news
news
news
ガイドライン

求人情報

ネットショップ

会員紹介

地活大林☆相談する


作業は、教えてもらって確実にやることから始まって、自分で聞いて確認してやる、自分で考えて工夫してやることへ、どんどん能動的・積極的になっていきます。報連相(報告・連絡・相談)といったコミュニケーションも、聞いたことを間違えずに伝えることから始まって、要点をまとめて伝える、相手の話を理解し自分の意見を伝える相談へと高度化・双方向化していきます。

話をしてまとめることは、手足を動かして作業することより何倍も大変で、心臓はドキドキするし、汗が出てくるし、緊張感に押しつぶされそうになりますが、歯を食いしばり乗り越えると、笑顔で相談できるようになってきます。訓練の成果は目に見える形となり、この経験は実社会でも必ず活きるはず。頑張りましょう!


2017年11月7日 posted by 地域活動支援センター大林 村田 憲哉

NPO法人 夢んぼ
〒496-8014
愛知県愛西市町方町大山田61番1
Tel&Fax.0567-25-5913
Copyright(C) Yumenbo.org 2013 All Rights Reserved.