news
news
news
求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

○夢んぼ本部
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-25-5913
 Fax:0567-55-8120

○第2夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田61番1
 Tel:0567-28-1070
 Fax:0567-28-1070

○ソーシャルセンター夢んぼ
 〒490-1304
 住所:稲沢市平和町法立十一丁31番地4
 Tel:0567-69-5586
 Fax:0567-69-5587

○ワークステーション夢んぼ
 第2ワークステーション夢んぼ

 〒496-8014
 住所:愛西市町方町松川70番地1
 Tel:0567-55-7456
 Fax:0567-55-7458

○ライフステーション夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田62番1
 Tel:0567-31-7811
 Fax:0567-31-9171

○ハビリテーションセンター夢んぼ
 〒496-8014
 住所:愛西市町方町大山田86番地
 Tel:0567-69-4448
 Fax:0567-69-4446

○青空ヘルパーステーション
 〒474 0035
 住所:大府市江端町二丁目80番地2F
 Tel:0562-74-8883
 Fax:0562-74-8884

1 2 >

ハビリテーション夢んぼ ~ハビリテーション朝の風景~


今回はラジオ体操の様子を紹介します ラジオ体操は、日直さんの挨拶から始まります 皆さんほぼ毎日定位置で、作業部屋に1.2.3.4.・・・・と、元気な声が響き渡ります       これから作業を始める気合が伝わってきますラジオ体操には毎日同じ時間に無理なく全身の筋肉や関節を動かす運動を行うことで、体を『休憩モード』から『活動モード』に切り替えることができ、頭がすっきりして、仕事に集中できる効果があります その他にも、毎日続けることで、健康効果が沢山期待できます何事も継続は力なりですねぇ   さあ、ラジオ体操が終わったら、今日も笑顔で1日をスタートさせましょう 鈴木美恵子


2021年10月13日 posted by 水谷 恵美


ハビリテーション夢んぼ ~大切なゴーグル~


私達のお仕事、銅線には、色々な作業工程があります。『銅線を切断する』『銅線をむく』等々。おおよそ6工程を経て、お客様へ納品ができる状態となります。そして、ハビリの皆さんは、毎日銅線作業に携わって頑張っています皆さんが毎日、怪我無くお仕事ができる。。ありがたいことですね。そんな皆さんを日頃から守ってくれている装具。 私達のお仕事にとって必要な、装具は色々有りますが、今回は目を守ってくれているゴーグルをご紹介いたします 真夏の暑い時期には、ゴーグルタイプは不人気でした。でも暑い暑いと言いながら決して外すことはなく、しっかりと目を守ってくれました皆さんもしっかりと耐えていました。 フェイスシールドは、眼鏡使用の方には開放的で人気です今後もマスクに、ゴーグル・・窮屈感は少し我慢私達の安全を確保するための装具です 毎日、きちんと装着して頑張っていきましょう    


2021年10月5日 posted by 水谷 恵美


ハビリテーション夢んぼ  ~毎日交代で掃除当番~


毎日交代で掃除当番! 責任を持ってトイレ掃除やります。任せて下さい! 自分の順番だ!皆で使うトイレ綺麗に磨いて汚れを取り、床もピッカピカに拭き上げ。気持ちよく使えるように一生懸命頑ってます。 自分達で使うトイレですもん私たちがきちんと責任を持ってきれいにします  いつもありがとうね原崎美幸      


