理に挑戦 以前たこ焼きパーティーをやった際にまだまだ時間が欲しかったなど盛り上がっていたので、 餅とたこ焼き合わせてみました! 餅たこ焼きは、たこ焼き器でお餅を焼いて柔らかくなったら、具材をお餅で包んで作ります。 まずはグループに分かれて、それぞれハサミや包丁で切ったり剥いたりして材料の準備をしていきます。 皆さん、自分の役割をしっかりこなしていました。   実際に焼いている様子です。 焼いている時は、「まだかなぁ?」と焼けるのが待ちきれない様子や、「これとこれを入れて焼いたら美味しいかも!」と各グループで色々なアイデアが生まれていました。 別のグループでは、「1つだけ罰ゲームたこ焼きを作って焼いているんだよ!」と言って皆で楽しそうにたこ焼きを焼いていました。 ちなみにその罰ゲームたこ焼きの中身は紅ショウガとキムチらしいです(笑) 食事の時間は、「キムチ入りたこ焼き美味しい~!」、「チーズ美味しい!!」と自分達で焼いたたこ焼きを頬張りながら楽しい時間を過ごされていました!   たこ焼きを食べ終えた後は、デザートたこ焼きを焼いてデザートの時間! みかんとあんことチョコを具材として入れました。 あんこが苦手なお子さんもいましたが、この活動で「あんこ美味しい!!」とあんこ好きに目覚めたお子さんもいらっしゃいました(笑) こういう活動で苦手な事やモノが好きになっていくのは職員にとって大変嬉しい出来事です!   今回いれた具材は、皆でどの具材を入れるか会議を行い、皆でスーパーへ購入しに行ったもので、準備から子供たちが協力して取り組むことで、 当日は、しっかり焼き上がった時は皆さん達成感に満ち溢れ、とても嬉しそうな表情をされていました。 これからも、多くの出来た!という達成感が味わえる活動、少しでも苦手な事やモノが好きになれる様な活動をしていきたいと思います!


2019年2月4日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 村上 友規


中高生★社会スキルアップ講座~マナー講座編~


寒さが一段と身に染みるこの季節

風邪やインフルエンザに負けず、「手洗い・うがい」などの予防に気を配りながら元気に過ごしたいと思います

1年を通してさまざまな活動をしてきた中高生。

外出先の食事のマナーでは、「お水がほしいときに店員さんを呼べるようになると…」「自分でできるようになると自信持てるだろうな」「出かける前ってどれくらい自分で準備できるだろうか」など感じる場面がいくつかありました。

 

そして、今回は場所に合ったマナーや身だしなみなどを「社会スキルアップ講座~マナー編~」の活動として2回に分けて行いました

 

活動その1

「場所に合った持ち物や服装って何だろう」というイメージ作りをみんなで一緒に考えることと、

「講師の方から教えてもらおう!」という企画で、ホテルの接客業をされている方をお呼びして、

メニュー表の見方やテーブルマナーを教えて頂きました

 

服装や持ち物については「えー…なんだろう」「難しい」と最初は戸惑う様子がありましたが、

「スポーツするときは?」「動きやすい服装!」「タオル」などシーン別で考えることで、どんどん意見が出てきました。

「レストランは?」「スーツみたいな服装!」「リュックはどう?」「合わない!」など具体的なところまで話が出来ました。

(さて食べに行く時、どんな格好や準備ができるだろうか…と内心どきどき(笑))

 

お次は講師の方よりマナー講座ですいつもと違った雰囲気の中、緊張感をもって真剣に話しを聞く方

「はい!」と意欲的に意見を言う方など職員は驚くほど約30分お話しを聞いていました

 

模擬体験ではナイフとフォークの使い方をレクチャーしていただきながらワッフルを食べ、とにかくお上品に召し上がられ驚くばかりでした。

 

 

職員も知らないマメ知識なんかもあり、あっという間に時間は過ぎてしまいましたが貴重な経験をすることが出来ました。

ご協力して頂いき、松田様ありがとうございました。

活動その2

「学んだことを活かそう!」(実践編)ということで愛西市勝幡にある「ビストロ屋 タカ」というカジュアルフレンチのお店にランチを食べに出かけました

 

お店の雰囲気にドキドキしながら店員さんにわかるように注文します

お水は友だちの分までついでくれたり、出される料理に「ピン」と姿勢を正して待つなどいい緊張感が見受けられました。

いろどりキレイな前菜

苦手な野菜も食べてみようとする姿もたくさん見られました。

一品ずつ頂くことも初めての方もいて、「あれ?これでおしまい」と思う方もいたようです。

経験値アップですね

メインはお魚かお肉かで自分たちで選んだものを頂きました。

見た目もきれいで食欲もおいしさ倍増です!

ナイフとフォークの使い方もコツを掴み上手に食べていました!経験値アップ!

職員は心配で声をかけそうになりますが…我慢の連続でした(笑)

自分たちで「お水下さい」や「これください」など伝えられました

親切で笑顔で対応してくださった店員さんと最後に写真を撮らせて頂きました

と~ってもおいしく、店員さんも本当に親切でと~っても素敵なお店でした

ありがとうございました

ソーシャルセンター夢んぼではこれからも色々なことにチャレンジしていきたいと思います

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます(山村)



2019年1月26日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 山村 翠


NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.