news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

クラウドファンディング

ソーシャルセンター夢んぼ 生活介護 ~和柄鯉~


ゴールデンウィークも明け、もうじきに梅雨の季節に入ろうとしていますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。 さて、生活介護では5月の共同制作として【和柄鯉】をみなさんで制作いたしました。 各工程で役割を決め、それぞれに合わせた内容で活動を進めたので、その時の様子をお伝えしたいと思います。   ●段ボールで丸く型をとったもの(大・中・小サイズ)で、和紙の上に円を描く人。    これは、鯉の<うろこ>部分になってくるとても重要な役割です。自分の好きなサイズを選び、円を描いています。形が丸にならなくてもそれは「手作り感」という意味で、とても味のある<うろこ>に仕上がるので、出来上がりが楽しみです。   ●円をはさみで切る人。   はさみを使用する人は、描かれた円に沿って和紙を切っていただきました。描かれた線の通りに切る人、しっかり丸の形を意識しながらキレイに円の形を切る人、<うろこ>の感じがとてもできてきました。   ●丸く切った和紙にマスキングテープやシール、絵の具で装飾をしていく人。    切った<うろこ>型の和紙に装飾をしていく役割。仕上げという意味ではとても重要なポジションです。〇シールや和柄のマスキングテープ、絵の具を使って<うろこ>を仕上げていきます。 これを事前に作成した、和柄鯉につけて完成!! 完成した作品がこちらです。 鯉が空に向かって昇っているような、そんな錯覚さえ覚えてしまう作品が出来上がりました。 とても素敵な作品になり皆さんの頑張りが形になって良かったです   それぞれ一人一人が作業を分担しながら行うことで、【役割】に意識をもって共同制作に取り組むことができました。 次回の共同制作も出来上がりを想像しながら楽しく、【役割】を責任もって取り組む、仕事にもつながりますね。 皆さん協力して共同制作をつくっていきたいと思います。   ソーシャルセンター夢んぼ 小山雅裕          

2018年5月21日 posted by ソーシャルセンター夢んぼ 小山 雅裕

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.