2021年9月29日 posted by 片野 美智子


ハビリテーション夢んぼ  ~銅線の切断~


ハビリテーションで行っている銅線の作業の工程の中で、最初に行うのが銅線の切断になります。 この切断の作業工程は、銅線の皮を剥いていく上で、次の作業工程を行いやすくするために行っています。 皮がついている銅線は、短いものもありますが、多くは数メートルの長さのもので、これを長いまま作業を行うにはその後の工程に非常に手間がかかることになり、作業がしやすい長さにすることで、その後の工程を行う人に余分な手間を掛けないようするのです。 ハビリテーションの利用者のMさんは、体格が良く力があるので、銅線の業者の方が納品に来た際には、業者から納品される銅線を倉庫に入れたり、ハビリテーションから業者に納品する剥いた銅線等の積み込みに力を発揮してもらっています。 そのほかにも切断も銅線を切る時に力がいることから、この切断作業を行ってもらっています。 Mさんが切断の作業を行い始めた際には、切断する銅線の長さを作業台に記した長さ(約65センチメートル)に合わせ、その長さで切断するようにと説明して行ってもらっていたのですが、しばらくすると、作業台に記された長さではなく、自分の考えるような長さで切断を行うようになっていました。 切断の作業は、作業台の近くで他の方も行っているため、長さを合わせる際に他の方の作業を止めかねない事も考え、Mさんには、長さの見本を作り、その見本を使って切断の作業を行ってもらうことにしました。 長さの見本     Mさんは、その見本を数メートルある銅線の端に合わせ、その長さで銅線を折ります。 見本と銅線を合わせる                       銅線の折り返し   その後、折り返した銅線を折り返した銅線の折り返し部分で切断をします。 折り返し部分での切断 切断した銅線を真っ直ぐに伸ばします。 この繰り返しで銅線を次々に切断していくことで、Mさんは、同じ長さでの切断の作業を行えるようになりました。 この作業工程を身に着けてもらい。Mさんには、切断の作業で力を発揮してもらうことを期待します。          


2021年9月21日 posted by 水谷 恵美


爽やかな季節になりましたね。


暑い夏が過ぎて爽やかな気候の秋になりました。早いところでは稲刈りも始まりましたね。四季の中では過ごしやすい季節ではありますが、アレルギー体質の方にはしばしつらい時期かもしれませんね。 今日はアレルギーについてです。 Q,アレルギーって何でしょう?アレルギーとは体が細菌やウイルスなどの有害なものから体を守る免疫という働きがあるのですがこの免疫がダニや花粉、食べ物などのいわゆる「無害」なものにも過剰に反応してしまうことを言います。 アレルギーには4つのタイプがあります。1型(即時・アナフィラキシー型)2型(細胞障害型)3型(免疫複合体型)4型(遅延型)の4つです。このうち1型が花粉症や、アトピー、食物アレルギーの多いタイプになります。 アレルギーの原因となるものをアレルゲンと言い、このアレルゲンに対して体内でIgE抗体が作られ、反応してしまうことでアレルギー反応が起きてしまうのです。つらいですね。アレルギー体質の人はこのIgE抗体が作られやすい体質ということになります。 症状としては目の痒み・充血・鼻汁・くしゃみ・皮膚の痒み・気道閉塞による呼吸困難などがあります。これら症状に対してそれぞれにお薬での対処となりますが、自分でできる対応策としてはとにかくアレルゲンの排除・回避をすることです。これが一番大事です。上手にアレルゲンから離れ、症状が少なく過ごせるようにしていきましょう。 ハビリNs 片野


2021年9月15日 posted by 片野 美智子


ハビリテーション夢んぼ ~初めてのコーヒーピッキング作業~


ハビリテーションのお仕事と言えば、銅線はく奪作業と、ハビリ農園ですね なんと8月より、新しい仕事が始まったのです それは・・・コーヒーピッキング作業です。 畑担当のSスタッフと、今回は5名様の作業者様。さあ、コーヒーピッキング作業風景を紹介します 手袋を付けて準備完了豆を頂き、検査開始です 不良と、良品を一つずつ仕分けていきます 集中力が必要です。 会話もなく、一点を見つめて作業します。部屋中、香ばしいコーヒーのいい香りに包まれています 疲れてしまったら、背を伸ばし、大きく深呼吸 まだまだ始まったばかり 今後も作業風景アップしますねお楽しみに 水谷恵美    


2021年9月7日 posted by 水谷 恵美


ハビリテーション夢んぼ ~避難訓練~


夏真っ盛りなのに、このところ雨の日が続いていますね。

ゲリラ豪雨など、最近ではおおきな被害も起きていてほんとうに怖いですね。
このような最近の異常気象にお天気が気になる今日この頃。
ハビリのみなさんも急な大雨に、天気予報を欠かさず見ては職員に「今日も○曜日まで雨です」と教えてくださいます。
気象だけでははなく、地震などの自然災害もみなさんの関心がとても高く、しっかりチェックされており関心の高さが伺えます。
先日、作業中抜き打ちでの地震の避難訓練を行いました。

皆さん作業中。

黙々と作業をしていると、

「訓練!訓練!愛西市に地震が発生しました。みなさん、机の下にもぐって安全を確保してください。」と放送が・・・

突然の放送にみなさん、慌てず、騒がず、職員の指示に従ってスムーズに作業を中断し、机の下にもぐることができました。 

机の下に、協力して

このような、日々の訓練が今後の災害に役立ちます

1人1人がしっかり災害に対して意識出来ていることも再認識した避難訓練でした。金田眞有美

 



2021年8月31日 posted by 金田 眞有美


日直の仕事


ハビリテーションが開所して約3カ月が経ち、ご利用者様、職員共に新しい環境に徐々に慣れてきました。

今回は作業ではなく日直の1日を紹介します。

① 9時50分~9時55分
   ラジオ体操の準備、後片づけ
② 10時~
    午前作業の開始の挨拶
③ 11時~
     休憩開始の挨拶
④ 11時10分~
      休憩終了の挨拶
⑤ 11時50分~ 
      午前作業終了の挨拶
⑥ 12時~
      昼食時味噌汁当番
⑦ 13時~
      午後作業開始の挨拶
⑧ 14時~
      休憩開始の挨拶
⑨ 14時10分~
      休暇終了の挨拶
⓾ 14時50分~
      午後作業終了の挨拶

以上が日直の1日の役割です。常に時間を意識する事が必要とされるたいせつな役目です。

時には、日直さんも職員も作業に夢中になり時計を見忘れる事がありますが、そんな時は「時間ですよ」

「日直さん、お願いします」と、必ず誰かがサポートしてくれます。

作業以外の役目にも責任を待って取り組める様みんなで協力し合って頑張っています。  

                                                                                                                            ハビリテーション夢んぼ   鈴木 美恵子

 



2021年8月26日 posted by 金田 眞有美


ハビリテーション夢んぼ ~ステップアップされたご利用者様~


ハビリテーションが開始して二ヶ月が過ぎました。(*’▽’) 八月も半月が過ぎましたが、まだまだ毎日暑いですね。 ですが、ハビリテーションの皆様は、水分補給をしっかりとりながら、毎日この暑さに負けずがんばってます。 今回初ブログを担当する私、ソーシャルセンター~7月12日よりハビリテーションへ、異動となりましたが ソーシャルセンター~ライフステーションへ、ステップアップし、今ハビリテーションの一員として頑張っている (男性4名 女性1名)を紹介させて頂きます。 ソーシャルセンター時よりゴミが気になり掃除機をかけてくださっていたH、Tさん ハビリテーションでも掃除機担当され、綺麗に掃除されていました。 作業時では、指示に従い集中して黙々と正しく作業され、作業後も綺麗にかたずけ、掃除をされています🧹 K,Tさん H,Mさんは、ソーシャルセンター時よりも廻りに注意しながら自身の仕事をしっかりと受け止め、怪我のないように慎重に作業に取り組まれています。 O、Sさんは、マイペースながらもルールをしっかりと守り、協力し、助け合って作業されています(*^^*) H、Kさんはピカ✨とくすみの銅線選別作業をされ そのみき分けは職人そのもので目が輝いています👀✨ 計量も間違いなく的確にされます。 この作業女性のN、Sさんと二人でされていて、彼女を思いやる気持ち、行動が作業の合間合間で目にする事が多々ありました!(^^)! 私にも思いやりの言葉をかけて下さり、おもわずポロリ😢嬉しいですね(*^^*) 皆様ソーシャルセンターでは見れなかったところがみれて、以前と比べると色々な部分で成長が感じられました。 これからも皆様の成長と頑張りに負けず、私自身も皆様共に成長していきたいと思わせていただけている日々にて(^_-)-☆加藤真惟                  


2021年8月18日 posted by 水谷 恵美


ハビリテーション ~みんなで大掃除~


  ・・・一丸となっての床掃除・・・ ある日の土曜日・・・あまりにも床が汚れていたので、みんなで床掃除を行いましたそれぞれに、激落ちくんと雑巾を持って、皆さん、やる気満々❕ 激落ちくんを片手に座り込み、普段では落ちない汚れを一生懸命擦って取っていたHさん。負けないぞってSさん参戦   その後を雑巾担当Aさん・Tさんで仕上げました   掃除の後は、汚れていた床の黒ずみも綺麗になりました。どうですかピカピカになりましたよきれいになったお部屋でのランチタイムが楽しみですね原崎美幸


2021年8月10日 posted by 水谷 恵美


1 2 >

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.